姦白宣言

姦白宣言

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

本作のあらすじ
園田財閥の園田総帥が危篤となり、主人公(藤堂)は次期総帥候補の一人に選ばれた。園田財閥では未だ園田家の影響が強いものの、次期総帥は実力で選ばれることになっている。藤堂は他の候補者を蹴落とし、ヒロイン達を牝奴隷に貶めていく。

レビューの要旨
政争劇としてのストーリー性と、監禁調教のエロさが両立した作品。ただし、自力攻略は非常に面倒くさいので、攻略チャートを参考にするなりセーブデータを当てるなりしたほうがいい。

エロシーンの属性
監禁拘束プレイを重視。拘束具にこだわりがある。浣腸、フィスト、輪姦なども。

目次

  1. 3つの面白いポイント
  2. パターン化されたエロシーン
  3. 作業的なゲーム性
  4. 総評

1. 3つの面白いポイント

百合

本作は、細綱を渡るような緊張感のある政争劇が面白い作品だ。主人公の藤堂は、総帥となるための試練をクリアしつつ、他の候補者を蹴落としていく。

しかし、対立候補は無能ばかりではなく、園田理事長や荒井理事のような一癖ある人物もいる。また、総帥代理の百合は女子学生ながら油断ならない少女だ。不正を取り締まる百合の追求を何とか躱しながら、対立候補の妨害も排除しなければならない。

選抜戦を有利に進めるために、藤堂はヒロインを監禁調教する。本作の監禁調教は、快楽調教ではなく拷問に近いものだ。暗い地下室に何日も閉じ込めて調教し、心身ともに衰弱させる。ヒロインは堕ちきるまで快楽を感じることなく、ひたすら苦痛に喘ぐ。快楽調教系の喘ぎ声が「おほぉ! いぐぅ!」なら、苦痛系である本作の場合は「あがっ! ひぎぃ!」という具合である。

この監禁調教の唆られるところは、ずばり洗脳だ。洗脳といっても、『監獄戦艦』のように機械的に改造するわけではない。本作のヒロインは共通して、何らかの依存心が強い。藤堂は、監禁されて衰弱しきったヒロインの心の隙間をついて、彼女たちの依存の対象を自分に上書きしてしまうのだ。

ハーレムルートでは、藤堂に心酔した牝奴隷達が、ご主人様を取り合うように快楽を貪る。それまでの緊張したストーリーからすると、消化試合のような流れである。

しかし、ここで面白いのは立場の逆転だ。といっても、藤堂と牝奴隷の主従関係が覆るわけではない。逆転するのは、牝奴隷どうしの格付けだ。牝奴隷に堕ちる前のヒロインの社会的身分を考えると、この覆りっぷりには感慨深いものがあった。

2. パターン化されたエロシーン

奈菜

4人のヒロインのエロシーンは、実用性自体は悪くないものの、ある程度パターン化されている。

個別のエロシーンは、処女喪失、アナルセックス、口淫(お掃除、イラマチオ等)、監禁拘束、大量浣腸(排泄無修正)、フィスト、輪姦を必ず含む。各々のプレイの順番も大体決まっている。そのプレイの後なら次は浣腸だな、というふうに予想がつく。そのため、調教シーンには意外性がほとんどないという点が少し残念だ。

監禁拘束で用いられる拘束具には、こだわりを感じる。開口具、全頭マスク、目隠し、アームグローブ、ボールギャグ、首輪、拘束椅子など、様々な種類の拘束具が用意されている。身動きできないまま犯すだけでなく、長時間放置したりもする。拘束具フェチには、とてもオススメできる内容だ。

大量浣腸する場面では、必ず排泄シーンがある。浣腸した状態でアナルを犯す場合もある。浣腸は液体浣腸のほか、挽肉を詰めることもある。排泄物は基本的に液状で、無修正だ。

輪姦はサプライズとして行われるので、事前の同意はない。ヒロインは輪姦ではあまり感じないようなので、快楽系の輪姦ではないところが良い。

どのヒロインにも乳首ピアスをつけられるが、つけないこともできる。ピアスを乳首に突き刺すエロシーンはない。奈菜と美咲のピアスはリング型、百合と吉乃はネームプレート型だ。

3. 作業的なゲーム性

吉乃

シナリオはほぼ一本道なのに、ゲーム性は非常に作業的である。当サイトの攻略チャートを見れば分かるように、本作ではエンディングを回収するために、かなり前の段階まで遡ってプレイする作業を繰り返す必要がある。

また、射精選択による差分は、回想で回収できない仕様だ。すべての差分を埋めるためには、本編中で回収する必要がある。一部の差分は、気づきにくい選択肢の組合せのなかに埋まっており、自力でコンプリートするのはかなり面倒な作業になりがちだ。

4. 総評

ストーリー性とエロは好印象だが、作業的なゲーム性でいくらか台無しになっている。もっとも、自力で攻略しないなら、作業感はだいぶマシに感じられるだろう。その場合は、私が感じたよりもずっと良い作品に思えるかもしれない。自力攻略しないことを前提に、政争劇と拘束プレイが好きな方にはかなりオススメできる。

  • 総合評価 155/200点
  • シナリオ 45/60点
  • グラフィック 65/80点
  • 音声 35/40点
  • システム 10/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 姦白宣言
ブランド つるみく
発売日 2012年6月15日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