Category: エロゲーのレビュー

エロゲーの批評・感想記事のアーカイブです。サブカテゴリーとして「和姦」「陵辱」「同人」があります。

姦禁少女 ~生挿入地獄~ レビュー

姦禁少女 ~生挿入地獄~

ストーリー概要

女子○生 ちとせは、男癖の悪い母親のために、売春して生活費を稼ぐ日々を送っていた。ちとせは身体を売っても、しかし貞操だけは守っていた。

ある日、ちとせはいつものように、母親からの置手紙――売春の指示を受け取った。そして、いつものように身体を売りに出かけた。出向いた先でちとせを招いたのは、一見してお金持ちの太った中年男。彼に促されるまま、ちとせはマンションの一室に招かれ、そこで身体を嬲られるが――でも、その様子は、”いつも”と何だか違っていて……。

総評 85/100(優)

う~ん……満足! コンプリートするのに1時間程度の超短編作品だが、エロアニメの出来は期待以上に良かった。シナリオも典型的な監禁調教モノながら丁寧にまとまっているし、声優さんの声もマゾっぽくていい。同好の変態紳士たちには、かなりオススメできる。

続きを読む 姦禁少女 ~生挿入地獄~ レビュー

孕ませて青龍君! ~仁義なき女の闘い~ レビュー

総評 110/200(可)

ハーレム+孕ませ系の学園バトルもの。孕ませ系といっても、腹ボテのCGは一枚しかないし、妊娠セックスもない。シナリオはエロよりも、どちらかといえばストーリー重視だと思われる。個人的には嫌いな作品ではないが、積極的に人に薦めようとは思えない程度の内容だった。

なお、本作品には女装美少年が登場するが、バッドエンド以外で彼とのエッチシーンはない。

続きを読む 孕ませて青龍君! ~仁義なき女の闘い~ レビュー

てとてトライオン! レビュー

てとてトライオン!

総評 130/200(可)

エキセントリックな登場人物たちが繰り広げる、ドタバタ学園コメディ。

シナリオはどう好意的に評価しても並以下だが、それ以外はとても素晴らしい。声優さんの演技や演出の良さが、シナリオの拙さをばっちりフォローしている。そのおかげで、『てとてトライオン!』は、”まるで良作のような”雰囲気のある作品に仕上がっている。

『てとてトライオン!』を心から楽しめるかどうかは、エロゲの何を重視するかで分かれる。
物語の完成度よりもキャラクターの魅力――つまり、萌えを重視する方々には、本作品をオススメできる。しかし逆に、緻密な設定や物語の妙を重視する方々にとっては、本作品は駄作以外の何物でもない。

続きを読む てとてトライオン! レビュー

Real intention ~ココロのクサリ~ レビュー

Real intention ~ココロのクサリ~

ストーリー概要

無愛想で友達のいない少女 名々瀬は、家庭の事情で家に帰りたくなかった。そこで、最近縁のあった臨時教師の主人公に無理を言って、彼のアパートに宿泊させてもらった。

主人公は当初、名々瀬を飽くまで「生徒」として見ていた。しかし、一緒に暮らすうちに、彼は彼女の性的な面を意識していく。そしてある日、主人公は教室で、名々瀬が自慰に耽っているところを偶然見かけてしまうが……。

総評 85/100(優)

『Real intention ~ココロのクサリ~』は、教師と女生徒(三編み+眼鏡)の背徳的な調教ゲームだ。良く練られたシナリオと膨大な量のCG、上質なBGMは、いずれを取っても以上と評価できる。システムの使いにくさはマイナスだが、それが気にならないのであればとみなしても良い。

エッチの内容がとても陳腐なのに、それでもなおこんなに興奮できるゲームは数少ない。調教モノが好きで好きで堪らないドSの方々は、他のどんな同人ゲームを差し置いても、まずはこれをプレイしてみるべきだ。

