Category: 和姦ゲーム

和姦抜きゲーのレビュー記事のアーカイブです。

 

モラリスト ~性渇指導 房江の放課後~

moraliste(モラリスト) ~性渇指導 房江の放課後~

攻略はこちら

レビュー 110/200(可)

藤島房江は、私立青葉学園の優秀な国語教師であり、彼女の夫である義男もまた同じ学園に努めている。房江は、処女喪失時のトラウマから性行為を忌避していた。妻とのセックスレスに耐えられなかった義男は、学園の女生徒である小川好美の誘惑を受けて、手を出す。房江はその現場を偶然目撃してしまい、女としてのプライドをひどく傷つけられた。そしてその日から、彼女のプラトニックな価値観は少しずつ変わっていくのだった。

『モラリスト ~性渇指導 房江の放課後~』は、(1)新たな自分への変化 (2)夫の浮気相手への報復という2つのテーマを描いた作品だ。

»続きを読む

 

交姦の虜たち…

交姦の虜たち…

攻略はこちら

Summary 145/200(良)

作品のあらすじ

八神夫婦と哲弥・愛衣のカップルは、学生時代から親しい付き合いがあった。ある日、八神洋樹(主人公)は、哲弥から「愛衣を抱いてほしい」と頼まれる。哲弥と愛衣の関係は良好だが、夜の生活がうまく行っていないことが結婚に踏み切れない理由でもあるようだ。主人公の妻である八神ゆかりが哲弥の頼みをあっさり了承したため、主人公は戸惑いながらも愛衣を抱くことになる。

レビューの要旨

スワッピングに特化したシナリオは、主人公が置かれた状況と人間関係等により、もどかしい精神的圧迫感を伝えてくる。エロシーンは、見た目の過激さよりも、ストーリーの文脈を踏まえた精神面の衝撃に重きを置いている。スワッピングや寝取られというテーマに求めているもの次第で、評価が大きく変わってくる作品だ。

エロシーンの属性

スワッピングに特化。アナルセックス、野外プレイ、グループセックスあり。詳しくは「エロシーンについて」の章を参照。

目次

  1. 主人公と主人公以外の非対称性
  2. エロシーンについて
  3. コメント

»続きを読む

 

えろゼミ ~エッチにヤルきにABC~

えろゼミ ~エッチにヤルきにABC~

攻略はこちら

Summary 140/200(良)

作品のあらすじ

主人公は、どんな落ちこぼれや問題児でも全員難関大に合格させてきた伝説のフリー予備校講師。彼の指導テーマは『恋愛』『全力で遊ぶ』『エッチ』の3つで、指導対象が女の子なら性行為を通じて学力を向上させるという。主人公に強い興味を抱く天神原予備校理事長のモニカは、彼をリゾート島での予備校合宿に招致し、同校の生徒たちを指導させることにした。

レビューの要旨

テーマは奇抜だが、本質はテンプレな和姦ゲーム。作画は優秀なので実用性は高い。自力攻略は止めたほうがいい。

エロシーンの属性

処女独占。露出、アナル、奉仕プレイなど。コンドーム着用プレイあり。ハーレムあり。

目次

  1. 基本はテンプレな抜きゲー
  2. エロシーンについて
  3. コメント

»続きを読む

 

えろぐっず! Hなおもちゃで快感エンジョイ

えろぐっず! Hなおもちゃで快感エンジョイ

攻略はこちら

Summary 145/200(良)

作品のあらすじ

大人の玩具をこよなく愛する主人公は、アダルトグッズ業界の超有名メーカー『SiVA』の女社長にスカウトされ、同社の商品リサーチ室で働くことになった。主人公は、SiVAの新製品を自分や女性従業員に試し、さらなる品質向上のために貢献していく。

レビューの要旨

ひたすらヒロインとエッチし、アダルトグッズの試用報告や新製品の提案に勤しむ作品。シナリオは凡庸だが、総合的には良作と言っていい、割り切ったタイプの抜きゲーだ。

エロシーンの属性

アダルトグッズを使ったプレイに特化。ローター、バイブ、アナルグッズ、SM関連グッズ、ローションなど様々な玩具を利用する。男性被虐プレイあり。イラマチオ、クスコ、拘束・緊縛、男の娘、妊娠ぼて腹ファックあり。ハーレムはない。

目次

  1. 最高のアダルトグッズを追求する求道者たち
  2. エロシーンについて
  3. コメント

»続きを読む

 

ビッチ姉ちゃんが清純なはずがないっ!

ビッチ姉ちゃんが清純なはずがないっ!

