ジャンル: 口淫

バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

本作には射精場所以外の選択はありませんので、攻略チャートは作っていません。

Summary 95/100(秀)

作品のあらすじ

室戸浩太は、太っているけど勉強も運動もできるハイスペックなデブ。天真爛漫でエッチ大好きな椎名ちえりから勉強を教えてほしいと頼まれ、浩太は途中で投げ出さないことを条件に承諾した。その日からちえりは浩太をこーちんと呼び、自分をちーちゃんと呼ぶよう強要し、勉強を教えてくれるかわりに、こーちんのチンポの面倒を見ることになった。

レビューの要旨

非常に完成度の高い作品。フェティッシュな実用性とストーリー性が高いレベルで両立している。褐色好きでオーラルセックス好きなら、迷わず買おう。

エロシーンの属性

オーラルセックスに特化。口淫のバリエーションが豊富。口淫以外では、オナホコキ、尻コキ、素股、オナニー、顔面騎乗などがある。

目次

  1. セックスのないセックスフレンド
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

完熟ルージュドリップ

完熟ルージュドリップ

※本作はいつでもフル化できるので、攻略記事は書いていません。

短評

熟女3人による口淫に特化。それ以外のプレイは、一切ない。膣への挿入はないし、熟女の性器を弄ることもない。何とも潔い口淫特化ゲームである。

主人公は少年であり、カフェでアルバイトをしている。それがなぜか、熟女相手に売春させられてしまう。彼は熟女趣味なので、表面上嫌がってみせるが満更でもない様子だ。

エロシーンは、通常のフェラのほかに、お掃除フェラ、チングリ返しでの肛門舐め、2~3人がかりでの口淫、玉舐め、多数の男達への壁フェラ(目隠し着用)などがある。口淫は搾精的であり、熟女達は気が狂ったようにペニスを貪り尽くす。CVには、それぞれ口淫演技に定評のある方々が起用されている(雨津さえ、御苑生メイ、紫苑みやび)。

熟女のうち1人が主人公の母親なので、近親姦要素もある。しかし、双方ともあまり葛藤がない。近親姦への導入のサプライズは良かったのだが、それ以降のわり切りが速くて、悶々と背徳に悩む感じは弱い。

ストーリー性はほとんど無い。本編の尺もかなり短いので、あくまで口淫特化のエロシーン集とわり切ろう。

続きを読む 完熟ルージュドリップ

聖麗奴学園

聖麗奴学園

攻略はこちら

レビューと評価 165/100(優)

聖ルナリア学園には、性奴隷の調教施設という裏の顔がある。虎太郎の幼馴染(日和)は、将来性奴隷として出荷される運命にあった。虎太郎は日和を調教する女衒となり、彼女を救うために、身代わりとなる他の性奴隷の調教にも励んでいく。

極上の口淫・精飲を楽しめる調教もの。口淫愛好家が本作をぶっ続けてプレイすると、死ぬかもしれない。口淫・精飲以外のエロシーンの存在が、テクノブレイク防止のための配慮だとさえ思えてくる。口淫・精飲が心底好きなら、迷わず本作を買うべきだ。きっと、今後重宝する一品となるだろう。

しかし一方、従来の聖奴隷シリーズのファンは、本作を購入する前に次のことに注意しよう。従来の聖奴隷シリーズは凌辱調教と輪姦も重視してきたが、本作ではそれらを重視していない。本作では一部例外(美月、百合花)を除き、ヒロインの調教は信頼関係のある和姦調教であり、大勢と交わるエロシーンも和姦(乱交)である。

続きを読む 聖麗奴学園

林間島

林間島

攻略はこちら

あらすじ

母親を亡くした結城七海と靖明の姉弟は、蔵海津島を統べる名家 水城家に引き取られることになった。

水城家は蔵海津島の金脈を管理し、島の湖の神を奉じる神主の一族である。水城家の現当主 清彦は病床に伏せっており、現在の実質的な支配者は、清彦の弟の晴彦であった。晴彦は水城の血を最も濃く引き継いでおり、その事実は紅い瞳に顕現し、島の全てを把握できる神通力さえ行使できた。

一方、結城家は、蔵海津島の神に仕える巫女の一族である。結城の巫女は、十数年に一度の本祭に際して、淫蕩を好む神を慰めるために、輪姦という神楽舞を神に捧げることを使命とする。

晴彦が結城姉弟を今になって引き取ったのも、姪の七瀬とともに、七海の肉体を供物として神に捧げるためだった。そうとは知らされず島に訪れた七海は、本祭の期日が近づくにつれて昂ぶっていく肉欲と、毎夜夢に見る何者かの視線に不安を募らせていく。

総評 160/200(優)

伝奇風の巫女陵辱物。シナリオは、エロシーンの実用性の高さはもちろんのこと、ストーリー展開も優れている。一枚絵は大胆な構図がとてもエロく、『淫烙の巫女』からの進歩が目覚しい。本作プレイ後は、1月末に早くも年間ベスト級の陵辱ゲーに巡り合えた、という気分になれた。

ただ、無理やりに女を犯す種類の『輪姦』のみを求めて本作を買うと、やや釈然としない気分になるかもしれない。どちらかというと、羞恥プレイ口淫精飲等が好きな方に向いている作品なので、そこのところは注意してほしい。

続きを読む 林間島