続きを読む Real intention ~ココロのクサリ~ レビュー

魔法の少女シルキーリップ 三人の女王候補 レビュー

魔法の少女シルキーリップ 三人の女王候補

総評 165/200点(優)

1992年発売のメガCD版+PC Engine版『魔法の少女シルキーリップ』の完全リメイク作品。リメイクである少女編に、エッチ有りのPC版オリジナルの大人編が加わっている。

私はメガCD版の原作をプレイしたことはないが、本作品はかなり出来が良いと思う。実用性だけでなく、ストーリー性もある――いやむしろ、ストーリー性だけでなく実用性もある、というべきか。本作品は、シナリオ、CG、音楽、声優、そのどれをとってもクオリティの高い名作だ。

続きを読む 魔法の少女シルキーリップ 三人の女王候補 レビュー

女体狂乱 ~これが私の望んだボディ~ レビュー

総評 75/100点(良)

とても、とてもとても気が狂った人体改造エロゲー。あまりの狂乱っぷりに感動し、思わず『』と評価しかけたが、半日ほど頭を冷やして『』とした。

『女体狂乱』のストーリーとエロシーンは、善悪とは関係のない向こう側へとぶっ飛んでいる。このある意味で高度な笑いと、極めて実用的なエロシーンを理解できるのは、……な人間しかいない。

本作品は、二次元と三次元を倫理的に峻別できない方や、グロ耐性がない方は絶対にプレイすべきでない。しかし一方、すべて悟っているプレイヤーにとっては、最高の抜きゲーとなり得るだろう。

続きを読む 女体狂乱 ~これが私の望んだボディ~ レビュー

魔女の鎖 レビュー

魔女の鎖

ストーリー概要

家庭の事情で寂しい思いをしていたルエは、紆余曲折あって、魔女が住んでいるという塔に訪れる。そしてルエは何故か塔の”魔女”に気に入られ、何故か女装をさせられたまま姦される。ルエはそれをイケナイことだとは思いつつも、寂しさと情欲の疼きから、再び魔女の塔へと赴いてゆくが……。

本作品のシナリオは、ルエと魔女とで8章ずつに分かれており、それぞれの視点から物語が展開していく。

総評 70/100点(良)

まず前提として、本作品の属性は女装ショタおよびフタナリで、しかもショタ受けだということに注意。さらに、同級生(♂)たちが主人公(♂)を姦すシーンもあるので、そのあたりも要注意。

以上を踏まえた上で本作品に悪い意味での偏見がなく、むしろ好物だという方にはガチでおすすめ。ストーリーは荒も多いが、いちおう最後まで興味を持って読めるレベル。エロテキストは心理描写を重視していて、卑語抜きでもエロい。CG、音楽、声優さんの演技も、総合的にみれば良好だ。

続きを読む 魔女の鎖 レビュー

BackStage(TJR) レビュー

BackStage

ストーリー概要

やる気と実力はあるがなかなか表舞台に立てない俳優志望の主人公 光明。ある日、光明は、尊敬する演出家の先輩 水鏡京香から、舞台出演の依頼を持ちかけられる。
出演を依頼されたのは、JDS――日本の第一線で活躍する現役芸能人たちが集う演劇祭である。光明はあまりの大舞台に戸惑うが、しかしこれは千載一隅のチャンスでもあった。

水鏡と光明は、現役のアイドルや声優、演劇部の女学生、さらには演劇の素人といったユニークな人材を集め、演劇団体『バックセット』を結成。来るべきJDSの舞台に向けて、練習・公演を重ねていくが……。

総評 140/200点(良)

センスの良いコメディ。ニヤニヤが止まらないデレ展開。ストーリー重視なのに魅力的なエロテキスト。登場人物は全員キャラが立っていて、不要な人物は一人もいない。

BackStageは、久しぶりに(18歳以上の)万人に推薦できる良作だった。私的には、”ツンデレ”や”アホの子”、”元気っ子”属性のある紳士へ、特にオススメする。

続きを読む BackStage(TJR) レビュー