虜囚市場 ~罠に嵌められたエルフの女将校~

虜囚市場~罠に嵌められたエルフの女将校~

攻略はこちら

総評 120/200(可)

エルフ凌辱ものだが、特にエルフという種族の特性が活かされているということはない。エルフという属性ありきで、そこにフェチズムも設定上の必然性も読み取れない。

キャラクターデザイン等のビジュアル面はとても良い仕事をしているのに、シナリオが足を引っ張っている。また今回、声優さんのエロ演技も良いとは言えない。本作には発売前から期待を寄せていたが、実際の内容は期待外れな出来であった。

シナリオ 20/60点

敵対する二大国の女将校を拉致し、一定期間内に性奴隷に仕立てる。プロローグまではこれからの悲劇を想像しながら読めたが、それ以降のメインストーリーが想像よりもつまらなかった。

最初の調教で処女を温存するこだわりを語っておいて、次の調教ではさっさと処女を奪ってしまう理屈が分からない。また、ヒロインは薬の作用もあって徐々に堕ちていくが、完全に堕ちる場面への移行が唐突だ(END(1)とEND(3)の場合。END(2)は可)。この間には、せめてもう1シーン必要であったろうに、と思う。

エロシーンについては、堕ちる前のアブノーマルなものに関しては及第点。しかし、比較的ノーマルなエロシーン――すなわち、序盤のエロシーンは、まるでやっつけ仕事だ。

まず、エロテキストにおいては人称が混同されている。1人称『俺』の視点で描かれているはずなのに、場面の切り替わりもなしに、犯されているヒロインの心の声が描かれたりする。こういう表現手法は、書き手は効果的に演出しているつもりなのかもしれないが、読み手からすれば、視点がぶれるため読みづらい。そして、その視点がぶれることを代償とした効果は、得てして書き手が思っているほど効果的には働かないものだ。そのことは、本作においても勿論当てはまる。

文章表現から離れて、各シーン全体をみてもなお出来は宜しくない。序盤のエロシーンには、何の意外性もなければ、女を征服するカタルシスもない。ただ胸を揉みしだいて終了、ただペニスを握らせぶっかけて終了――そんな展開の何が面白くて、どのあたりが実用可能だというのだろう? もしこれらの場面が実用的なのだとしたら、それはシナリオの功績ではなく、すべて優秀なグラフィックの功績であろう。

堕ちた後のエロシーンでは、ヒロインがとても馬鹿っぽい台詞を吐きながらアヘる。好みによって評価が分かれそうなところだが、堕ちる前と比べるぶんにはだいぶマシである。さすがに堕ちた後のヒロインの心理描写は書きにくいのか、人称のぶれがあれほどに酷くはない。また、序盤のエロシーンと違って、エロシーンにおける展開も格段に良くなっている。

堕ちる前と堕ちた後、ノーマルとアブノーマル――これらのエロシーンを比較してみると、制作側の気合の入りようやら何やら、何だか人間くさいものが読み取れるようだ。もっとも、本作はエルフものなのだが。

グラフィック 70/80点

基本CGは、40枚(=エロCG 35枚+その他CG 5枚)。エロシーンは、29本(水増2本含む)。その内訳は、アナスタシア(10)、ノア(3)、ダネス(9)、アナスタシア+ノア(1)、アナスタシア+ダネス(5)、その他(1)となっている。ちなみに、ジーンのエロシーンはない。

作画は、いち新堂エルファンの視点からみても納得の出来。アヘ顔やフェラ顔の魅力は少しも劣化してはいない。彩色に関しては、むしろこちらのほうが良いくらいだ。

個人的には、軍服のデザインがとても好きだ。ダネスのナチスっぽい軍服が好きだ。アナスタシアの旧フランスっぽい目立ちまくりな軍服に、シャープな肩当を装着した着こなしも素敵だ。本作には軍服着用でのエロシーンが多いので、堪能させてもらった。

不満なのは、テキストウィンドウに性器が隠れてしまっている一枚絵が多いこと。馬鹿正直に性器の位置を下に描いている一枚絵が多い。こうした不利益を無くすためにも、ウィンドウ透過機能は備えるべきなのだが、LiLiTHには”伝統的に”それがない。

モザイクによる修正は、サンプル画像と同程度。肛門は無修正。

音楽・声優 20/40点

声優さんの演技は、どなたも日常場面は問題ないが、肝心のエロシーンが上手でない。堕ちた後のダネス役については、酔っ払いが下品な言葉を並べているように聞こえる。ノア役は、泣き叫ぶ声に悲壮感がこもっているのは良いが、ロリータな声を維持できていない。

また本作の音声は、口淫の演技を重視している方にとってはさらに残念なものに聞こえるだろう。ただ、これはどちらかといえば、声優さんよりもテキストライターに責がある。本作にはBGVがないのに、台詞として口淫音や喘ぎ声をまともに書いていないからだ。

アナスタシア 手塚りょうこ ノア 桃也みなみ
ダネス 富樫ケイ ジーン 有賀桃

システム 10/20点

いつもどおりのシステム。今回は選択肢が多く、攻略難度も高めなので、セーブ枠が足りていないという不満点も追加。

エッチ内容について

エロシーンの詳細

作品情報

タイトル 虜囚市場 ~罠に嵌められたエルフの女将校~
ブランド Lilith
発売日 2011年03月25日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon