ジャンル: 近親姦

ままはは レビュー

「ままはは」のタイトル画面

攻略はこちら

Summary 145/200(良)

作品のあらすじ

北上秋人は、亡き父の再婚相手である伊桜里を異性として意識してしまい、彼女の反対を押し切る形で、東京の専門学校に進学した。東京へ出てから初めての夏休み、秋人は悩んだ末に帰省を決める。東京に戻るまでの2週間、秋人は伊桜里だけでなく、隣近所に住む昔馴染みの名取母娘とも交流を深めていく。

レビューの要旨

ストーリーはかなり開き直った展開をみせるが、エロはものすごく濃厚でフェティッシュ。「おっぱい」「母乳」「孕ませ」といったキーワードに反応する方にオススメの作品だ。

エロシーンの属性

独占。おっぱい、母乳、孕ませを重視。野外プレイ、3Pあり。

目次

  1. マザーファッカーの楽園に常識は要らない
  2. 胸揺れ、乳塗れ、精液塗れ
  3. コメント

続きを読む ままはは レビュー

引きこもり妹とまいにちHライフ レビュー

引きこもり妹とまいにちHライフ

攻略はこちら

短評

主人公の妹(なな)が東京の彼のもとまでやってきて、勝手に居座ってしまった。引きこもりの妹は、童貞の兄のためにセックスの練習相手になってくれるという。

『引きこもり妹とまいにちHライフ』は、妹とエッチしまくるドットアニメーション作品だ。ななは引きこもりなので、序盤のエッチは自宅ですることになる。エッチしまくるとポイントが溜まってゆき、それを使ってエッチの種類を増やすことができる。

続きを読む 引きこもり妹とまいにちHライフ レビュー

姉妹との甘い性活 レビュー

姉妹との甘い生活

攻略はこちら

評価 60/200(地雷)

陽向楓は、気が弱くて何事にも消極的な青年。楓は商店街の福引で海外旅行を引き当てたが、その旅行に行くのは両親だった。両親がいない5日間、楓は、ビッチな姉妹(椿咲、蘭)と留守番することになった。

『姉妹との甘い性活』は、姉妹が軟弱者の楓を男らしくするため、ジョギングさせたりエッチしたりする作品だ。姉妹は設定上ビッチだが、作中では楓に付きっきりとなっている。公式のキャラクター設定にはいろいろ書いてあるが、それは本編で半分も活かされていない。ストーリー性は低く、毎日エッチし続けるだけかと思ったら、そのエッチすら中途半端に終わる残念なシナリオだ。

続きを読む 姉妹との甘い性活 レビュー

近親交際倶楽部 レビュー

近親交際倶楽部

攻略はこちら

Summary 140/200(良)

作品のあらすじ

妻から夜の営みを拒絶され続けている浅野正樹は、娘の由里子に性的欲望を抱くようになっていた。そんな正樹のもとへ、ある日”近親交際倶楽部”から誘いのメールが届く。正樹は、武藤怜花と名乗る娘そっくりの少女を倶楽部から紹介され、彼女との擬似的な近親相姦の快楽に溺れていく。

レビューの要旨

エロシーン単体での実用性は微妙だが、近親相姦の背徳感は充分伝わってくる。代償行為を繰り返すたびに高まる近親相姦への欲求が上手く表現されている。

エロシーンの属性

近親姦特化。野外プレイ、妊娠ぼて腹セックス、妻の近くでのプレイあり。

目次

  1. 近親相姦願望と代償行為
  2. 怜花と倶楽部の関係(ネタバレ)
  3. エロシーンについて
  4. コメント

続きを読む 近親交際倶楽部 レビュー

催眠アイドロップス レビュー

催眠アイドロップス

攻略はこちら

Summary 75/100(良)

作品のあらすじ

若槻明良は、他界した父の再婚相手である義母の愛美、義姉の華恋と同居生活を送っていた。明良は、魅力的な肉体を持つ義母娘を性欲の対象としてみていたが、彼女たちのほうは彼を男としてみていなかった。そんなある日、明良は、父親の遺品である催眠目薬を発見。明良は、見つめた相手を催眠状態にできるこの目薬を使って、義母娘とエッチ三昧の日々を送る。

レビューの要旨

純粋に催眠物としてみると微妙だが、淫乱の素質がある義母娘の乱れぶりを見たいならアリ。

エロシーンの属性

催眠特化。口淫、接吻、妊娠ぼて腹セックス、ローションプレイ、露出プレイあり。3Pあり。

目次

  1. 催眠によって淫乱の素質を開花させる
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む 催眠アイドロップス レビュー

WIZARD LINKS

WIZARD LINKS

攻略はこちら

Summary 170/200(優)

