ジャンル: 寝取られ

強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった恥辱と背信の日々~ レビュー

強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった恥辱と背信の日々~

本作には選択箇所が一つしかないので、攻略チャートは作成していません。

レビューの概要と評価 85/100(優)

作品のあらすじ

映像研究部部長の原田吉竹は、自作のアダルトビデオを撮影することが長年の夢だった。原田はある日偶然、学園で男子人気の高い上木愛莉が、教室でオナニーしている現場に遭遇した。原田はその一部始終を盗撮し、それを脅迫材料として愛莉にAV出演を強要する。

レビューの要旨

主にヒロイン視点で描かれるストーリーやエロシーンにはある種のリアリティを感じさせられる一方で、鬱になりすぎない程度に非現実的なシチュエーションがバランス良く組み合わせられている。コストパフォーマンスも良好で、陵辱ファンにはオススメの作品だ。

エロシーンの属性

程々にハードなプレイが多い。寝取られ要素あり。露出、輪姦・乱交、アナル責め、イラマチオ、日焼け褐色化、ビデオレター、妊娠中のセックスあり。

目次

  1. 現実と非現実のバランス
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む 強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった恥辱と背信の日々~ レビュー

清楚で真面目な彼女が、最凶ヤリサーに勧誘されたら…? レビュー

清楚で真面目な彼女が、最凶ヤリサーに勧誘されたら…?

本作には選択肢がないので、攻略チャートは作成していません。

レビュー 140/200(良)

美羽と雅弘は恋人どうし。昔からテニス部に所属していた美羽は、大学でもテニスサークルに入ることにした。しかし、彼女が新歓に招かれたサークル『ラブオール』の実態は、関東最凶のヤリサーだったのだ。

本作の単独ヒロインである美羽は、タイトルにも謳われているとおり、清楚で真面目な女子大生だ。しかし彼女は、知らないひとにホイホイついていく子供並に猜疑心の乏しい娘だ。

美羽は、騙されてレイプ写真を撮られた結果、その写真をネタに脅されてヤリサー部員の言いなりになっている。にもかかわらず、その後も騙され続けて、次々と脅迫のネタを増やしてしまう。また、彼女は、王様ゲームでセクハラされるのを嫌々ながらも受け入れるくらい、場の雰囲気に強く逆らうことができない。本作は、そんな見た目清楚で真面目ではあるものの色々な意味で弱々しい女子大生が、ヤリサー部員に性的に搾取されていく様子を描いている。

続きを読む 清楚で真面目な彼女が、最凶ヤリサーに勧誘されたら…? レビュー

同人CG集『某有名私立大学ヤリサーの実態 ~新歓コンパでハメられた高峰美春の場合~』

某有名私立大学ヤリサーの実態~新歓コンパでハメられた高峰美春の場合~

批評・感想

悠人と高峰美春は幼馴染。二人で一緒の大学に行きたかったが、悠人だけ浪人してしまった。美春は友達に誘われて大学のテニスサークルに入ったが、実はそこはヤリサーだった。

基本CG10枚、差分込み本編96枚の幼馴染寝取られもの。悠人と美春が一緒にいるときのテキストは悠人視点だが、それ以外は美春視点。美春視点のテキストは、性体験告白もののように、自分が受けている調教をやや客観視した文調で描かれている。ただし、台詞の吹き出しでは、美春の心情だけでなく、男の内心が呟かれることもある。

続きを読む 同人CG集『某有名私立大学ヤリサーの実態 ~新歓コンパでハメられた高峰美春の場合~』

誰もが彼女を狙ってる。 レビュー

誰もが彼女を狙ってる。

攻略はこちら

レビューの概要と評価 155/200(良)

作品のあらすじ

間宮巧と白崎綾乃は幼馴染。なかなか煮え切らない仲だった二人は、ある日、ついに恋人同士となった。校則では一応交際が禁じられているので、生徒会役員としての体面を気にした彼らは、自分たちの交際を秘密にし、セックスは卒業するまでお預けとした。しかし綾乃は、日に日に昂ぶっていく性欲に抗えない様子で……。

レビューの要旨

綾乃という淫乱体質の少女を巡る、寝取られもの。各ルートの出来はピンキリで、城嶋編・田沼編・猪狩編は大変エロくて宜しいが、レオ編・雅人編・抗命編は粗雑な内容だった。とにかくエロければ、多少の欠点は許せるという方にはオススメの作品だ。

エロシーンの属性

純愛エンディングなしの寝取られ特化。キス、口淫多め。貞操帯、拘束プレイ、臨月ファック、刺青、乱交あり。衣装は、制服、モリガン風コスプレ、裸エプロン、直履きスパッツなど。

