鋼殻のアイ ~潜在意識へのメス豚刻印~

鋼殻のアイ~潜在意識へのメス豚刻印~

攻略はこちら

レビューと評価 140/200(良)

組織犯罪強襲部隊の上級捜査官である藤崎愛は、班長(宮村由香里)の指揮の下、国際的な人身売買組織サクリファイスを追っている。愛は、捜査のため上流階級が集うパーティに潜り込むが、そこでサクリファイスの罠にはめられてしまう。囚われの身となった愛は、組織の重要人物である調教師Xの手によって、潜在刻印によるメス豚調教を施される。

機械責めを重視した戦闘ヒロイン調教もの。いつもの黒リリス作品と比べて、マニアックかつグロテスクな内容だった。

ストーリー展開やエロシーンの作りに大雑把なところもあるが、全体的には良い出来だ。機械責めのほかに、口淫・精飲、快楽系の輪姦、アナル系のエロシーンが好きなら、十分満足できる作品だと思う。

1. エロシーン総論

両手を拘束され、口を犯されるアイ

本作のエロシーンの7割は、愛単独だ。愛以外の単独シーンは全体の1割未満。他は、愛と他ヒロインを交えた複数プレイになっている。

エロの傾向は、いつものBlack LiLiTHと比べて、ずいぶんとマニアックだ。他所の作品でもお目にかかれないようなエロシーンが目立ち、また、流血をともなうグロテスクな場面も複数ある。

処女喪失時の秘所はあからさまに血塗れで、痛々しい。性交中に相手を殺害する場面では、切り裂かれた肉体から飛び散る鮮血が、性交中の一枚絵にはっきりと描かれている。

序盤のエロシーンついては、1本に様々な要素を詰め込みすぎた嫌いがある。1本のエロシーンで1個の責めに特化せず、次々と別の責めが追加されていく。そういう演出自体は悪くないのだが、個々の責めがあまり丁寧に描かれていないのが問題だ。

展開が性急で、男は早漏。たいして盛り上がらないうちに、途中で画面暗転して「長時間が経過した」と演出されても、釈然としない。また、こちらの性的興奮が十分でないのに、男達にさっさと射精されてもつまらないのだ。

しかし中盤以降は、段々と丁寧な描写になっていく。ようやく潜在刻印の真価が発揮されたこともあって、プレイヤーのエロシーンを観る目も変わってくるだろう。マニアックなエロシーンを適当に詰め込んだような序盤さえ乗り切れば、本作の一番美味しいところを堪能できる。

2. エロシーン各論

乱交する舞

エロシーンは、機械責めを重視。他には、口淫・精飲、輪姦・乱交、アナル関係を重視している。

機械責めでは、人間の男も参加して責めることはほとんどない。無骨な有線バイブで責め立て、マジックハンドで乳房を揉みしだき、針で局部を刺し、電気で責める。

監禁中の食事は精液や流動食で、開口具とチューブを通して強制的に食べさせる。人体改造も行われるが、これに関しては肉体的な改造よりも精神的な改造のほうが印象的だった。

口淫・精飲は、一度射精されてからがむしろ本番である。精液塗れのペニスのお掃除や口内に残った精液のごっくん、さらに多くのペニスを貪るなど、なかなか凝った内容だ。射精以前には、チンカス掃除や皮剥きもある。

輪姦・乱交は、快楽寄りで、嫌悪感はかなり弱めだ。無理やり系が好きな方には、まず向いていないだろう。快楽系や肉便器のシチュエーションが好きなら、そこそこ使えるかもしれない。

アナル関係は、ビジュアル面で恵まれている。肛門を自ら拡げてみせたり、ペニスを出し入れして拡がった無修正の肛門を何度も見せてくれるのが嬉しい。排便を我慢させたり、腸内に異物を詰め込んで犯す場面もなかなか良かった。

ただ、排泄物の見た目はもっと工夫してほしい。あんなの、切られる前の沢庵にしか見えない。コンニャクとともに噴出する場面も、一気に出し過ぎである。

3. 終わってみれば、なかなか良かった

ストーリー展開は、序盤が雑すぎるので、途中で読み進めるのを止めたくなった。愛は、エロシーンでは毎度快楽に溺れるが、その後はまた反抗的な態度に戻る。そのギャップはとても滑稽なものだ。この繰り返しでサクサクと話が進んでいくので、このまま行けば達成感に欠ける展開だと思えた。

しかし、序盤を耐えて中盤まで読み進めると、愛の置かれた過酷な状況を真の意味で理解できる。調教師Xに逆らうことができず、味方からも疎まれ、四面楚歌の状況に苦悩する愛の姿には、嗜虐心を唆られた。

今作では、『対魔忍ユキカゼ』や『堕ちる人妻』と違って、真エンディングにしっかりとオチがつけられいる。それでいて、次回への架け橋もちゃっかり架けられている。

続編を意識したエンディングとしては、かなり頑張ったほうではないか。実際に続編が作られるかどうかは分からないが、次回を期待できる終わり方だった。

  • 総合評価 140/200点
  • シナリオ 35/60点
  • グラフィック 65/80点
  • 音声 30/40点
  • システム 10/20点

エッチ内容について

エロシーンの詳細

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 鋼殻のアイ ~潜在意識へのメス豚刻印~
ブランド Lilith
発売日 2012年02月24日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋

※本作には、完全版があります。