制作: TinkerBell

淫妖蟲 獄 ~凌触地獄退魔録~ レビュー

淫妖蟲 獄 ~凌触地獄退魔録~

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

ヤマトたち退魔屋本舗黒猫支店の面々は、月白姉妹の要請を受け、緋緋色金の祠の調査に乗り出した。祠の前で月白姉妹を過去へ飛ばす術式を発動させるも、サポート役の深琴が集中を乱したために、菊花や桜花の代わりに深琴だけが数百年前の過去へ飛ばされてしまう。ヤマトたちは、一時的に霊力が落ちている深琴を救うため、彼女のいる過去へ向かう。

レビューの要旨

凶以降の淫妖蟲シリーズファン向けに最適化された作品。ファンが喜びそうな要素がてんこ盛りである一方、新規プレイヤーへの配慮はあまり感じらない。ただし、ストーリーに関心が薄く、グロテスクな猟奇プレイや異種妊娠・出産にのみ期待しているなら、新規に対しても購入を勧められる。

エロシーンの属性

異種妊娠・出産を最重視。グロテスクな猟奇表現が多々あり。人間または鬼による輪姦・乱交、浣腸、スカトロなどがそこそこある。過激な嗜好は、拷問、電気責め、ボディピアス、獣姦、人体改造、子宮脱、恥垢掃除フェラ、大量精飲、焼印、抜歯など一通り揃っている。むしろ無いものを探すほうがしんどい。

目次

  1. 凶以降のシリーズファン向けの作品
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む 淫妖蟲 獄 ~凌触地獄退魔録~ レビュー

淫妖蟲 獄 ~凌触地獄退魔録~ 攻略

段階的にエンディングが開放されていきます(4段階)。「機能>次の選択肢まで飛ぶ」を利用した場合、次の選択肢までにあった回想は回収されますが、CGは回収されません。以下の攻略チャートで「TRUE END」と表記されたエンディングは、次の段階の開放条件です。

続きを読む 淫妖蟲 獄 ~凌触地獄退魔録~ 攻略

淫妖蟲 零 ~凌触城退魔絵巻~ 結衣編 レビュー

淫妖蟲 零 ~凌触城退魔絵巻~ 結衣編

攻略チャートは、記事下部にあります。

レビュー

香山家の姫である結依(結衣)と、彼女に仕える白鳥深雪は幼馴染。結依は、深雪のいる村へとよく遊びに出かけていた。ある日、深雪がいない間に、鬼たちが村を襲った。結依は村人を救うため、自らを人質として差し出すが……。

『淫妖蟲 零』の2作目。結衣編は、深雪編と同じストーリーを結依視点から描いている。前作と今作のどちらから先にプレイしても構わない。ただどちらかと言えば、結衣編は深雪編と比べて世界観の説明が大まかなので、深雪編から先にプレイしたほうが分かりやすいだろう。

続きを読む 淫妖蟲 零 ~凌触城退魔絵巻~ 結衣編 レビュー

淫妖蟲 零 ~凌触城退魔絵巻~ 深雪編 レビュー

淫妖蟲 零 ~凌触城退魔絵巻~ 深雪編

攻略チャートは、記事下部にあります。

レビュー

白鳥家は、香山家に仕える忍一族。今世は平和であるため、白鳥家は人間相手の”忍”ではなく、妖魔相手の”退魔師”として活動していた。深雪は白鳥家の娘であり、香山家の姫君である結依に仕える身だ。幼馴染でもある二人は村で仲良く過ごしていたが――ある日、深雪が村から離れている間に、鬼たちが村を強襲し、結依を連れ去った。深雪は、結依を助けるため、鬼たちが占拠する城へ単身向かうが……。

淫妖蟲シリーズのブランニューストア作品。現代が舞台のこれまでの淫妖蟲作品とは違い、今作では”戦国時代が終わって久しい泰平の世”が舞台となっている。「白鳥」「香山」という氏が出てくるあたり、そのうち過去作との深い繋がりが見えてくるかもしれない。が、今作自体は、過去作を知らない方がプレイしても差し支えない内容になっている。

続きを読む 淫妖蟲 零 ~凌触城退魔絵巻~ 深雪編 レビュー

淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~ レビュー

淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

白鳥武は、最近の事件でひどく陵辱されたことが原因で、生涯人の子を身籠もれず、現役で戦うこともできない身となった。一人で霊障の仕事に出向いたきり戻ってこない香山水依を助けに行くには、人手が足らない。そこで夜は、黒猫支店の新たな戦力として、元メンバーの九重京子の娘である鈴子を招き入れた。

