装甲戦姫プリズムレイカー ~正義のヒロイン屈辱の洗脳催眠調教~

装甲戦姫プリズムレイカー~正義のヒロイン屈辱の洗脳催眠調教~

本作は選択肢がない一本道なので、攻略チャートは作成していません。

レビュー

ヒロインは、レイカー(初音)とシャイン(光)の2人姉妹。エロシーンはレイカー中心で、シャインのものはほとんどない。

洗脳は機械式。拘束椅子に座らされ、怪しげなヘッドギアや電極を取りつけられて洗脳される。洗脳は一回では終わらず何度か行われるが、それらのシーンに用いられる一枚絵は使い回しだ。洗脳をウリにした作品のわりに、洗脳シーンのテキストは淡白で、尺も長くない。

メインとなる催眠洗脳(催眠と洗脳は明確には区別されていない)は、常識の書き換え。書き換えた内容は、要するに「悪の怪人を倒すためには、自分の体を張って、怪人に限界まで射精させなければならない」というものだ。

このことについて、ヒロインは初期の催眠洗脳段階から大した疑問を抱かない。だが、多少の理性は残っているようで、ある程度の羞恥や嫌悪感に染まった表情を見せてくれる。

エロシーンには、短編でありながらもいろいろな属性が詰め込まれている。機械責め(くすぐり、洗脳)、イラマチオ、アナルセックス、露出浣腸、拘束輪姦などがある。シナリオ前半では密室内でダムドに犯されていたが、後半は街に連れて行かれ、守るべき人々にさえ辱められることになる。

シャインが洗脳されるのは、そろそろエンディングというタイミングになってから。洗脳シーンを除けば、あとは姉と一緒に犯されるシーンしかない。

肉体への改造の成果として、レイカーは母乳が出るようになり、シャインはクリトリスが細長く肥大化する。媚薬漬けにもされており、肉体は快楽に対して敏感だ。ピンポイントの作品らしく、台詞の語尾に♥をつけてよがりまくる。

本作には、基本CGがたったの10枚しかない。しかし、差分の変化は豊富であり、質的には満足できる出来に仕上がっている。

本作に洗脳や改造の過程を求めるならオススメできないが、エロシーン集としてはまあまあな作品だと思う。

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 装甲戦姫プリズムレイカー
ブランド ピンポイント / キングピン
発売日 2013年08月30日
ダウンロード販売 DLsite DMM