ジャンル: 萌え

えろゼミ ~エッチにヤルきにABC~

えろゼミ ~エッチにヤルきにABC~

攻略はこちら

Summary 140/200(良)

作品のあらすじ

主人公は、どんな落ちこぼれや問題児でも全員難関大に合格させてきた伝説のフリー予備校講師。彼の指導テーマは『恋愛』『全力で遊ぶ』『エッチ』の3つで、指導対象が女の子なら性行為を通じて学力を向上させるという。主人公に強い興味を抱く天神原予備校理事長のモニカは、彼をリゾート島での予備校合宿に招致し、同校の生徒たちを指導させることにした。

レビューの要旨

テーマは奇抜だが、本質はテンプレな和姦ゲーム。作画は優秀なので実用性は高い。自力攻略は止めたほうがいい。

エロシーンの属性

処女独占。露出、アナル、奉仕プレイなど。コンドーム着用プレイあり。ハーレムあり。

目次

  1. 基本はテンプレな抜きゲー
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む えろゼミ ~エッチにヤルきにABC~

えろぐっず! Hなおもちゃで快感エンジョイ

えろぐっず! Hなおもちゃで快感エンジョイ

攻略はこちら

Summary 145/200(良)

作品のあらすじ

大人の玩具をこよなく愛する主人公は、アダルトグッズ業界の超有名メーカー『SiVA』の女社長にスカウトされ、同社の商品リサーチ室で働くことになった。主人公は、SiVAの新製品を自分や女性従業員に試し、さらなる品質向上のために貢献していく。

レビューの要旨

ひたすらヒロインとエッチし、アダルトグッズの試用報告や新製品の提案に勤しむ作品。シナリオは凡庸だが、総合的には良作と言っていい、割り切ったタイプの抜きゲーだ。

エロシーンの属性

アダルトグッズを使ったプレイに特化。ローター、バイブ、アナルグッズ、SM関連グッズ、ローションなど様々な玩具を利用する。男性被虐プレイあり。イラマチオ、クスコ、拘束・緊縛、男の娘、妊娠ぼて腹ファックあり。ハーレムはない。

目次

  1. 最高のアダルトグッズを追求する求道者たち
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む えろぐっず! Hなおもちゃで快感エンジョイ

ビッチ姉ちゃんが清純なはずがないっ!

ビッチ姉ちゃんが清純なはずがないっ!

攻略はこちら

Summary 125/200(可)

作品のあらすじ

主人公は、義姉の撫子が留学から帰ってくるやいなや、学園に彼のハーレムを作る計画を無理やり押し付けられた。保険医の綾目の協力を得た主人公は、気に入った女の子をハーレムの一員にすべく調教していく。

レビューの要旨

ハーレムを作るというテーマが徹底されている。雰囲気的にはイチャラブだが、ヒロインとの関係が和姦から始まるとは限らない歪さがある。

エロシーンの属性

複数ヒロインとのプレイを重視。独占(ただし、輪姦未遂あり)。露出、拘束・緊縛、浣腸、おむつプレイ、スパンキングなどあり。

目次

  1. 陵辱から始まるイチャラブハーレム
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む ビッチ姉ちゃんが清純なはずがないっ!

雨恋

「雨恋」のパッケージ画像

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

本作のあらすじ
官能小説家である主人公は、初恋相手(一志瑞穂)をモデルにした小説の続編を執筆するため、彼女との思い出が眠る勝見集落へ帰郷することにした。主人公は瑞穂の民宿に泊まるつもりだったが、彼女はすでに亡くなっていた。元民宿では瑞穂の娘(瑞希)が一人暮らしをしており、瑞希と性交し気に入られた主人公は、彼女の好意で泊めてもらうことになった。

レビューの要旨
ヒロインはまるですり込み済みの雛鳥のように主人公を慕ってくる。序盤の展開は雑だが、中盤以降は安定している。美麗なグラフィックで描かれた濡れ着衣100%のエロシーンは、やっていること自体はノーマルだが、テキストからねちっこいエロさが伝わってくる。

エロシーンの属性
濡れ着衣プレイに特化。半裸あり、全裸なし。セーラー服、ブルマ、浴衣などを着用。ノーマルなプレイばかりで、フェラシーンがやや多め。

目次

  1. 雛は親鳥の真の伴侶となるか
  2. 濡れ着衣オンリーなエロシーン

続きを読む 雨恋

美少女万華鏡 呪われし伝説の少女

美少女万華鏡 呪われし伝説の少女

攻略はこちら

Summary 175/200(優)

あらすじ
教師である滋比古は、教え子のキリエに恋をした。滋比古はキリエの正体を知ってもなお、彼女のことを忘れられず、彼女の愛を求めていく。

レビューの要旨
グラフィックと音楽・声の完成度が非常に高い。シナリオは洗練されていない部分があるものの、萌えもエロもツボを押さえている。

エロシーンの属性
搾精的なプレイが多い。どちらかといえば男性受け~被虐だが、逆転する場合も多い。抽送やイラマチオのシーンは、アニメーションで表現されることが多い。

目次

1. かつてない驚異のクオリティ
2. 雰囲気の効果
3. 萌えとエロの両立
4. コメント

続きを読む 美少女万華鏡 呪われし伝説の少女

放課後☆エロゲー部!~エロゲー制作のため女の子たちとえっちしまくりな毎日~

放課後☆エロゲー部!

