夢みるエゴイスト

夢みるエゴイスト

攻略はこちら

総評 105/200(可)

痴女っぽい双子姉妹とセックス三昧の日々を送る。『サディスティックりとる』ほどマニアックな作品ではないが、かといってノーマルでもない。いまいち、どういうユーザー層に薦めていいのか分からない作品だ。

シナリオ 15/60点

義妹(真奈美、美奈巳)は、二人ともBitch。オナニーの現場を義兄にわざと見せつけて誘惑し、朝フェラor手コキで朝勃ちを慰め、処女を捧げる。そして様々なシチュエーションでエッチし、義兄を自分から離れられないようにしてしまう。義兄は簡単に義妹の誘惑に負けるくせに、妙に常識人ぶっているところがムカつくが、まあそれはさて置くとしよう。

真奈美は元気っ子で、美奈巳は甘えん坊だが小悪魔な性を秘めている。エロシーンでは二人の性格の違いが反映されてはいるものの、どちらも似通ったシチュエーションに似通ったプレイが目立つ。さらに、ストーリー展開もほぼ同じである。テキストはまあまあだが、プロットのほうは出来が良くない。

エロについては、『サディスティックりとる』ほどマニアックではない。しかし、フェティッシュだ。

程度の差こそあれ、主人公が基本受けなのは同じ。ただ、あの作品ほど徹底してM向けというわけではない。少女の体臭や味を追求したエロシーンは目立たなくなったが、汗が染み込んだ下着の臭いを嗅ぐ程度のシーンはある。飲尿は、宣伝されているとおり、もちろんある。

また、基本CGの使い回しばかりとはいえ、朝フェラや手コキが執拗に繰り返されるのにはこだわりを感じる。真奈美が何度目かの朝フェラの際、

「お兄ちゃん、昨日寝る前にオナニーした?」

ペニスの状態で自慰の有無を洞察する場面などは、「さすが」と思った。

攻略については、相変わらず面倒くさい。最初は、個別エンディングにしか到達できない。真奈美と美奈巳、いずれか一方の個別エンディングを発生させると、もう片方が「真奈美&美奈巳」または「美奈巳&真奈美」のエンディングに変化する。変化するとはいっても、もともと個別エンディングとして完結していたものに、二人のエロシーンが後付けされる形である。

ストーリー性に乏しい低価格ソフトで、こんなに面倒でつまらないだけの構成を誰が望んでいるというのか。低価格ソフトは、お手軽さがウリではないのか。もう少しユーザーライクな作りを心がけて欲しいものだ。

グラフィック 50/80点

基本CG枚数は、30枚。回想はすべてエロシーンで、34本(うち11本は、基本CGが重複)。その内訳は、真奈美(15)、美奈巳(16)、真奈美+美奈巳(3)となっている。

一枚絵は、『サディスティックりとる』よりもずっと表情が良くなった。首から上だけ見れば、本当に同一人物が描いたのかと疑わしいくらいだ。衣装の質感の良さはそのまま。彩色については人によると思うが、私はこっちのほうが好みだ。

不満点は、明らかに位置関係がおかしい一枚絵があること。例えば回想2頁2列3行目は、どう見ても主人公の下半身からペニスが分離しているようにしか見えない。また、美奈巳の右手の位置から主人公のアナルを弄れるとはとても思えない。

使い回しが多いことも不満だ。5回ずつある朝フェラor朝手コキシーンを、すべて同じ一枚絵で表現するなんて手抜きでしかない。しかも、各シーンごとの差分による変化も貧しいのが痛い。。

音楽・声優 25/40点

二人とも音質が良くない。特に、美奈巳のボイスの音量はだいぶ小さい。真奈美役の演技は、お世辞にも上手いとは言えない。

甲斐崎真奈美 藤ノ森秋穂 甲斐崎美奈巳 花南

システム 15/20点

サディスティックりとる』と同じ。変更点は、全画面の表示形式が2種類に増えたこと。そんなのはいいから、バックグラウンド動作を可能にしてほしいものだ。

エッチ内容について

エロシーンの詳細

作品情報

タイトル 夢みるエゴイスト
ブランド 桃色劇場
発売日 2010年5月14日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon