雨恋

「雨恋」のパッケージ画像

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

本作のあらすじ
官能小説家である主人公は、初恋相手(一志瑞穂)をモデルにした小説の続編を執筆するため、彼女との思い出が眠る勝見集落へ帰郷することにした。主人公は瑞穂の民宿に泊まるつもりだったが、彼女はすでに亡くなっていた。元民宿では瑞穂の娘(瑞希)が一人暮らしをしており、瑞希と性交し気に入られた主人公は、彼女の好意で泊めてもらうことになった。

レビューの要旨
ヒロインはまるですり込み済みの雛鳥のように主人公を慕ってくる。序盤の展開は雑だが、中盤以降は安定している。美麗なグラフィックで描かれた濡れ着衣100%のエロシーンは、やっていること自体はノーマルだが、テキストからねちっこいエロさが伝わってくる。

エロシーンの属性
濡れ着衣プレイに特化。半裸あり、全裸なし。セーラー服、ブルマ、浴衣などを着用。ノーマルなプレイばかりで、フェラシーンがやや多め。

目次

  1. 雛は親鳥の真の伴侶となるか
  2. 濡れ着衣オンリーなエロシーン

1. 雛は親鳥の真の伴侶となるか

出典:Noesis『雨恋』
瑞希の台詞
初対面の男とこれである。

唯一のヒロインである瑞希は、まるでインプリンティングされた雛鳥のような少女だ。

大雨の日、主人公にあっさり処女を捧げて以来、瑞希は着衣のまま水に濡れると(あの日のことを思い出して)彼に欲情してしまう娘になった。なぜか彼女は主人公に心底惚れており、長期滞在中の彼に甲斐甲斐しく尽くす。その一方で、彼の嫉妬心を煽って自分に気を向けようとするくらいには幼さのある少女だ。もはや彼なしの生活は考えられないようで、親離れできない子どものように、主人公を自分の傍に置きたがる。

主人公のほうはといえば、彼は瑞希に初恋相手(瑞穂)の面影を重ねている。主人公にとって瑞希は恋人のような存在だが、同時に瑞穂の代替的存在でもある。このことは、彼が執筆した瑞穂をモデルとした小説の続編の構想からもうかがえる。彼は瑞希を愛しているが、しかしそれは、かつて実らなかった初恋をもう一度やり直しているだけかもしれないのだ。

Noesisらしく、実にメロドラマ的なストーリーだ。シリアスな内容のわりに序盤の展開が無茶苦茶だが、同ブランドのファンなら「いつものNoesis」と割り切れる程度だろう。中盤以降は、”シリアスな萌抜きゲー”とでも言うべき無難な展開に徹しているので、大きく破綻することはない。

プレイヤーは最初あまり深く考えず、雛鳥にとっての親鳥として――それ以上に年長の恋人として、少女の瑞々しい肉体を思う存分に舐ればいいのだ。彼女は貴方のためなら何でもするだろうし、時々貴方を恋しく思うがゆえに甘噛みするような態度を見せてくる。濡れた状態で貴方を誘惑し、感じやすいからだを常に上から目線の貴方に委ねてくる。

そうして最終的に、主人公が少女のなかに見るのは誰か。それ次第で胸が痛くなる結末を迎えるかもしれない。雛鳥は盲目的なほど慕い、こちらも彼女を大切に思っているから、その責任について考えざるを得ないのだ。

2. 濡れ着衣オンリーなエロシーン

珈琲貴族さんの絵は、全裸よりも半裸、半裸よりもズラした着衣のほうがエロく感じられる――異論はもちろん認めるが、少なくとも本作に限っては半裸・着衣のエロさこそが大正義なのだ。

生まれたままの姿に欲情するなど、野生の猿に欲情するのと大して変わらない。しかし、だからといって、ただ全部を脱がさないだけでは面白味に欠ける。

そこで、濡らすのだ、服を。

セーラー服を濡らし、体操服を濡らし、浴衣を濡らす。濡れて皮膚に貼りついた布地に注目し刮目する。磨き上げた卵のような素肌を、厚手のオブラートで包み込んだような質感がたまらなくエロいではないか。

出典:同上
濡れた浴衣
濡れ具合が美しい。

このこだわりは、ビジュアル的なエロさだけにはとどまらない。そもそも序盤の無茶なシチュエーションでの初エッチは、このエロさにストーリー展開上の意味を与えるためにあったのだと思われる。瑞希はそのときの体験から濡れると性欲が増してくるから、濡れた状態でのエロシーンばかりを抜き取っても、さほど不自然には感じない。

エロシーンは、やっていること自体はとてもノーマル。膣挿入と口淫、パイズリくらいしかないが、テキストからは『ラブesエム』に似たねちっこさが感じられたので、十分実用的だった。

  • 総合評価 155/200点
  • シナリオ 35/60点
  • グラフィック 70/80点
  • 音声 35/40点
  • システム 15/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 雨恋
ブランド Noesis
発売日 2014年08月08日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