ジャンル: 人妻

堕ちる人妻 レビュー

堕ちる人妻

攻略はこちら

レビューと評価 145/200(良)

渚春樹は、幼いながら、女を組織的に調教する町の秘密倶楽部『アンダーエデン』の会員である。三年前に両親を事故で亡くした彼は、母の親友である夏目沙代子の家に引き取られた。春樹は、沙代子に密かな恋心を抱いており、また担任の美女教師 冬野冴子にも目をつけていた。かねてからの計画により、春樹は、沙代子と冴子のメス豚調教を開始する。

ショタによる人妻寝取り調教もの。いくつかの欠点があるけれども、エロさという一点にかけては秀でた作品だ。包茎のチンカス舐めとりや着衣穴空けプレイが好きな方には、特におすすめ。一方、徐々に堕ちていく過程や調和した演出など、繊細な部分に対しこだわりの強い方にはおすすめできない。

続きを読む 堕ちる人妻 レビュー

それでも妻を愛してる レビュー

それでも妻を愛してる

攻略はこちら

総評 130/200(可)

タイトルに示されたテーマは一貫して表現されているが、寝取られとしてはぶれている作品。本作は、寝取られというよりは、むしろ人妻凌辱作品とみなしたほうがいい。しかも凌辱内容はソフトなので、ハードな精神的屈辱やエロシーンを味わいたい方にはまず向いていない。

本作が最初から単なる人妻凌辱作品であったなら、もう少し評価できたと思う。しかし、寝取られ作品としては微妙である。公式には寝取られと宣伝されているが、私は本作をそういうものとして推薦する気にはなれない。

続きを読む それでも妻を愛してる レビュー

愛妻 【reverse side】 レビュー

愛妻 【reverse side】

攻略はこちら

総評 65/100(可)

愛妻寝取られもの。商品画像には「男視点」とあって、それは間違っているとはいえない。しかし実際にやってみた感想としては、むしろ本番は女(妻)視点になってからだと思う。夫視点の段階では与えられる情報が少なすぎて、それだけで十分に楽しめるとは思えない。

本作は駄作ではないが、攻略が非常に難しく不毛な作業となりがちなので、自力でやるのは止めたほうがいい。素直に攻略チャートを頼ったほうがストレスを感じないし、そうしたほうがずっと面白いに違いない。

続きを読む 愛妻 【reverse side】 レビュー

人妻をえっちで口説く方法 レビュー

人妻をえっちで口説く方法

攻略はこちら

総評 130/200(可)

人妻寝取り+お姉さんモノ。作品の雰囲気は明るく軽く、人妻を寝取るといっても、ドロドロでネチネチとした修羅場はない。かといって背徳感が薄すぎるわけでもなく、和姦系としては程好い、インモラルなエッチを楽しめる。

『人妻をえっちで口説く方法』には特筆すべき独自性がない一方、致命的な欠点もない。凡作ながら安定しているところが、この作品の良いところである。

人妻』や『寝取り』が自分の趣味に合っているなら、本作品を買って損はないだろう。むしろ、コストパフォーマンスの高さゆえに、少し得した気分になれるかもしれない。

続きを読む 人妻をえっちで口説く方法 レビュー

人妻交姦日記 レビュー

人妻交姦日記

ストーリー概要

妻帯者である主人公は、家族付き合いもある仕事仲間 岡野公彦から、浮気の交渉を持ちかけられる。お互いの妻には事情を一切打ち明けずに、自分たちの妻を交姦してみないか、というのだ。

公彦の妻 幸恵に以前から情欲を抱いていた主人公は、愛妻 香菜子に後ろめたさを感じつつも、公彦の交渉を承諾。こうして、主人公と公彦の『人妻交姦』がはじまった。彼らは秘密のWebサイト『人妻交姦日記』を立ち上げ、互いの妻の調教成果を動画でアップし、競い合うように背徳的な行為をエスカレートさせていく……。

総評 155/200点(良)

低価格(DL版 2,000円)の人妻モノ。大して期待せずに購入したが、いざプレイしてみれば素晴らしい良作だった。おかげで、レビューを書いている今も、股間が痛くて堪らない。

属性は、不倫+スワッピング+調教+寝取り寝取られ。シナリオは実用目的に特化しているわりには、最後まで興味をもって読める。
CGは癖が強くて、巨乳・奇乳がNGな方には向いていない。しかし、それさえ許容できれば、精根つき果てるまで実用し続けるだけの魅力がある。

続きを読む 人妻交姦日記 レビュー