LEWDNESS ~Vita sexualis~

LEWDNESS ~Vita sexualis~

攻略はこちら

Summary 145/200(良)

本作のあらすじ
Sexual Misconduct(淫行)禁止法により、生殖目的以外の全ての性行為が禁じられた世界。主人公(百合亜)は、お姉様(美咲)にヌード写真を撮られた咎によって逮捕されたが、誠憐学園への編入を条件に釈放された。誠憐学園は、SM禁止法に違反した娘たちを”令嬢”―権力者に仕え性の奉仕を担う存在―として教育するための学園である。百合亜は”令嬢”とは何かをよく知らないままに入学し、”令嬢”として日々調教されていく。

レビューの要旨
シナリオが中途半端で不完全燃焼。『STARLESS』のような濃厚さを期待していると、肩透かしを食らう。だが、『STARLESS』と比べなければ、それほど悪い出来でもない。

エロシーンの属性
スカトロ、レズ、女装少年などを重視。排泄管理や貞操帯プレイもあり。BDSM要素はひと通り揃っている。

目次

  1. 排泄管理される令嬢調教
  2. 調教の裏側で
  3. 中途半端なテーマ性
  4. 総評

1. 排泄管理される令嬢調教

sample008

誠憐学園における調教は、羞恥プレイによって自尊心を削ぐのが基本だ。令嬢たちは貞操帯を身につけ、排泄を管理され、淫らな格好で登校させられる。学園では生徒達の環視のなか、排泄や性処理を強要される。ヒロインを辱めることにこだわった、フェティッシュな調教内容だ。

エロシーンは、スカトロシーンがかなり充実している。ヒロインはアナルプラグによって毎日の排泄管理をされた上で、排泄したい場合には、教師や一部の生徒に懇願しなければならない。それから、排泄は原則として見世物的に行われる。浣腸シーンが豊富であり、ヒロインどうしの肛門がチューブで連結されることもある。学園から帰って寮で排泄する場合には、トイレではなくオマルを利用させられる。しかし、これだけスカトロが充実しているにも係わらず、排泄物には濃いモザイクがかかっているのは残念なことだ。

スカトロ以外では、スパンキングや鞭打ち、機械責め、輪姦が目立つ。

調教時のテキストは、『STARLESS』と比べると淡白に感じる。『STARLESS』が強烈な臭味と甘味の両方を持つ極上のドリアンだとすると、本作のテキストはスーパーの朝市で売られているバナナのようだ。黒い斑点がつくほど熟してはいないので、味わいは淡白で、あっさりしている。『STARLESS』ほどに濃厚な描写を期待していると、がっかりするかもしれない。ただ、あくまで『STARLESS』と比較した場合の話なので、一般的な抜きゲーと比べるぶんにはずいぶんと濃いほうではある。

2. 調教の裏側で

sample007

ヒロインが日々の調教を耐えぬく心の支えを最後まで持っていることは、ひょっとすると、調教ものとしての本作に悪影響を与えているかもしれない。

自尊心を傷つけられたヒロインは、夜毎、互いを慰め合う。調教・凌辱時には出来る限り互いをフォローし合い、何とか乗り切っていく。その過程で友人以上の感情も芽生えてしまい、最終的には(女装少年も含めた)バイ・セクシャルな関係さえ築かれてしまう。

学園の調教は自尊心を削いで快楽への抵抗を無くすために行われるが、これでは自尊心を完全に削り取ることには失敗しているのではないか。もっとも、”どんなに調教されても挫けないヒロイン像”を描きたかったなら、それはそれで一貫性があることだし、単純に失敗だとは言い切れない。しかし、プレイヤーがそういうヒロイン像を調教ものに求めていない場合、このことは中途半端な印象を与える要因になってしまうだろう。

3. 中途半端なテーマ性

本作は抜きゲーでありながら、主張の強い作品である。登場人物たちのSM禁止法や学園に対する反応から読み取るには、

もっともらしい理由をつけて人の欲望を規制する法律を、無批判に受けれていいのか? 犯罪者だからといって、どんな非人道的な罰を与えても許されるのか?

ということがテーマになっているようだ。

実際、序盤から中盤にかけては、こうしたことが真面目に考えられている。しかし終盤となれば、ヒロインは将来仕えるご主人様の件で悩むようになるため、何故かそれまでとは微妙に方向性の異なる展開になっていく。

エンディングを迎えても、テーマ的には何も解決していない。ここまでディストピア社会に対する批判を投げかけておきながら

ネタバレ

という終わり方では納得いかない。

物語の決着をあくまでヒロインの周囲に限定するのであれば、テーマ性もヒロイン個人レベルの問題にとどめておけば良かったのだ。すべてのエンディングをみれば、SM禁止法や学園の謎も明らかになる。しかし、そこから先への展望が、絵空事一つで片付けられているので、どうにも不完全燃焼な感じが拭えない。

4. 総評

個性のある一枚絵と、レベルの高いCVと音楽に支えられ、何とか良作の水準には達している。1~3では、不満を感じたことばかり書いてきたが、シナリオの完成度は不可というほど低くはない。ただ、不完全燃焼なエンディングと、要所の中途半端なつくりをみると、本作を手放しに褒めるのは難しい。これだけマニアックなエロシーンばかり揃えたなら、真面目なテーマや変化球的な同性愛には手を出さず、もっとストレートにエロだけで勝負していれば良かったのではないかと思う。

  • 総合評価 145/200点
  • シナリオ 25/60点
  • グラフィック 70/80点
  • 音声 35/40点
  • システム 15/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル LEWDNESS ~Vita sexualis~
ブランド Empress
発売日 2012年6月22日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