ジャンル: 露出・羞恥

浴衣の下は… ~神社で発見! ノーパン少女~ レビュー

浴衣の下は… ~神社で発見! ノーパン少女~

攻略はこちら

総評 50/100(可)

ロリータ少女のノーパン浴衣露出もの。露出物としての魅力はいちおう感じられるが、全体的に中途半端な印象が強い作品だった。あまり人に薦めようとは思えない。

続きを読む 浴衣の下は… ~神社で発見! ノーパン少女~ レビュー

林間島 レビュー

林間島

攻略はこちら

あらすじ

母親を亡くした結城七海と靖明の姉弟は、蔵海津島を統べる名家 水城家に引き取られることになった。

水城家は蔵海津島の金脈を管理し、島の湖の神を奉じる神主の一族である。水城家の現当主 清彦は病床に伏せっており、現在の実質的な支配者は、清彦の弟の晴彦であった。晴彦は水城の血を最も濃く引き継いでおり、その事実は紅い瞳に顕現し、島の全てを把握できる神通力さえ行使できた。

一方、結城家は、蔵海津島の神に仕える巫女の一族である。結城の巫女は、十数年に一度の本祭に際して、淫蕩を好む神を慰めるために、輪姦という神楽舞を神に捧げることを使命とする。

晴彦が結城姉弟を今になって引き取ったのも、姪の七瀬とともに、七海の肉体を供物として神に捧げるためだった。そうとは知らされず島に訪れた七海は、本祭の期日が近づくにつれて昂ぶっていく肉欲と、毎夜夢に見る何者かの視線に不安を募らせていく。

総評 160/200(優)

伝奇風の巫女陵辱物。シナリオは、エロシーンの実用性の高さはもちろんのこと、ストーリー展開も優れている。一枚絵は大胆な構図がとてもエロく、『淫烙の巫女』からの進歩が目覚しい。本作プレイ後は、1月末に早くも年間ベスト級の陵辱ゲーに巡り合えた、という気分になれた。

ただ、無理やりに女を犯す種類の『輪姦』のみを求めて本作を買うと、やや釈然としない気分になるかもしれない。どちらかというと、羞恥プレイ口淫精飲等が好きな方に向いている作品なので、そこのところは注意してほしい。

続きを読む 林間島 レビュー