ジャンル: 調教

公衆快楽施設 Macht Frei. レビュー

公衆快楽施設 Macht Frei.

あらすじ

三島冴子は、自殺した文学者の作品を読み続け、記憶することを義務づけられた生体文庫の乙女である。自傷癖のある冴子は「この世から消えてしまいたい」と強く願うようになり、その願望を実現するために、公衆安楽福祉施設行きの地下鉄に乗った。

公衆安楽福祉施設は、どうしようもない自殺志願者の最後の受入口だ。ここで自殺志願者たちは、本人の合意のもと、最終的解決を施される。その解決方法は、その者を政府公認の性処理玩具に作り変えることである。

公衆安楽福祉施設の入り口前には、Macht Freiと表された鈍色アーチがある。そのドイツ語の意味は『……によって自由になる』。冴子は、自分の存在をこの世から抹消し、性処理玩具になることを誓う――快楽によって自由になるために。彼女が身にまとうのは、そんな自分のための喪服だ。

『市民・三島冴子の記録を抹消しました』――そのメッセージが表示されて後は、もう、後戻りはできない。しかし彼女は、後悔をしない。三島冴子の名を捨てて、これからの自分に「桜桃」と名づけると、まだ乙女の自分が知り得ないものを与えてくれる場所へと進んでいく。

総評 160/200(優)

これはすごい。すごくエロい! 最初から最後まで興奮しすぎて、プレイ後は燃えつきたような気分になった。枯れるほど精を搾り取られたせいで身体がダルかったが、プレイ後の感動をそのままに伝えるべく、すぐにキーボードを叩いた。

テキストと音声を巧みに組み合わせた本作の表現手法は素晴らしい。シナリオと音声の評価はどちらも以上。商業の低価格ソフトとしては、当サイト初の高評価とさせていただいた。

満足した、本当に良かった。尖った作風ゆえに賛否両論あることが予想されるが、次回作もこれ以上の内容なら、間違いなく購入させていただく。

続きを読む 公衆快楽施設 Macht Frei. レビュー

Real intention ~ココロのクサリ~2 レビュー

Real intention ~ココロのクサリ~2

攻略はこちら

総評 85/100(優)

女子生徒・女教師調教もの。

前作がたいへん素晴らしい出来だったので、前作と世界観を共有する本作にも期待していた。実際にやってみると、やはり期待をまったく裏切らない名作であった。ネガティブギャングは、フリーでもシェアでも、本当に優れた作品だけを作ってくれる良いサークルだ。

本作は、前作をプレイ済みでなくても十分楽しめるように作られている。前作ファンなら当然買いとして、調教ものが好きならぜひに買っていただきたい作品だ。

続きを読む Real intention ~ココロのクサリ~2 レビュー

教育指導(BISHOP) レビュー

教育指導

攻略はこちら

総評 145/200(良)

作業系ゲームシステムの学園凌辱もの。全体的に無難かつ丁寧な作りで、致命的な欠陥というものが見当たらない。

もしこの世に凌辱作品作りの教科書があったとしたら、本作が学園物の項目に掲載されてもおかしくはないだろう。独創的で突き抜けた魅力はないが、「興味があるならどうぞ」と他人に薦められる程度には無難で良い作品である。

続きを読む 教育指導(BISHOP) レビュー

大阪CRISIS ~姦楽街開発プロジェクト~ レビュー

大阪CRISIS ~COMEBACK & COMES A NEW HEROINE~

(※)記事内の商品リンク先は『大阪CRISIS ~COMEBACK & COMES A NEW HEROINE~』(以下、復刻版)になっていますが、レビューは『大阪CRISIS ~姦楽街開発プロジェクト~』に基づいて書かれています。そのため、復刻版とは内容が若干異なる場合があります。特に、新ヒロイン『福麗華(フウリーファ)』については一切触れておりません。

ストーリー概要

主人公は、裏社会では”黒い刃”と呼ばれるほど恐れられている冷血漢である。素材の良い女をみると、性奴隷に調教してやりたいという欲望に駆られる真性サディストでもある。彼は現在、大阪の裏機関である『再開発事業局』の局長を務めている。

主人公はある日、大阪代表である橋本柿本から、「大阪の財政再建のため、性欲に塗れた一大歓楽街を作りたい。そこで働かせるための女を見繕って、奴隷に仕立てあげて欲しい」(要旨)と要請される。

歓楽街を作るためには、まず予定地の住民たちを立ち退かせねばならない。そこで主人公は、立ち退きを渋る連中に不当な圧力をかけて立ち退かせ、ついでにその中から目ぼしい女を選んで拉致監禁し、歓楽街のための性奴隷に仕立てあげていく。

総評 145/200(良)

『大阪CRISIS』を手に取る者は一切の道徳を捨てよ。本作は、サディストによるサディストのための作品である。ノーマル属性のユーザーにはまったく向いていない。

ただ短絡的な抜きゲーには満足できない、エロに到るまでの過程が重要だ、そう思う変態紳士はこれを購入するといい。きっと価格以上の満足感がもたらされることだろう。

続きを読む 大阪CRISIS ~姦楽街開発プロジェクト~ レビュー

エルフの双子姫 ウィランとアルスラ レビュー

エルフの双子姫 ウィランとアルスラ

ストーリー概要

人間とエルフなどの異種族が共存する大陸――この大陸では、人間が支配する国とエルフが支配する国との争いが続いていた。しかし、永年の争いに嫌気がさした両国の王は、和平のためにお互いの後継ぎを政略結婚させることにした。

