同人企業作品の分類基準について

当サイトでは多くの同人企業作品をレビューしていますが、今まで『同人』と『商業』の区別が曖昧でした。しかしこの度、同人企業作品を『同人』か『商業』のカテゴリーに分類する際の基準について、最終案がまとまりましたので、ご報告します。

続きを読む 同人企業作品の分類基準について

女体狂乱 ~これが私の望んだボディ~

総評 75/100点(良)

とても、とてもとても気が狂った人体改造エロゲー。あまりの狂乱っぷりに感動し、思わず『』と評価しかけたが、半日ほど頭を冷やして『』とした。

『女体狂乱』のストーリーとエロシーンは、善悪とは関係のない向こう側へとぶっ飛んでいる。このある意味で高度な笑いと、極めて実用的なエロシーンを理解できるのは、……な人間しかいない。

本作品は、二次元と三次元を倫理的に峻別できない方や、グロ耐性がない方は絶対にプレイすべきでない。しかし一方、すべて悟っているプレイヤーにとっては、最高の抜きゲーとなり得るだろう。

続きを読む 女体狂乱 ~これが私の望んだボディ~

審問

総評 65/100点(可)

無難な捕虜陵辱系のストーリーを手短にまとめたデジタルノベル。

CGの完成度やエロさは、前作『立秋』よりも上がっている。が、それとは反対に、エロテキストの淡白さと物語の短さは悪化している。

続きを読む 審問

魔女の鎖

魔女の鎖

ストーリー概要

家庭の事情で寂しい思いをしていたルエは、紆余曲折あって、魔女が住んでいるという塔に訪れる。そしてルエは何故か塔の”魔女”に気に入られ、何故か女装をさせられたまま姦される。ルエはそれをイケナイことだとは思いつつも、寂しさと情欲の疼きから、再び魔女の塔へと赴いてゆくが……。

本作品のシナリオは、ルエと魔女とで8章ずつに分かれており、それぞれの視点から物語が展開していく。

総評 70/100点(良)

まず前提として、本作品の属性は女装ショタおよびフタナリで、しかもショタ受けだということに注意。さらに、同級生(♂)たちが主人公(♂)を姦すシーンもあるので、そのあたりも要注意。

以上を踏まえた上で本作品に悪い意味での偏見がなく、むしろ好物だという方にはガチでおすすめ。ストーリーは荒も多いが、いちおう最後まで興味を持って読めるレベル。エロテキストは心理描写を重視していて、卑語抜きでもエロい。CG、音楽、声優さんの演技も、総合的にみれば良好だ。

続きを読む 魔女の鎖

立秋

立秋

総評 65/100点(可)

独特の雰囲気のある絵で、ひと夏の間、お姉さん(※実姉ではない)との秘密のセックスを楽しむ作品。話は卆なくまとまっている一方、CGの使い方と声優の良さはガチ。この手のネタが好きな方は買いかと。

続きを読む 立秋

BackStage(TJR)

BackStage

ストーリー概要

やる気と実力はあるがなかなか表舞台に立てない俳優志望の主人公 光明。ある日、光明は、尊敬する演出家の先輩 水鏡京香から、舞台出演の依頼を持ちかけられる。
出演を依頼されたのは、JDS――日本の第一線で活躍する現役芸能人たちが集う演劇祭である。光明はあまりの大舞台に戸惑うが、しかしこれは千載一隅のチャンスでもあった。

水鏡と光明は、現役のアイドルや声優、演劇部の女学生、さらには演劇の素人といったユニークな人材を集め、演劇団体『バックセット』を結成。来るべきJDSの舞台に向けて、練習・公演を重ねていくが……。

総評 140/200点(良)

センスの良いコメディ。ニヤニヤが止まらないデレ展開。ストーリー重視なのに魅力的なエロテキスト。登場人物は全員キャラが立っていて、不要な人物は一人もいない。

BackStageは、久しぶりに(18歳以上の)万人に推薦できる良作だった。私的には、”ツンデレ”や”アホの子”、”元気っ子”属性のある紳士へ、特にオススメする。

続きを読む BackStage(TJR)

飼育白書 ~鎖に繋がれた同級生~

飼育白書~鎖に繋がれた同級生~

総評 110/200点(可)

商品説明や画像サンプルを見るぶんには”普通の調教モノ”に見えるが、実は獣姦モノである。それも徹底的な獣姦で、ヒロインは人間としてではなく家畜として扱われる。一個の性癖や趣向に特化した作品なので人を選ぶが、その道のマニアにとっては名作級の作品となり得るかもしれない。

続きを読む 飼育白書 ~鎖に繋がれた同級生~

春色桜瀬

総評 100/200点(可)

ハイレベルの演出、音楽、システムの良さが光る作品――だが、それら全ての功績を、愚にも付かない最低のシナリオが台無しにしてしまっている。

制作者は、ちゃんとプロットを組んで、こんなシナリオを書いたのか。私がこれを読む限り、アイディアを思いついた端から詰め込んで、やっつけ仕事を仕上げたようにしか思えない。プロとしてはまったく話にならない、お粗末なシナリオ構成だ。

続きを読む 春色桜瀬

彷徨う淫らなルナティクス ~月の姫お伽草子~

彷徨う淫らなルナティクス~月の姫お伽草子~

ストーリー概要

アロイスとエーファは、同じ国の王子と姫君。ある晩、エーファは魔女の王妃リヒテリにそそのかされて、愛する兄王子アロイスと寝所を共にした。

だが後に、彼らの相姦は、リヒテリの密告により国王に発覚。アロイスとエーファは、リヒテリがかけた『ヤーヌスの呪縛』により、心と体を一つに縛り付けられ、昼と夜でお互いの心と体が入れ替わるようになる。
互いに触れ合うことも言葉を通わせることも封じられたまま、二人は王族としての地位を奪われ、国外へ追放されてしまう。

アロイスとエーファは、二人の呪いを解くため、どんな願いでも叶えてくれるという魔女ヨランデを頼るが……。

総評 135/200点(可)

『彷徨う淫らなルナティクス』の内容を端的に示せば、”ヤンデレな妹姫と兄王子が、二人の呪いを解くために、魔女の弟子や奴隷になって迷走する“話といえる。陵辱はあるといえばあるものの、結局は和姦っぽく落ち着く。

本作品は、他のLilithブランドにありがちな過激なエロばかりを期待してプレイするのは止めたほうがいい。だが、官能的な読み物として楽しむぶんにはけっこう面白い。ヤンデレや残酷童話好きにはオススメできる。

続きを読む 彷徨う淫らなルナティクス ~月の姫お伽草子~

タユタマ レビュー

タユタマ

総評 120/200点(可)

原画、声優さんの演技が秀逸な作品。シナリオは部分的にみれば面白いと感じられるものの、全体的にみれば杜撰である。『タユタマ』を料理に喩えるなら、ありったけのスパイスを考えなしに注ぎ込んだカレーみたいなものだと思う。

続きを読む タユタマ レビュー