いいなり!催眠彼女 ~隷属洗脳・生ハメ性活!!~

いいなり!催眠彼女の商品画像

攻略はこちら

レビューと評価 65/100(可)

ヲタクの主人公は、匿名掲示板の『催眠術の掛け方を教えろください』というスレッドで、怪しげなzipファイルを入手した。中に入っていた催眠mp3を妹の斉藤静香に聞かせてみたところ、効果覿面だった。気をよくした主人公は、以前から憧れていた同級生の伊藤恵に催眠術をかけ、抵抗できない彼女をレイプする。

『いいなり!催眠彼女』の催眠は、大きく分けて2段階で効果が現れる。第1段階は肉体の自由を奪われるが自我はあるという状態で、第2段階では心まで淫乱に狂ってしまう。ストーリーの前半は第1段階の状態で強姦し、後半は第2段階に移行する流れだ。

静香と恵は最終的に快楽に墜ちるが、それは調教の成果ではなく、催眠の支配力を強めた結果である。調教によってじわじわと肉体を開発していく楽しみはないので、過程にこだわるなら注意してほしい。

エロシーンのテキストは全体的に短尺。テキストを読んでいて呆れるのは、語彙と表現の貧しさだ。例えばアナルプレイでは、肛門・腸内・腸壁などをまったく区別せず、全部「アナル」で統一して連呼してしまっている。校内や野外でエッチすることが多いが、誰かに見つかるかもしれないという緊張感はまったく感じられない。表現に頭を悩ませずに、片手間で書いたかのような文章である。

『いいなり!催眠彼女』の動画は、これまでの作品と比べて、口元の表現にフォーカスしている。本作では、「口淫時に口元が裂けてみえる」というクレージュA作品共通の欠点がだいぶ改善されている。

キス等の舌の動きを表現することにも積極的であり、その際には顔がクローズアップされることが多い。舌の動きは、ほぼ正面からみた場合には違和感が小さい。しかし、横からのアングルでは、表情との連携がうまく取れておらず、ややシュールな絵面になっている。表情があまり豊富でないヒロインや、のっぺらぼうの主人公の顔がアップされていることがまずかったのだろう。

本作の動画は、『JC拉致監禁レイプ』あたりと比べると不満を感じるが、何だかんだでクレージュAの標準レベルには達していると思う。行為後の体の痙攣や、精液や母乳、小便などの液体表現については良く出来ているし、新しい表現に挑戦する気概も感じられる。

だが、気概もなければクオリティも低いシナリオに足を引っ張られているのが痛い。単なるエロ動画集として買うならともかく、ADVとしての購入はおすすめできない。

  • 総合評価 65/100点
  • シナリオ 05/30点
  • グラフィック 30/30点
  • 音声 20/20点
  • システム 15/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル いいなり!催眠彼女 ~隷属洗脳・生ハメ性活!!~
ブランド ソフトさーくるクレージュ
発売日 2013年10月11日
ダウンロード販売 DLsite DMM