マン喫個室でロリコンと ~少女の秘穴を超マンキツ!!~

マン喫個室でロリコンと~少女の秘穴を超マンキツ!!~

攻略はこちら

総評 60/100(可)

漫画喫茶でのロリータ和姦&陵辱もの。ストーリー性は殆ど無く、単なるエロシーン集に近い。そのへんを理解した上で、絵買いするなら損はしないだろう。

シナリオ 15/30点

漫画喫茶の個室で、少女とエッチする。主人公と少女の関係は、最初の選択肢(メル友、スカウト、先生)で変化する。全てのイベントを見た後は、隠しイベント(チャットフレンド)が発生する。

主人公と少女が教師-生徒である場合、彼らはすでにデキた関係だ。それ以外の場合は、基本的には、主人公が幼い彼女を騙してエッチすることになる。主人公と少女の関係がメル友またはチャットフレンドの場合、彼女は処女だが、それ以外の場合は非処女だ。無理やり犯すシチュエーションは、チャットフレンドの場合のみとなっている。

本作はマルチエンド形式を採用しているが、分岐1つにつき回想上3つのエロイベントしかない。各ルートの尺はとても短く、ストーリー性はほとんど無い。本作は、実質的には、同じ場所・異なる設定でのエロシーン集に過ぎない。

エロについては、少女は最初から快楽を感じてしまう。処女喪失直後には痛みを感じるが、それ以降はお察しのとおりである。エロテキストの尺は長くも短くもなく、それなりに背徳感は感じられ、実用的だと思う。具体的な性行為の内容については、【エッチ内容について】を参照にしてほしい。

グラフィック 20/30点

基本CGは、12枚。回想も同数(すべてアカネ)。

作画は荒いが、前作よりは明らかに安定している。肌の塗りもだいぶ生々しくなった。また、表情等の差分がかなり多いので、豊かな表情の変化を楽しめる。

音楽・声優 15/20点

声優さんの演技に、特に不満はない。

アカネ 大山チロル

システム 10/20点

セーブは、栞を挟む形式。テキスト履歴は、場面ごとにリセットされる。あまり使いやすいシステムだとは言えない。

エッチ内容について

エロシーンの詳細

作品情報

タイトル マン喫個室でロリコンと ~少女の秘穴を超マンキツ!!~
ブランド はりねずみ工房/じゃんがり工房
発売日 2010年7月16日
ダウンロード販売 DLsite DMM