目次

  1. 淫乱少女を脅迫する間男たち
  2. 各ルートの解説と評価
  3. コメント

続きを読む 誰もが彼女を狙ってる。 レビュー

同人CG集『陸上一筋で夢に向かって頑張っていたはずの彼女は(略)』

陸上一筋で夢に向かって頑張っていたはずの彼女は、大学のヤリサー集団にハメられビッチへと変貌していきました。

批評・感想

陸上エリートの女子大学生、早川アスカの転落人生を描いた作品。基本CG約30枚(公称)、本編290頁(暗転抜きで260頁)の大ボリュームだ。本編以外にはテキスト無しのCG集が付属している。エロはヤク漬け状態でのセックスが基本であり、乱交、スカトロ、ファンタジーでない肉体改造(刺青、黒ギャル化、局部ピアス等)などの要素が盛り込まれている。

続きを読む 同人CG集『陸上一筋で夢に向かって頑張っていたはずの彼女は(略)』

淫烙の巫女NTR ~淫烙の二日間~ レビュー

淫烙の巫女NTR ~淫烙の二日間~

レビュー

第1話第2話第3話と続いてようやく最終話……かと思いきや、実はこれがシリーズとしての終わりではないようだ。第4話のエピローグと公式の記事によると、「次回作鋭意製作中」(原文ママ)。「次回作」というのが直接の続編かといえば、説明が難しいそうだが、「この岩淵家のお話が今回で終わりではない」とのことだ。

続きを読む 淫烙の巫女NTR ~淫烙の二日間~ レビュー

淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~ レビュー

淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~

レビュー

遥は、第1話では肉体に刻まれた肛虐快楽の記憶を引き出され、第2話では貞操観念に揺さぶりをかけられた。第3話では、心身ともに快楽に抗うことができなくなった遥に対し、剛蔵は、これを頃合いとみたのか、これまでよりも強引な手口で彼女を堕としにかかる。

続きを読む 淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~ レビュー

淫烙の巫女NTR ~泥濘の新婚生活~ レビュー

淫烙の巫女NTR ~義父の魔の手~

レビュー

『淫楽の巫女NTR』の第1話は、遥の肉体が過去に調教された快楽の味を徐々に思い出していく展開であった。今回レビューする第2話は、肉欲に抗えなくなった遥が、精神的にも墜ちていく過程を描いている。

続きを読む 淫烙の巫女NTR ~泥濘の新婚生活~ レビュー

淫烙の巫女NTR ~義父の魔の手~ レビュー

淫烙の巫女NTR ~義父の魔の手~

※本作には選択肢がないので、攻略記事は書いていません。

レビュー

私が『淫烙の巫女』をレビューしたのは5年前で、当サイトのレビュー様式が今とはまるで異なる昔の話だ。正直、内容の細かいところは覚えていない。巫女の輪姦・乱交もので、とにかく実用性の高い作品だったということだけは覚えている。その頃のつたないレビューを読み返してみると、実際、当時もそんなふうに思っていたことが分かる。

『淫烙の巫女NTR』は、その『淫烙の巫女』のスピンオフだ。現在の夫(健)の父親(剛蔵)に肛虐調教されるも処女だけは守り通した遙が、昔の淫行写真をネタにした脅迫をきっかけとして、再び剛蔵に調教されてしまう。

『淫烙の巫女NTR』は全四話(追記:後の情報によると、次回(直接の続編かは不明)があるらしい)。テレビアニメのように毎週一話ずつ公開され、今月(2014年8月)の22日に第4話が公開されることになっている。今回レビューするのは、その第1話だ。

続きを読む 淫烙の巫女NTR ~義父の魔の手~ レビュー

お隣の黒人夫に抱かれて啼き悶える最愛の妻。その引き換えに味わう黒人妻の肌。 レビュー

攻略はこちら

レビューの概要と評価 165/200(優)

本作のあらすじ
生粋の日本人の篠崎夫妻と、人種的には黒人だが国籍は日本のオハラ夫妻はお隣同士。篠崎良夫は、他の男に抱かれる美和子のことを想像しては興奮する寝取られ性癖を持っていた。自らの性的欲望を抑えきれなくなった良夫は、良き友人でもあるボビー・オハラと相談し、スワッピングを行うことにした。

レビューの要旨
寝取られ、寝取らせ、寝取りのNTR三性癖を同時に満足させる作品。スワッピングからはじまり、徐々にエスカレートしていく爛れた不倫関係が面白い。ビジュアル面は最高に良い出来であり、細かな表現にも手抜かりがない。

エロシーンの属性
寝取られ+寝取らせ+寝取り。プレイ自体はノーマルなものが多め(抜きゲー基準)。アナルセックスあり。緊縛、目隠し、ローションプレイ、露出プレイ、乱交あり。口淫シーンが豊富。

目次

  1. スワッピングから浮気、そして……
  2. 完璧なエロさを表現するビジュアル
  3. 特典について

続きを読む お隣の黒人夫に抱かれて啼き悶える最愛の妻。その引き換えに味わう黒人妻の肌。 レビュー