Tag: イラマチオ

これまでにレビューした作品のうち、「イラマチオ」を含むエロシーンが1本以上あるエロゲーのリストです。ここでいう「イラマチオ」は、男性がペニスで女性の喉奥をつくプレイのことです。

アヤツラレル!? 私の肢体は誰かのオモチャ レビュー

スレイブニール『アヤツラレル!?私の肢体は誰かのオモチャ』のタイトル画面

攻略はこちら

レビューの概要と評価 65/100(可)

作品のあらすじ

超能力で6人のヒロインを操り、社会的に破滅へ追い込んでいく。

レビューの要旨

オムニバス形式の作品で、選んだヒロインごとにストーリーが用意されている。露出や輪姦のエロシーンはそこそこ実用的だと思うが、作品の総合的な完成度はあまり高くない。

エロシーンの属性

実質的には催眠陵辱もの。露出羞恥プレイや輪姦が多い。

続きを読む アヤツラレル!? 私の肢体は誰かのオモチャ レビュー

女忍者アズサvsオーク ~絶頂! 異種姦バトル!~ レビュー

女忍者アズサvsオーク ~絶頂! 異種姦バトル!~ タイトル画面

攻略はこちら

レビューの概要と評価 140/200(良)

作品のあらすじ

御影梓は、人々の平和を陰から守る忍者集団『朧』所属の女忍者。梓は、長年敵対している巨大犯罪組織『メイガス』の地下研究施設に潜入したところ、敵の罠にはまり囚われてしまう。『メイガス』日本支部のトップである阿久津京真は、梓が通う学園の生徒たちを人質として彼女を脅迫し、オークとの交配実験に協力させる。

レビューの要旨

戦闘ヒロインとオークの異種交配に正しく特化した作品。戦闘ヒロイン、異種姦、孕ませの3つに反応する方には強くオススメできる。

エロシーンの属性

異種姦+孕ませに特化。妊娠ぼて腹、出産、母乳あり。イラマチオ、乳首への触手挿入もある。

続きを読む 女忍者アズサvsオーク ~絶頂! 異種姦バトル!~ レビュー

身代り淫行生活 レビュー

身代り淫行生活 ~親友を守るため、外道教師のいいなりになる優等生映舞~ タイトル画面

攻略はこちら

レビューの概要と評価 160/200(優)

作品のあらすじ

英語教員として名門校に勤める英奏佑は、援助交際を密かな趣味にしていたが、もはやただの援交では満足できなくなっていた。そこで援交サイトで見つけた自校の女生徒(七草心々菜)を脅迫して呼び出したところ、心々菜のかわりに月城映舞がやってきた。良家の子女である映舞に食指がうずいた奏佑は、映舞に心々菜の身代わりとしてからだを差し出させることにした。

レビューの要旨

シナリオが非常に優れた作品。自罰的な女子学生を精神的に追い込んでいく過程が素晴らしい。途中で陵辱ルートと和姦ルートに分かれるが、どちらも満足できる内容だ。陵辱も和姦も好きという方には、心からオススメしたい。

エロシーンの属性

陵辱と和姦、両方あり。陵辱する場合は、辱めたり怯えさせたりするエロシーンが目立つ。拘束・緊縛、イラマチオ、スパンキング、剃毛、露出、放置プレイあり。基本的には奏佑の独占だが、輪姦も1シーンだけある。

目次

  1. 罰としてのセックス
  2. おまじないの言葉
  3. 徹底陵辱と共依存(ややネタバレ)
  4. コメント

続きを読む 身代り淫行生活 レビュー

ばくあね2 弟いっぱいしぼっちゃうぞ! レビュー

ばくあね2 弟いっぱいしぼっちゃうぞ! タイトル画面

攻略はこちら

レビューの概要と評価 125/200(可)

作品のあらすじ

武坂宗高は、所属サークルの部長である桐生深蘭と恋人どうし。彼らは半年間の清い交際を経て、ついに初体験の機会を得たものの、宗高が挿入直前で萎えてしまう。彼が萎えた原因は、昔、姉の和奏に襲われたというトラウマにあった。宗高のことを大切に思う2人の姉(律香、和奏)と従姉の真白は、宗高と深蘭の関係修復への協力を建前とし、彼が本番でちゃんと勃起できるようにエッチなレッスンを開始する。

