淫妖蟲 外伝(1~3章)

この記事では、淫妖蟲外伝1~3章をまとめてレビューしている。個別のレビュー記事を作らないのは、各章ごとの内容が薄すぎて、1本ずつではとても記事にならないからである。

  1. 淫妖蟲 外伝 ~深琴と武編 兆しの章~
  2. 淫妖蟲 外伝 ~水依編 囚われの章~
  3. 淫妖蟲 外伝 ~月白姉妹編 始まりの章~

外伝は『淫妖蟲』の名を冠してはいるものの、エロシーンの大部分は、見た目妖魔ではなく人間(もしくは見た目人間の妖魔)に犯される。また、全ヒロインの声優が『淫妖蟲 蝕』及び『淫妖蟲 悦』から変更されており、武と水依にいたってはキャラデザも一新されている。

ストーリー的に本伝3作までとの繋がりは薄いが、あまりにも話が短いため、外伝からはじめてもキャラが掴めないと思う。公式の作品と思わず、二次創作だと思ってプレイしたほうが良いかもしれない。

尚、1~2章は選択肢が1箇所しかないので、攻略チャートは作成していない。

深琴と武編 兆しの章

淫妖蟲 外伝 ~深琴と武編 兆しの章~

幽霊嫌いの姉のため、白鳥武は、とある霊障事件解決を一人で引き受けた。それは当初簡単な案件と思われたが、武からの連絡が途絶えてしまった。ヤマトも水依も留守中の今、深琴は一人で武の救出に向かう。

プロローグ以降のストーリー性は無いものと思ったほうがいい(各章共通)。深琴と武は、妖魔に操られた男達に監禁され、ひたすら犯される。

エロシーンは、輪姦中心。男の拳や足やペニスで子宮を犯される。懐妊した妖魔を素手で引きずり出されることもある。卵巣を妖魔に食べられ、卵管を移植されるというグロテスクなシーンもある。

基本CG枚数は4枚、エロシーンは4本(深琴 2/武 2)。

水依編 囚われの章

淫妖蟲 外伝 ~水依編 囚われの章~

事務所の赤字を補填するため、水依は夜に紹介された喫茶店のバイトをはじめた。水依は、その喫茶店にいた老人に何故か調教されてしまう。

エロシーンは、口淫、二穴挿入、浣腸・排泄、妊婦セックス、妖魔出産など。

基本CG枚数は4枚、エロシーンは4本(すべて水依)。

月白姉妹編 始まりの章

淫妖蟲 外伝 ~月白姉妹編 始まりの章~

黒船来航から約60年後の東京が舞台。桜花と菊花は、「神隠しにあった妹を探してほしい」という依頼を受け、原因の妖魔(牛鬼)から依頼人の妹救出を試みる。

桜花と菊花は、妖魔の苗床にされる。人間の男が二人の子宮にフィストファックし、妖魔の胤を植えつける。菊花は処女膜が何度か再生し、その度にフィストで処女喪失する。

基本CG枚数は4枚、エロシーンは4本(桜花 1/菊花 1/少女 1/桜花+菊花+少女達 1)。

攻略チャート

TRUE END
save000
先に妖魔を倒す
save001
牛鬼を先に倒す
BAD END(1)
Load save001
女の子を先に助ける
BAD END(2)
Load save000
先に結界を張る
save002
桜花
BAD END(3)
Load save002
菊花