攻略はこちら

Summary 160/200(優)

本作のあらすじ
PCゲーム部はエロゲーを作る部活であり、主人公以外の部員は全員女の子。活動実績の不振により、半年以内に売れるエロゲーを作れないと、解散させられてしまう。部員たちは才能はあるが、エッチの経験がないため、抜けるエロゲーを作れない。そこで、エロシーンのクオリティアップのために、主人公とヒロインが実際にエッチして取材することになった。

レビューの要旨
本作は、CLOCK UPの名作『えろげー!~Hもゲームも開発三昧~』のパロディである。『えろげー!』と比べて世界観の作りこみに甘いところがあるが、この作品なりの良いところも大きい。

エロシーンの属性
包茎、完全処占。日常でもエロシーンでも、主人公が仮性包茎であることが強調されている。エロは、『えろげー!』のような変態路線ではなく、萌抜きゲーの延長線上にある。

目次

  1. 『えろげー!』と『放課後☆エロゲー部!』の比較
  2. ヒロインの差別化
  3. 総評

続きを読む 放課後☆エロゲー部!~エロゲー制作のため女の子たちとえっちしまくりな毎日~

えろげー!~Hもゲームも開発三昧~

えろげー!~Hもゲームも開発三昧~

攻略はこちら

あらすじ

エロゲー制作会社フラワーに所属する女社長・女従業員は、全員処女。彼女たちは、才能と技術力には恵まれているものの、性経験の不足から”エロい”エロゲーを作ることが出来ていない。

そんな彼女たちに対し、新入社員である前に生粋のエロゲーマーである主人公は、入社早々、異を唱える。彼にとって、『エロ』とは、ただ男と女が絡み合っていればいいものではなく、下品かつ扇情的でなければならないものだ。

エロゲーについてのこだわりを、豊富な資料とともにぶつけて真心をみせる主人公。女従業員たちはそんな彼の情熱に気圧されて、以後は彼の助言を渋々ながらも受け入れるようになる。

しかし、助言とは単なる二次情報だ。どうしても自らする経験には及ばないし、実際にやってみなければよく理解できないこともある。では、どうすればよいのか?

その答えは実にシンプルで、実際にヤッてみればいいのだ。彼女たちは過程において多少の差こそあれ、結局はその結論に至る。こうして主人公と彼女たちのエッチな”資料”作りが日々行われることになった。

総評 180/200(秀)

エロゲー業界もの。本作の完成度は、全ての項目を『優』以上とみなせるほどに高い。

しかし、本作から漂ってくる強烈で下品なにおいは、和姦や純愛といった芳香剤をどれだけ振り撒いても、完全には誤魔化せない。そのにおいに惹かれて手に取るならば良し。しかし、鼻の利かない駄犬のように貪るならば、毒にもなり得るものがある。

それは、玉ねぎのようなものだ。業界ネタ、バカップルな関係、女だらけの職場、エロゲーにかける情熱……そんな見せかけの皮を剥いてやらないと、本作の刺激的な中身は味わえない。

皮を剥いた本作の正体は、まず下品だ。そして、におう。膣や肛門から立ち昇る女のにおいはもちろん、腋から漂う汗と垢のにおいも愛せなければ、『匂い』は『臭い』となるだろう。チュパチュパと優しい音をたてながらペニスを舐めるのが『おフェラチオ』だとしたら、「じゅぼぼぉ!」「むぐっむぐっ!」「ずずずずっ!」と包茎おちんちんを貪る『口まんこ』はあまりに下品だろうか?

犬も食わぬその極上の気品をすぐにでも味わいたいなら、迷わず買うといい。変態紳士のご同輩、あなたは高貴だ。しかし、もしあなたが玉ねぎを剥くのに涙する体質ならば、以下に述べるようなことにはよくよく注意せねばならない。

続きを読む えろげー!~Hもゲームも開発三昧~

りりかる!(夢見奏)

攻略はこちら

あらすじ

誠は、彩芽に告白するが、あっさりフラれてしまった。その現場に突如として現れた優美は、誠を女装させて、軽音楽部に入部させる。女装した誠は琴乃と名乗り、彩芽は琴乃に一目惚れしてしまう。

総評 50/100(可)

ガールズバンドもの。初回プレイでは無難な萌えゲーという印象であったが、2周目以降があまりに酷くて、すべてをぶち壊しにされたような気分に。グラフィックレベルはかなり高いが、それ以外についてはまだまだ改善の余地がある。

続きを読む りりかる!(夢見奏)

BackStage(TJR)

BackStage

ストーリー概要

やる気と実力はあるがなかなか表舞台に立てない俳優志望の主人公 光明。ある日、光明は、尊敬する演出家の先輩 水鏡京香から、舞台出演の依頼を持ちかけられる。
出演を依頼されたのは、JDS――日本の第一線で活躍する現役芸能人たちが集う演劇祭である。光明はあまりの大舞台に戸惑うが、しかしこれは千載一隅のチャンスでもあった。

水鏡と光明は、現役のアイドルや声優、演劇部の女学生、さらには演劇の素人といったユニークな人材を集め、演劇団体『バックセット』を結成。来るべきJDSの舞台に向けて、練習・公演を重ねていくが……。

総評 140/200点(良)

センスの良いコメディ。ニヤニヤが止まらないデレ展開。ストーリー重視なのに魅力的なエロテキスト。登場人物は全員キャラが立っていて、不要な人物は一人もいない。

BackStageは、久しぶりに(18歳以上の)万人に推薦できる良作だった。私的には、”ツンデレ”や”アホの子”、”元気っ子”属性のある紳士へ、特にオススメする。

続きを読む BackStage(TJR)