レビューの要旨

『淫妖蟲 外伝』の続編にあたる作品。徹底陵辱、メインストーリーの軽視という点では触以前に回帰しているが、肝心の陵辱内容は悦以前と趣向が異なる。それ故、古参の淫妖蟲ファンが本作を気に入るかどうかは微妙なところだが、とにかく鬼畜な陵辱劇が観たいなら購入する価値のある作品だ。

エロシーンの属性

異種孕ませ、出産重視。とにかくハードでグロいエロシーンに特化している。執筆時、32個のタグがつけられるほどエロシーンの属性には網羅性がある。詳しくは、「各ヒロインの抜きどころ」を読んでほしい。

目次

  1. 他の淫妖蟲シリーズとの関係
  2. シリーズの転換点としての『淫妖蟲 凶』
  3. 各ヒロインの抜きどころ
  4. コメント

続きを読む 淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~ レビュー

淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~ 攻略

『淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~』は、「本編 END」へ向かう正しい選択肢を選び続けると、ほとんどエロシーンが出てきません。多くのエロシーンは、「BAD END」または「桜花 END」に出てきます。「本編」「水依編」「武編」において、以下の攻略チャートに載っていない選択肢を選ぶと、最終的には「本編 END」に辿り着きます。

続きを読む 淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~ 攻略

淫妖蟲 外伝(1~3章) レビュー

この記事では、淫妖蟲外伝1~3章をまとめてレビューしている。個別のレビュー記事を作らないのは、各章ごとの内容が薄すぎて、1本ずつではとても記事にならないからである。

  1. 淫妖蟲 外伝 ~深琴と武編 兆しの章~
  2. 淫妖蟲 外伝 ~水依編 囚われの章~
  3. 淫妖蟲 外伝 ~月白姉妹編 始まりの章~

続きを読む 淫妖蟲 外伝(1~3章) レビュー

淫妖蟲 悦 ~快楽変化退魔録~ レビュー

淫妖蟲 悦 ~快楽変化退魔録~

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

橘木ヤマトと白鳥姉妹は、正退魔師の試練を受けるため、綾神の郷を訪れた。そこでヤマトは何者かの陰謀によって内なる鬼(倭)を呼び起こされてしまう。倭を再び封印すべく、白鳥姉妹と四法院夕は、孕神子として自らの身を差し出す決意をする。

レビューの要旨

「孕神子」に志願するか、それとも強制されるかという展開の違いが生み出すギャップはなかなか面白く、エロさも感じられた。しかし、本作は前作までとは違った趣向のようだが、その変更点の悉くがファンの逆鱗に触れるものであったため、駄作という評価は免れない。

エロシーンの属性

異種姦孕ませ、出産重視。前作以上に人間(もしくは人型の妖魔)との絡みが目立っている。近親姦の要素あり。乳房肥大化の人体改造、フタナリ、乳頭責め、スカトロ、電気責め、大量精飲あり。和姦多し。

目次

  1. 自ら志願して犠牲となるか、それとも強制されるか
  2. 本作が駄作とみなされる理由

続きを読む 淫妖蟲 悦 ~快楽変化退魔録~ レビュー

淫妖蟲 蝕 ~凌触島退魔録~ レビュー

淫妖蟲 蝕 ~凌触島退魔録~

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

春秋学園事件の後、『退魔屋本舗黒猫支店』には香山水依が見習い退魔師として加わっていた。大上島の島長から「海水浴客が神隠しにあっている。原因を調査してほしい」との依頼を受けた深琴・武・水依の3人は、大上島に訪れ調査を開始する。

レビューの要旨

前作『淫妖蟲 凌触学園退魔録』の正統な進化形。面倒な構成、低いコスパとネガティブな要素はあれども、一部の好事家にとっての実用性は極めて高い作品だ。

エロシーンの属性

異種姦重視。前作と比べてエロシーンの種類が網羅的になり、対人プレイの割合が増えた。とはいえ、異種懐妊・出産等を主軸とし、体中の穴という穴を触手等で滅茶苦茶に犯されるというコンセプトは今作にも引き継がれている。詳しくは「2. 前作からの正統進化」を参照。

目次

  1. 前作との関係
  2. 前作からの正統進化
  3. 本作を勧めるただ一つの理由

続きを読む 淫妖蟲 蝕 ~凌触島退魔録~ レビュー