攻略はこちら

Summary 125/200(可)

作品のあらすじ

主人公は、義姉の撫子が留学から帰ってくるやいなや、学園に彼のハーレムを作る計画を無理やり押し付けられた。保険医の綾目の協力を得た主人公は、気に入った女の子をハーレムの一員にすべく調教していく。

レビューの要旨

ハーレムを作るというテーマが徹底されている。雰囲気的にはイチャラブだが、ヒロインとの関係が和姦から始まるとは限らない歪さがある。

エロシーンの属性

複数ヒロインとのプレイを重視。独占(ただし、輪姦未遂あり)。露出、拘束・緊縛、浣腸、おむつプレイ、スパンキングなどあり。

目次

  1. 陵辱から始まるイチャラブハーレム
  2. エロシーンについて
  3. コメント

»続きを読む

 

お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

攻略はこちら

Summary 115/200(可)

作品のあらすじ

主人公は、妹たちを異性として意識し始めたことに危機感を覚え、家を出た。しかし今回、両親が旅行で家を空けている時、彼は一年ぶりに帰省した。兄に恋慕する妹たちはこの機会に彼を籠絡するため、性的なアプローチを大胆に仕掛けてくる。

レビューの要旨

「可愛い妹たちに玩具にされる」というコンセプトが充分に反映されていない。見かけ上はサディスティックに責められるものの、本格的におもちゃ扱いされたいハードMには不向き。可愛い妹たちに玩具にされるのではなく、基本受けで愛されたい方向け。

エロシーンの属性

基本的に妹が責めで、主人公が受け。飲尿表現多め。母乳、(主人公の)アナル責め、犬プレイ、妊娠ボテ腹プレイあり。ハーレムあり。

目次

  1. お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ、なんかじゃない
  2. エロシーンについて
  3. コメント

»続きを読む

 

リラクゼーション癒香 ~身も心も癒されて~

リラクゼーション癒香 ~ユカとアヤ、人妻セラピスト達による癒しのマッサージ&洗体~

本作の選択肢はシーンを選ぶだけなので、攻略記事は作成していません。

レビュー 150/200(良)

飲み会の帰りにふと立ち寄ったマッサージ店『癒香』は、実は性的なマッサージも行う店だった。サラリーマンの長谷川和也は、初めての性感施術に戸惑うものの、妖艶な女店主ユカの手練に惚れ込んで、頻繁に通うようになる。

本作は、性感・回春マッサージに特化した作品だ。性感施術としては、手コキや足コキ、前立腺マッサージなどが行われる。ユカとの仲が深まってくると、それ以上のこと――フェラチオやセックス――もしてくれるようになるが、本番はメインではない。店主と客という関係で満足できないなら、このシナリオは不完全燃焼に感じられるだろうから、注意しよう。

»続きを読む

 

巨乳ファンタジー3

巨乳ファンタジー3

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

作品のあらすじ

主人公は、冥界の下級神。彼は長い時を生きるパイズリの神だが、童貞だった。ある日事故で人間界に飛ばされてしまった彼は、冥界へ戻る力を得るために、様々な事件に関わりながら人々にパイズリの良さを広めていく。

レビューの要旨

爽快感のあるストーリーは、著しく不快な展開に陥ることなく、ストレスレスで読むことができる。敵対者がそれぞれの立場で理念を持っており、魅力的に描かれている。巨乳プレイに特化したエロシーンは、多少の不満はあれど、十分実用的な出来だ。

エロシーンの属性

巨乳プレイ特化。3P以上は、けっこう豊富。主人公分身による乱交あり。その他詳しくは「3. 巨大な乳房と母乳に塗れたエロシーン」参照。

目次

  1. 初代から改善されたと思われること
  2. 出来の良い"なろう"的なハイファンタジー
  3. 巨大な乳房と母乳に塗れたエロシーン
  4. コメント

»続きを読む

 

射精管理少女

射精管理少女

※本作には選択箇所が一つしかないので、攻略記事は作成していません。

レビュー 115/200(可)

谷山悠一は、オナニー頻度が高いだけの普通の男子学生。医者の娘で高嶺の花の藤枝かなえからバレンタインチョコを貰い、ホワイトデーの日に告白した。彼女はそれをあっさりと了承。しかし、かなえは異常性癖の持ち主で、悠一は彼女の射精管理を受け入れることになる。

藤枝かなえは、ヤンデレヒロインとして大変魅力的だと思う。なにせ彼女は、ヤンデレという言葉を嫌っている。病んでいるから愛しているとか、同情で愛されることが嫌いらしい。その上で自身の異常性を自覚しており、自分の破壊衝動をパートナーにぶつけることに多少の躊躇いもあるようだ。そのためプレイを受け入れるか否かの選択権は、一応、主人公の側にある。無理やりにはしない。しかし、彼がいったん了承したなら、容赦なくサディスティックな射精管理を行うところが実に魅力的なお嬢様だ。

»続きを読む

 

女装学園(妊)

女装学園(妊)

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

作品のあらすじ

ある日、谷嶋健人は、学園きってのお嬢様である高幡葵に告白されるも本能的な危機を察知し、その場から逃げ出してしまった。後日、校内放送で実は健人の通う学園は男子校であったことが暴露され、今の今まで共学だと信じていた男どもは阿鼻叫喚。健人が葵に問うと、葵は男の娘が男と結ばれることに少しの疑念も抱いていない様子で……。

レビューの要旨

脳内彼女の『男の娘』シリーズの3作目。『女装海峡』よりもチャレンジ精神に溢れているが、ややニッチな方面に進んでいるので、前2作よりも敷居が高いかもしれない。

エロシーンの属性

対”男の娘”特化。もちろん妊婦?セックスあり。ハーレムもあり。

目次

  1. 他の脳内彼女『男の娘』シリーズとの比較
  2. 各ヒロインのルートについて
  3. コメント

»続きを読む