ハーフエルフの主人公 ダーシュは、純血至上主義のエルフの国に深い恨みを持っていた。「あの方」から依頼を受けた彼は、エルフの双子姫――ウィランとアルスラを攫い、両国の和平を妨害。そして、お互いを庇いあう二人の姫を調教し、性奴隷に仕立て上げていく。

総評 115/200(可)

エルフの双子姫の監禁調教もの。ただし監禁調教といっても、エロの内容はすごくヌルい。CGの出来は、個別に見るぶんにはなかなか良い。しかし、シナリオの出来はあまり良くないので、過度な期待は禁物だ。

続きを読む エルフの双子姫 ウィランとアルスラ レビュー

聖奴隷学園 レビュー

聖奴隷学園

総評 125/200(可)

女学生調教モノ。日本語の不自由なテキストは読んでいて苦痛を感じるが、エッチのシチュエーションについてはツボを押さえている。特に口淫輪姦系のエッチが充実しているので、この二つの属性がある方にはオススメできる。

続きを読む 聖奴隷学園 レビュー

犯ワレルココロ ~隷属調教~ レビュー

攻略はこちら

総評 80/200(不可)

近親相姦調教もの。ゲーム性は単なる作業。CGコンプリートの難度は恐ろしく高いが、いくつかの要素(後述)を踏まえた上で筋道立てて考えていけば、確実に埋められる。

しかし、”お手軽さ”を売りとする低価格ソフトで、こんなに鬼畜な難度設定にする必要があったのかどうかは疑問。シナリオが良ければまだ救いようはあったかもしれないが、シナリオの質はとても低かった。
タイトルの『犯ワレルココロ』というのは、ヒロインだけでなく、自力攻略するプレイヤーの心境さえも象徴しているようだ。

続きを読む 犯ワレルココロ ~隷属調教~ レビュー

聖奴隷女教師(聖隷女教師) レビュー

聖奴隷女教師(聖隷女教師)

総評 130/200(可)

『聖奴隷』シリーズの第2作目。女教師+女生徒調教モノ。前作『聖奴隷学園』と世界観の一部を共有しているが、ストーリー上の繋がりはほとんどない。

シナリオとグラフィックの質は、総合的にみると、前作よりも向上している。だがそれで、前作を気に入っていたユーザーが『聖奴隷学園』よりも満足できるか、といえば微妙である。というのは、『聖奴隷女教師』のエロの趣向は、シナリオ的にもグラフィック的にも、前作のそれとはやや異なるからだ。

『聖奴隷女教師』それ自体の出来は、少なくとも凡作以上である。が、シリーズ物としては、こちらの期待の斜め上をいっている。本作単体でならそこそこオススメできるが、前作に思い入れがある方には期待外れとなるかもしれない。

続きを読む 聖奴隷女教師(聖隷女教師) レビュー

美脚性奴会長 亜衣「こ、この変態! 私のタイツになんてことを……!」 レビュー

美脚性奴会長 亜衣「こ、この変態! 私のタイツになんてことを……!」

総評 125/200(可)

黒髪で黒タイツのお嬢様に罵倒されながらも、彼女に調教を施していく抜きゲー。登場する女の子たちは全員処女で、しかも完全独占エッチの大半はタイツ着用で行われ、フェチな表現はなかなかにツボを押さえている。

『美脚性奴会長 亜衣』は、フェチゲーとしてはオススメできる作品だ。実際、私はプレイして良かったと思っているし、同ブランドの前作品の購入も検討している。

ただしこの作品をオススメするのは、そのコンセプトを高く評価しているからであって、話が面白いからというわけではない。『美脚性奴会長 亜衣』のシナリオは物語性が乏しく、調教システムは作業的である。ゲーム時間で30日間、ねちねちとフェティッシュな調教を続けるのがダルいと思うなら、本作品をプレイするのは避けたほうがいい。

続きを読む 美脚性奴会長 亜衣「こ、この変態! 私のタイツになんてことを……!」 レビュー

姦禁少女 ~生挿入地獄~ レビュー

姦禁少女 ~生挿入地獄~

ストーリー概要

女子○生 ちとせは、男癖の悪い母親のために、売春して生活費を稼ぐ日々を送っていた。ちとせは身体を売っても、しかし貞操だけは守っていた。

ある日、ちとせはいつものように、母親からの置手紙――売春の指示を受け取った。そして、いつものように身体を売りに出かけた。出向いた先でちとせを招いたのは、一見してお金持ちの太った中年男。彼に促されるまま、ちとせはマンションの一室に招かれ、そこで身体を嬲られるが――でも、その様子は、”いつも”と何だか違っていて……。

総評 85/100(優)

う~ん……満足! コンプリートするのに1時間程度の超短編作品だが、エロアニメの出来は期待以上に良かった。シナリオも典型的な監禁調教モノながら丁寧にまとまっているし、声優さんの声もマゾっぽくていい。同好の変態紳士たちには、かなりオススメできる。

続きを読む 姦禁少女 ~生挿入地獄~ レビュー