彼女は誰とでもセックスする。

「彼女は誰とでもセックスする。」の商品画像

攻略はこちら

レビュー 75/100(良)

和弘が告白した地味な少女(恵梨香)は、実は色情狂の尻軽女だった。恵梨香は和弘に、自分が和弘以外の男とセックスしている様子を撮影してほしいと頼んだ。ただし、和弘とはセックスしないという。和弘自身もどうやら寝取られ性癖の持ち主らしく、二人の歪んだ関係は夏の終わりまで続いていく。

要は、好きな娘が他の男とセックスしている様を間近で勃起しながら観察しているだけ、というシチュエーションに特化した作品だ。

エロシーンは和弘目線で、リアルタイムに描かれる。しかし、現在進行形で寝取られている和弘の心情はあまり表に出てこない。シーンによっては、ほとんど三人称と変わらないテキストだ。題材は寝取られ的なものに特化しているが、テキストはそれを十分に表現できていない。

ビジュアルは、近作と比べるとやや薄っぺらさを感じる。構図の目新しさもない。だが、肉体のボリューム感と下品な演出というORCSOFTの特徴は最低限押さえられている。

恵梨香の態度は、接する相手によって変わる。地味で大人しい少女として奉仕することもあれば、変態の格安売女として売春することもある。恵梨香とセックスする男達は、学校の職員、ヤクザ、肉体労働者、年端もいかない少年など様々だが、立派な持ち物を持っているという点では共通している(ただし、エロシーンの尺のせいか早漏気味)。

エロシーンでのプレイは、抜きゲーとしてはノーマルなほう。アナルセックス、目隠しセックス、イラマチオ、宙吊り拘束スパンキング、乱交などあり。射精は口内・膣(腸)内が基本だ。口にいっぱい出された後には、お掃除フェラをすることもある。

本作を近作と比較した場合は物足りなさを感じるものの、二千円未満の商業同人作品としては十分満足できる。

  • 総合評価 75/100点
  • シナリオ 10/30点
  • グラフィック 30/30点
  • 音声 20/20点
  • システム 15/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 彼女は誰とでもセックスする。
ブランド ORCSOFT
発売日 2014年08月01日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