ジャンル: 女性上位

貴方ハ私ノモノ -ドS彼女とドM彼氏-

貴方ハ私ノモノ ドS彼女とドM彼氏

攻略はこちら

レビュー 55/100(可)

千歳は、毎朝電車で見かけるイケメン大学生の「お兄さん」に告白するも、好きな人がすでにいることを理由に断られた。しかし、千歳は、「お兄さん」の本質が実はドMであることを知っていた。千歳は、お兄さんが”痴漢されている”盗撮動画をネタに脅迫し、彼を調教して自分の思い通りにしようとする。

『貴方ハ私ノモノ』は、年下の女の子に被虐調教される作品だ。地の文は常に千歳視点。お兄さんへの調教は大別して「おあずけ」と「求めに応じる」の2パターンがあり、ずっと「おあずけ」し続けることも可能。11月30日を終えた時点で、千歳の状態が調教と愛情のどちらに寄っているかによって、エンディングが3つに分岐する構成になっている。

続きを読む 貴方ハ私ノモノ -ドS彼女とドM彼氏-

お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

攻略はこちら

Summary 115/200(可)

作品のあらすじ

主人公は、妹たちを異性として意識し始めたことに危機感を覚え、家を出た。しかし今回、両親が旅行で家を空けている時、彼は一年ぶりに帰省した。兄に恋慕する妹たちはこの機会に彼を籠絡するため、性的なアプローチを大胆に仕掛けてくる。

レビューの要旨

「可愛い妹たちに玩具にされる」というコンセプトが充分に反映されていない。見かけ上はサディスティックに責められるものの、本格的におもちゃ扱いされたいハードMには不向き。可愛い妹たちに玩具にされるのではなく、基本受けで愛されたい方向け。

エロシーンの属性

基本的に妹が責めで、主人公が受け。飲尿表現多め。母乳、(主人公の)アナル責め、犬プレイ、妊娠ボテ腹プレイあり。ハーレムあり。

目次

  1. お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ、なんかじゃない
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

リラクゼーション癒香・艶 ~人妻セラピストによる洗体~

リラクゼーション癒香 ~ユカとアヤ、人妻セラピスト達による癒しのマッサージ&洗体~

レビュー 155/200(良)

サラリーマンの長谷川和也は、相変わらず性感マッサージ店『癒香』に通い詰めていた。そんなある日、ユカが家の事情で一ヶ月ほど店を空けることを告げられる。ユカがいない間は、彼女の友人のアヤが施術を行うという。その間一度も店に通わないというのは不義理に感じた和也は、アヤの施術も受けてみることにした。

本作は、『リラクゼーション癒香』の続編にあたる。エロシーンは当然、性感・回春マッサージに特化。前作と同じく、最初は手コキや足コキなどの通常メニューばかりだが、アヤと仲良くなるとフェラやセックスもしてくれるようになる。一方、前作との大きな違いは、今作ではマッサージだけでなく、洗体もあるということ。さらに、ユカとアヤの二人による性感マッサージも行われる。

続きを読む リラクゼーション癒香・艶 ~人妻セラピストによる洗体~

リラクゼーション癒香 ~身も心も癒されて~

リラクゼーション癒香 ~ユカとアヤ、人妻セラピスト達による癒しのマッサージ&洗体~

本作の選択肢はシーンを選ぶだけなので、攻略記事は作成していません。

レビュー 150/200(良)

飲み会の帰りにふと立ち寄ったマッサージ店『癒香』は、実は性的なマッサージも行う店だった。サラリーマンの長谷川和也は、初めての性感施術に戸惑うものの、妖艶な女店主ユカの手練に惚れ込んで、頻繁に通うようになる。

本作は、性感・回春マッサージに特化した作品だ。性感施術としては、手コキや足コキ、前立腺マッサージなどが行われる。ユカとの仲が深まってくると、それ以上のこと――フェラチオやセックス――もしてくれるようになるが、本番はメインではない。店主と客という関係で満足できないなら、このシナリオは不完全燃焼に感じられるだろうから、注意しよう。

続きを読む リラクゼーション癒香 ~身も心も癒されて~

射精管理少女

射精管理少女

※本作には選択箇所が一つしかないので、攻略記事は作成していません。

レビュー 115/200(可)

谷山悠一は、オナニー頻度が高いだけの普通の男子学生。医者の娘で高嶺の花の藤枝かなえからバレンタインチョコを貰い、ホワイトデーの日に告白した。彼女はそれをあっさりと了承。しかし、かなえは異常性癖の持ち主で、悠一は彼女の射精管理を受け入れることになる。

藤枝かなえは、ヤンデレヒロインとして大変魅力的だと思う。なにせ彼女は、ヤンデレという言葉を嫌っている。病んでいるから愛しているとか、同情で愛されることが嫌いらしい。その上で自身の異常性を自覚しており、自分の破壊衝動をパートナーにぶつけることに多少の躊躇いもあるようだ。そのためプレイを受け入れるか否かの選択権は、一応、主人公の側にある。無理やりにはしない。しかし、彼がいったん了承したなら、容赦なくサディスティックな射精管理を行うところが実に魅力的なお嬢様だ。

