学園3 ~華麗なる悦辱~

学園3 ~華麗なる悦辱~

攻略はこちら

あらすじ

主人公(景虎)の精液には、女を発情させ、体質を変化させられるという特別な効果がある。異国の学園で敢えて『道化』に徹していた彼は、学園に通う3人のお姫様を自分の性奴隷に仕立てあげようと計画。唯一信頼するメイドの美鈴に身辺を調査させて計画の障害となるものを排除し、彼女たちに発情精液を浴びせて堕落させていく。

総評 150/200(良)

異国の学園で、お姫様を陵辱する作品。制作はBISHOPということで、相変わらず斬新を避けた手堅いつくりだ。教科書通りのベターなソフト陵辱物を作らせたら、このブランドの右に出るものはない。

本作は、本格的な陵辱を求める方には不向きだが、和姦も陵辱もそれなりにいける方にはオススメである。和姦派の人を陵辱派に転向させる手段としても、このくらいが手始めに相応しいかもしれない。

シナリオ 35/60点

総論

ゲーム期間は、60日(実質59日)。といっても、60日間フルで使うのは美鈴ENDだけ。その他のエンディングは、はやければ40日強で達成できる。

1日は、最大3回行動。ヒロインたちに会うか、もしくはお姫様たちの身辺をメイド(美鈴)に調査させる。お姫様たちをただ犯し続けるだけではBAD ENDになってしまうので、彼女たちが怪しい素振りをみせたら、調査してみる必要がある。調査のタイミングは、テキストをよく読めば分かるから、攻略難度は高くない。

お姫様に何とか接近し、発情精液をぶっかけるまでの序盤はなかなか面白い。けれども、それ以降は徐々にグダグダな展開になっていく。

お姫様が性奴隷に堕ちる中盤(大体30日以降)は盛り返すものの、それも一度可愛がって「様子を見る」までの山だ。お姫様を孕ませる段階では、それ以前のエロシーンがテキストを入れ替え使いまわされるだけ。お姫様が堕ちても日数がだいぶ余っていたので、「性奴隷となった彼女たちの痴態を存分に楽しめるか」と楽しみにしていたら、これである。かなり残念だ。

エロは、はじめから主人公に好意を持っている美鈴を除けば、

「こんな最低な男に弄ばれるなんて、悔しい……でも、感じちゃう!」

という、いつものあれである。主人公の精液には強力な催淫効果があるので、お姫様たちは、かなりはやい段階からイきまくり、アヘアヘする。完全に性奴隷となってからは、さらに理性の枷が外れて、卑語を連発しながら痴女のように精液を貪ることになる。

尚、主人公の精液には催淫効果の他に、人体改造効果もある。人体改造といっても、本作はソフト陵辱物だから過激なものではない。詳細は、次の項目にて。

各ヒロインについて

【リディム】

農業貧国のお姫様。借金まみれの王国を救うため、醜くく嫉妬深い成金商人と婚約している。彼女は、主人公に好意を持っているが、王国のためには彼を受け入れることは許されず、葛藤する。

発情精液を塗りたくられた後は、クリトリスが肥大化。パイパンでもあるが、それはもとからだ。私にとって、ストーリーが一番面白かったのは彼女で、一番淫乱になったと思えるのも彼女だった。

【シャスティ】

騎士王国のお姫様。剣術が得意で、財産も能力も全ヒロイン中最強と思われる。それゆえプライドも高く、『道化』である主人公を生理的に嫌悪している。

発情精液をぶっかけられた後は、母乳が出る体質になってしまう。母乳が出て以後は、絶頂するたびに母乳を噴く搾乳要員だ。また、高い自尊心を持っているがゆえに、一番辱めてやる甲斐のあるヒロインでもある。精液の効果で発情しているのに、絶頂できない暗示をかけられ、さらに上下の貞操帯を装着されて日々を過ごすことになるエピソードは、私にとって本作のベストエピソードであった。