作品のあらすじ

アーヴィング母娘は、遥か昔に故郷を滅ぼした悪魔たちに復讐を誓った魔法使いの一族。エレナ・アーヴィングが日本のとある地域で悪魔を追っていたところ、忘却や非認識の魔法が効かない少女と出会った。少女の名は神代ひかると言い、エレナはひかると同じ学園の生徒になった。彼女たちは家族ぐるみで交友を深めていくが、そのために神代家は悪魔たちに目をつけられることになる。

レビューの要旨

広い意味での催眠を手段として用い、同性愛や近親相姦などのインモラルな人間関係を描くことに特化している。そうした関係性に魅力を感じるなら、非常に実用性が高い作品だ。

エロシーンの属性

何らかの催眠状態におけるプレイを重視。レズプレイが多め。3P以上の複数プレイ、精飲、スカトロ、輪姦、アナルプレイ、露出、妊娠ボテ腹あり。

目次

  1. 何が魅力なのかを語る前に
  2. インモラルな人間関係
  3. エロシーンについて
  4. コメント

続きを読む WIZARD LINKS

お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

攻略はこちら

Summary 115/200(可)

作品のあらすじ

主人公は、妹たちを異性として意識し始めたことに危機感を覚え、家を出た。しかし今回、両親が旅行で家を空けている時、彼は一年ぶりに帰省した。兄に恋慕する妹たちはこの機会に彼を籠絡するため、性的なアプローチを大胆に仕掛けてくる。

レビューの要旨

「可愛い妹たちに玩具にされる」というコンセプトが充分に反映されていない。見かけ上はサディスティックに責められるものの、本格的におもちゃ扱いされたいハードMには不向き。可愛い妹たちに玩具にされるのではなく、基本受けで愛されたい方向け。

エロシーンの属性

基本的に妹が責めで、主人公が受け。飲尿表現多め。母乳、(主人公の)アナル責め、犬プレイ、妊娠ボテ腹プレイあり。ハーレムあり。

目次

  1. お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ、なんかじゃない
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

同人CG集『家族性奴 ~母子は義息のマゾ奴隷~』

家族性奴 ~母子は義息のマゾ奴隷~

批評・感想

司馬親子3人水入らずの近親調教もの。司馬家は母子家庭で、男は義息の康太一人。康太は義母の冴子に女を感じていて、ある日彼女が彼の名前を呼びながらオナニーしていたところを目撃し、辛抱たまらずレイプしてしまう。その後は義母の過去につけ込んで籠絡し、さらには妹――半分血が繋がっていると思われる――まで監禁調教する。

本作はボンデージ着用と拘束プレイに特化しており、ほとんどのシーンで母娘はきつく拘束されている。また、鞭やパドルによるスパンキング等の打撃は、大抵のプレイの最中に行われる。母娘は口や膣の快楽は当然として、アナルセックスや浣腸排泄も仕込まれ、果ては尿道まで開発されることになる。

続きを読む 同人CG集『家族性奴 ~母子は義息のマゾ奴隷~』

同人CG集『巨乳妹の性欲が異常なんだが。』

巨乳妹の性欲が異常なんだが。

批評・感想

二部構成の兄妹近親相姦もの。基本CG29枚、差分込156枚。台詞吹き出しつきで漫画のように読める。台詞の有無、陰毛の有無による別バージョンも収録されている。服は脱いでもニーソは基本的に脱がないあたりに、こだわりがあるようだ。執筆時の価格(864円)からすると、とてもお買い得な作品だ。

続きを読む 同人CG集『巨乳妹の性欲が異常なんだが。』

秘蜜淫交地下クラブ ~媚薬に溺れる肢体~

秘蜜淫交地下クラブ ~媚薬に溺れる肢体~

攻略はこちら

Summary 115/200(可)

作品のあらすじ

薬師寺貴矢はかつて薬剤師を志していたが、両親急逝のため断念し、妹のひなたを養うために整体院を開業した。今や貴矢のアロマ整体は若い女性に好評を得ているが、いつかまた困窮した生活に戻ってしまうのではないかという不安が常にあった。そこで貴矢は、甘露ルイの誘いを受け、秘密クラブ『エーリュシオン』で売りさばくための媚薬ローション作りに手を染めることにした。

レビューの要旨

ストーリーもエロテキストも出来が悪いわけではないが、全体的に地味で古風な印象がある。ローションプレイを売りにしているわりに彩色のレベルが低い。自力で攻略すると、非常に面倒な構成になっている。

エロシーンの属性

ローションを体に塗った状態での輪姦・乱交を重視。序盤は大体和姦だが、終盤に向かうにつれて陵辱色が強くなる。本作を陵辱ゲームとして見るなら、エロシーンの責めはややヌルいほう。

目次

  1. 媚薬+ローション+輪姦・乱交
  2. 自力攻略は非推奨
  3. コメント

続きを読む 秘蜜淫交地下クラブ ~媚薬に溺れる肢体~