かがち様お慰め奉ります ~寝取られ村淫夜噺~

かがち様お慰め奉ります

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

本作のあらすじ

隆彦と愛美は仲睦まじい夫婦。だが、隆彦は、故郷の淫靡な風習にトラウマを持っており、愛美をそれに参加させたいと思うようになった。その風習とは、かがち様に扮した村の男達によって、村の女達が犯される『かがち様遊ばせ』と呼ばれるもの。女が「かがち様、お慰め奉ります」と口にしなければ挿入はされないが、挿入以外は特に禁じられていないようだ。

レビューの要旨

「寝取られ」ではなく、実は「寝取らせ」中心の作品。伝統的な「寝取られ」にこだわらなければ、テキストもグラフィックも秀逸に思える。「寝取らせ」も「寝取り」も「寝取られ」も全部好きな方には、かなりオススメ。

エロシーンの属性

緊縛した状態での責めと、だらしないからだの義母との和姦が基本。輪姦・乱交もあるが、1人の女の全穴を酷使するようなプレイはない。

目次

  1. 寝取らせ、寝取られ、寝取る
  2. エロシーン
  3. 総評

1. 寝取らせ、寝取られ、寝取る

サブタイトルには『寝取られ村淫夜噺』とあるが、これはまったくの偽りではないにしても、誤解を招く表現である。本作は、寝取られに特化した作品ではない。本筋は寝取らせであり、それに寝取られ、寝取りの要素が加味された内容だ。

1-1. 寝取らせ

あらすじにも書いたように、愛実が村の男達に抱かれるのは、夫である隆彦の要望だ。

しかし、愛実は、その事実を知らない。愛実は、隆彦に他の女(特に彩花)を抱かせないために、どうか隆彦に村の風習を伝えないでほしい、と義父の長太郎に頼む。そのかわりに、自分はこの風習を受け入れることに同意する。

一方、隆彦は、愛実を差し出したかわりに、昔の想い人である義母の彩花を思う存分抱けるように取り計らわれる。長太郎は、愛実との約束を守る気はなかったのだ。

こうして、父と息子の妻交姦が成立した。彼らは互いの交姦模様を覗き、報告しあい、最愛の妻を寝取られるという激しい怒りと快楽を貪っていく。

愛実も彩花も、はじめのうちは快楽に抵抗する。特に愛実は隆彦に義理立てる気持ちが強くて、必死に抗う様子が愛らしい。彩花はもともと隆彦と両想いだったが、一線を超えてはならないと我慢する。しかし、何度か行為に及ぶうちに、快楽の虜になってしまうのはお約束だ。

二人とも、交姦相手のペニスにそれぞれの良さを見出しているところが良い。貞操観念の強い若妻が、義父や権造の荒々しい巨根に生唾を飲む一方で、調教済みの熟れた義母は、息子の若いペニスにかえって魅力を感じるのだ。自分の夫とは違うタイプの快楽に酔ってしまい、不倫にはまっていく二人の様子はとてもエロい。

1-2. 寝取りと寝取られ(ややネタバレ)

本作は、選択肢を選ぶ行為に臨場感がある。普通の作品だと、選択肢を選ばされている感があり、作品によってはどの選択肢を選ぼうが結果は同じということさえある。しかし本作の場合、選択肢を提示する前に、そういう選択をするに至った隆彦の思考過程が、ちゃんと描写されている。選択肢と前後の状況の因果関係が明白なので、ある程度の根拠を持って選ぶという能動的な選択を行いやすい。

このことは、寝取りや寝取られという展開にはよく調和する。

本作の序盤から中盤にかけては単なる寝取らせものだが、選んできた選択肢によっては、終盤は寝取り、寝取られの展開になる。これまで互いの性癖のために協力してきた親子が、本気で相手の妻を寝取りにかかったりするわけだ。

能動的な選択によって寝取りにかかったあげく、逆に寝取られる悔しさを想像してみてほしい。寝取りが成功するにしても、失敗のリスクがあるほうが楽しいはずだ。

また、誰か相手に寝取らせるにしても、その状況を自分でコントロールしている感覚は寝取らせの醍醐味といえる。そもそも自分の意思が介在しているから”寝取らせ”なのであって、一方的に寝取られるのは、もはや単なる”寝取られ”にすぎないからだ。

2. エロシーン

愛実と彩花の単独エロシーンは、どちらも趣向が異なる。

愛実は、たいていの場合、緊縛されて身動きできない状態にされる。その上で、長太郎や権造、村の男達(子供も含む)に犯される。彩花と比べると、だいぶアブノーマル志向だ。

私が一番好きなシーンは、目隠しされた愛実が身動きできないまま、ウナギがうごめく巨大金魚鉢のなかに放り込まれたシーンだ。得体の知れないものに恐怖する愛実の様子を、観客の老人どもが皆して囃し立てる構図がたいへん宜しい。

一方、彩花のエロシーンは、基本的に隆彦との和姦だ。義母のだらしなく崩れたからだを、妻のいない間にじっくりと堪能できる。

私は、彩花のフェラシーンが絵面としては一番好きだ。勃起したペニスを下着越しに見つめ、もう自分を抑えきれないというあの表情。言葉遣いこそ穏やかだが、内心は獣欲一色という感じが堪らない。

愛実と彩花の両方が登場するシーンは、ろくでもない(褒め言葉)。その頃にはもう2人とも堕ちきっているので、貞淑さはほとんど感じられない。蕩けた表情で、台詞にハートマークをつけ、よがりまくる2人の淫売がいるだけだ。

3. 総評

寝取らせものとしてはともかく、寝取られものとしては賛否ありそうなところ。「寝取らせからはじめて、寝取ろうと思ったら寝取られた」という展開は、だいぶ変則的だ。伝統的なフォーマットでストレートに寝取られを表現してはいないので、人によっては「どこが寝取られなのか」と憤慨することになるかもしれない。伝統的な寝取られ以外を求めていないなら、本作は避けたほうがいいだろう。

しかし、寝取らせも寝取りも寝取られも全部イケる、むしろ一度に楽しめるならお得と思えるなら、本作は相性が良い。さらに、すめらぎさんの描くむっちりとした女体も好きなら、ぜひ購入するといい。

  • 総合評価 155/200点
  • シナリオ 40/60点
  • グラフィック 75/80点
  • 音声 30/40点
  • システム 10/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル かがち様お慰め奉ります
ブランド ORCSOFT
発売日 2013年8月9日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