【雪乃】

大和会館のお姫様。リディムやシャスティが真性のお姫様であるのに対し、雪乃は、本来はただの良家のお嬢様だ。『姫』というのは、大和会館員たちに祭り上げられてそう呼ばれているに過ぎない。また、彼女は、主人公に接する動機について他のお姫様たちとはまるで異なるのだが、残念ながらそれは作中で上手く表現できていたとはいえない。

発情精液を塗られた後は、肌の弱い部分が感じやすく、失禁しやすい体質になってしまう。絶頂するたびに何度も失禁するが、よくもまあ、あれだけの尿が膀胱に溜まっていたものだと思う。

また、膣よりもアナルが大好きな娘なので、アナルプレイは彼女に集中している。主人公が訪れる前に、きちんと腸内の処理をしておくところが愛らしい。襦袢を着たまま温泉に浸かり、アナルバルーンでアナルを拡張されるシーンが特に印象的であった。

【美鈴】

主人公に忠実なメイド。お姫様性奴隷化計画に協力し、主に彼女たちの身辺調査を行う。その褒美として「何か欲しいものはあるか?」と聞かれて、「ご主人様のお情け(精液)を頂戴したく~♥」と答えてしまう牝犬っぷりが可愛らしい女である。

お姫様と比べると脇役的な位置づけなので、エロシーンの比重は大きくない。プレイ内容も何かに特化しているわけでもない。メイドという属性が与えられているのに、なぜかメイド服以外の着衣エッチが多めなのはもったいない気がする。

グラフィック 75/80点

基本CG枚数は、CG枠で155枚。重複を含まなければ、131枚。それでも、相場よりかなり多い。

回想は、83本。そのうち、エロシーンは77本。その内訳は、リディム(20)、シャスティ(21)、雪乃(19)、美鈴(13)、女(2)、ハーレム(2)となっている。

絵柄はいまいち垢抜けしないが、性器の描写はかなりエロい。モザイクがかかる部分であっても、手抜きがなされていない。差分は基本CG一枚につき10枚以上あるものが多く、表情も豊かである。断面図や局部アップ等のカットインのパターンが数多くあり、エロシーンを盛り上げるのに効果的に用いられている。

不満点は、「種を仕込む」段階のエロシーンの一枚絵が全部、それ以前のシーンの使い回しになっていること。一番盛り上がるはずの後半で、こういうことをされると、だいぶ萎える。前半の余分なエロシーンを削って、そのぶんを充当するべきだったのではないかと思う。

立ち絵のDress upシステムは、それ自体の出来は悪くないのだけれども、その存在意義については疑問がある。これは主に2周目以降に楽しむための機能だと思われるが、本作の完全攻略は、セーブ1箇所のみのたった1周で可能である。そのため、余程の立ち絵好きでないかぎり、使いどころが無いのでは? と思う。

音楽・声優 25/40点

声優さんの演技については、雪乃役と美鈴には不満がない。リディム役は、天然キャラなのに笑い方がわざとらしいのが不満。シャスティ役は、そもそも声質がミスマッチだと思うし、演技力もサブキャラか商業同人レベルだ。

BGMは、無駄に格好良くて好みが分かれそう。効果音は、潮吹きの音がいくら何でも豪快すぎるので、もう少しナチュラルにしてほしい。

リディム 佐倉もも花 シャスティ なかせひな
雪乃 春日アン 美鈴 香澄りょう

システム 15/20点

クイックセーブ&ロード、オートセーブ有。ウィンドウ透過可能。不満点は、クリック停止しない音声設定だと、二人以上の女が話している場合、その女個人の次の台詞が表示されないかぎり、音声が二人以上被さってしまうこと。

エッチ内容について

エロシーンの詳細

作品情報

オリジナル版は販売が終了しましたので、インモラルエディションへリンクしています。

タイトル 学園3 ~華麗なる悦辱~
ブランド BISHOP
発売日 2010年8月27日 / 2015年12月18日 IE
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