白濁淫乳カルテ ~精液注射レッスン~

白濁淫乳カルテ ~精液注射レッスン~

総評 60/100(可)

ロリっ子女医看護婦孕ませ輪姦もの。

シナリオとアニメーションの質は、ともに前作『姦禁少女 ~生挿入地獄~』から劣化(※ 続編ではない)。価格は据え置きなのに、データ量は前作比0.6倍に低下している。総合評価は60点に落ち着いたが、最近のクレージュAの作品としては底辺の出来だ。

シナリオ 5/30点

患者が女医と看護婦を輪姦し、孕ませる、という内容。物語を始める前に、玲かみゆのどちらか一方のヒロインを選択し、各々のルートを”鑑賞”する。選択肢は『中に出すか、外に出すか』というのが一つだけあるが、どちらを選んでも結末は変わらない(※ 差分回収のみ)。

『白濁淫乳カルテ』は『姦禁少女』と同じく超短編作品だが、その超短編のなかで2人のヒロインを登場させたのが不味かった。ヒロインの性質や経歴が十分に認識されないうちに、いきなり強姦されて「はい、堕ちました」ではつまらない。

エロの内容についてはテンプレ的で、エロテキストはまあまあ。好みのプレイがあるなら、そこそこ使えるかもしれない。

グラフィック 20/30点

エロシーンは、全8本。その内訳は、玲(3)、みゆ(3)、玲&みゆ(2)となっている。

アニメーションは、前作と違って、立ち絵が動かなくなった。イベント時のエロアニメーションの動きは、前作よりも滑らかさに欠ける。腕や手の動きが大きくなったが、関節の動きがだいぶ不自然で、ぎこちない。

だが、CGの絵柄自体は今風で、かなり上手いほう。塗りも相変わらず綺麗だし、立ち絵のクオリティも他作品と比べて悪くない。

修正は、前作と同じく超極薄。アナルは無修正。

音楽・声優 20/20点

声優さんの演技、BGMともに不満なし。

水瀬沙季 みゆ 湖月紅れ葉

システム 15/20点

基本システムは、『姦禁少女』と同じ。特に使いづらいところはない。

エッチ内容について

エロシーンの詳細

作品情報

タイトル 白濁淫乳カルテ ~精液注射レッスン~
ブランド ソフトさーくるクレージュ
発売日 2008年12月15日
ダウンロード販売 DLsite DMM