続きを読む 射精管理少女

受け触手

受け触手

攻略はこちら

Summary

本作のあらすじ
三千雄は、割礼したチ○ポの皮から生み出された触手生物。彼は凶悪な外見に反して、真面目な性格をしている。幼馴染(やどり)と妹(菜々美)は、そんな三千雄を自分のものにするため、日々猛烈なアタックを仕掛けてくる。

レビューの要旨
エイプリルフール企画の実現例。奇抜なストーリーはなかなか面白い。しかし、コストパフォーマンスは低く、実用性という面ではあまりオススメできない。

エロシーンの属性
状況を想像しづらいと思うが、触手のほうが「受け」。エロシーンの内容は、端的には説明しづらい。公衆の面前でセックス(?)したりもするが、女の子は嬉しそうだ。残念なことに、3P以上はない。

目次

  1. 触手は被害者
  2. 実用性とコストパフォーマンス
  3. コメント

続きを読む 受け触手

DominancE

DominancE

攻略はこちら

Summary 175/200(優)

本作のあらすじ
無人の辺境惑星での支援訓練中、マコトは谷底に落ちて遭難してしまった。味方に救助されないまま6日以上がすぎ、危うく死にかけた頃、超豪華プライベート船『パールバティー』に拾われる。船主のマイザール母娘は、衰弱しているマコトと奴隷契約を結び、彼を搾精用の船員として飼うことにしたのだった。

レビューの要旨
理不尽なストーリーと理不尽なエロシーンが秀逸。ビジュアル、音楽、声優さんの演技も素晴らしい。ただ、基本CGの枚数が少なすぎることが不満である。

エロシーンの属性
マゾ向けでもあり、サド向けでもある(両属性持ち推奨)。エロシーンは快楽系・苦痛系の両方があり、精神崩壊する場合もある。多くの変態属性を網羅しているが、特にスカトロが重視されている。食糞(女→男)、顔面糞(女→女)あり。尿道プレイあり(女→女)。チューブ連結もどきのプレイもある(対象は女,食糞あり)。獣姦を含む異種姦もある(人外→女)

目次

  1. 理不尽との戦い
  2. 苦痛と快楽のエロシーン
  3. ビジュアルの魅力と不満
  4. コメント

続きを読む DominancE

花は折りたし梢は高し

花は折りたし梢は高し

(※)本作に選択肢はありませんので、攻略チャートは作成しておりません。

Summary 130/200(可)

本作のあらすじ
主人公は、ゲーム専門学校の講師。気難しい女生徒の梢に世話を焼くうちに、彼女に好かれてしまう。主人公は梢の告白を拒否するが、梢とのエロ写真をネタに脅され、下僕にされてしまう。

レビューの要旨
かなり人を選ぶ内容だから、デリケートな趣味の方は避けたほうが無難。作品のテーマ性やヒロインのキャラクター性を受け入れられるなら、これはこれで楽しめる。

エロシーンの属性
華奢な肉体と着衣。基本的に男性受け。挿入のあるシーンは、ほとんどない。

目次

  1. まるで同人のような作品性
  2. 華奢な肉体や着衣へのこだわり
  3. 総評

続きを読む 花は折りたし梢は高し

射精管理する姉

射精管理する姉

実質1本道なので、攻略チャートは作成していません。

Summary

本作のあらすじ
姉の下着でオナニーをしているところを見つかってしまった主人公が、姉に射精を管理されたまま調教されてしまう。

レビューの要旨
非常にマニアックで、激しく人を選ぶ作品。男性被虐と近親姦が好きで、”おあずけ”されることにむしろ喜びを覚え、精神的マゾヒズムにも耐性がある人でなければ、本作を受け入れることはできないだろう。しかし、受け入れられるなら、評点では表せない本作の希少価値を見い出せるはずだ。

エロシーンの属性
男性被虐に特化。ペニスやアナルを主に開発される。寝取られ(未遂)や寝取らせプレイの要素もある。

目次

  1. 男性被虐ものとして
  2. 近親相姦ものとして
  3. チープな名作

続きを読む 射精管理する姉

ドM男探偵がイク 勝手にイッたらオシオキよ!

ドM男探偵がイク 勝手にイッたらオシオキよ!

攻略はこちら

レビューと評価 85/200(不可)

聡海は、謎の若者から渡されたR2OS(指輪)の効果により、サディスティックな興奮が高まるとフタナリ化する体質になってしまう。探偵である主人公は、助手の聡海とともに、謎の若者の行方を追う。

男性被虐ないし男性受け特化。エロシーンの実用性は、低いわけではない。しかし、本作はコストパフォーマンスが非常に悪く、二千円程度の作品と同程度のボリュームしかない。システムのユーザビリティは劣悪で、自力攻略するとかなりストレスを感じる。

続きを読む ドM男探偵がイク 勝手にイッたらオシオキよ!