レビューの要旨

セックスシーンが少ないわけではないが、主観的にはペッティングばかりに思える構成。浮気者の主人公の態度が不誠実なわりに、恋愛関係がどう転んでも周囲は受け入れてくれるため、かえって闇が深く感じられる。絵の魅力で実用性は確保されているが、シナリオの出来は良くない。

エロシーンの属性

ソフトなペッティング(パイズリ、フェラ、素股、コキなど)が多め。アナルセックスもある。妊娠ぼて腹セックス、3人の姉とのハーレムあり。射精はぶっかけが多い。

目次

  1. ソフトなペッティングが基本
  2. 3人の姉の違い
  3. 姉と恋人の二者択一
  4. コメント

続きを読む ばくあね2 弟いっぱいしぼっちゃうぞ! レビュー

修羅の痴漢道 レビュー

修羅の痴漢道のタイトル画面

攻略はこちら

レビューの概要と評価 150/200(良)

作品のあらすじ

阿久津拓真は、理想の痴態を追い求める痴漢。拓真は、ある日事故にあったことで他人の心の声を聞けるようになった。しかし、脳に悪性の腫瘍が見つかり、このままだと死ぬ可能性が高いという。治療の僅かな可能性にかける気のない拓真は、強引に退院し、理想の痴態をみるために命懸けで町へ出る。

レビューの要旨

痴漢ものとしては出来損ないだが、いつものBISHOPのソフト陵辱が好きなら、その延長線上にある作品として充分楽しめる。ヒロインごとのエロシーンの差別化がはっきりしているのが良い。

エロシーンの属性

公共の場でのプレイに特化。羞恥・排尿、ペニス・精液、アナル、露出、淫具など、ヒロインごとに性的嗜好が異なる。妊娠ぼて腹は一人あり。ハーレムもあり。

目次

  1. ストーカーで強姦魔? いいえ、痴漢です。
  2. 乗客たちはマネキンのような存在
  3. 各ヒロインについて
  4. コメント

続きを読む 修羅の痴漢道 レビュー

男の娘は見られたい レビュー

男の娘は見られたい

※本作は一本道シナリオなので、攻略チャートは作成していません。

評価 75/100(良)

都築浩輔は、幼馴染♂の橘透が好きで、彼を女の子のように扱いたいと密かに思っていた。そんなある日、透が事故で記憶喪失になってしまい、浩輔が彼の母親にかわって面倒を見ることになる。「浩輔と透は恋人どうしだった」という浩輔の嘘を透は信じてしまい、さらにはエッチまですることになった。

『男の娘は見られたい』は、男の娘+露出という、ものすごくニッチな作品だ。透は女装癖以外にも、露出癖という厄介な性的嗜好を持っている。記憶喪失以前の透は、浩輔への気持ちが昂ぶりすぎて、つい自撮りオナニー動画をネット配信してしまう変態だった。

続きを読む 男の娘は見られたい レビュー

僕のエルフお姉さん レビュー

僕のエルフお姉さん

攻略はこちら

レビューの概要と評価 175/200(優)

作品のあらすじ

ソフィアは、エルフと人間の文化交流を深めるため、エルフ学の代表的な研究者である霧原龍太郎の家に居候していた。龍太郎の息子の拓真は、幼い頃からソフィアに憧れていた。今や大学受験生となった拓真はソフィアに告白し、彼女と恋仲になる。しかし、龍太郎のゼミに所属する守野史弥が二人のセックスを盗撮しており、ソフィアはその盗撮映像をネタに肉体関係を迫られてしまう。

レビューの要旨

オーソドックスな寝取られものであり、調教物としてみても完成度が高い。肉付きの良い黒エルフのからだが堪らなくエロい。ただし、エロシーンは、従来のブラックリリスの”いろんな変態プレイの詰め合わせ”とは趣向が違う。

エロシーンの属性

陵辱的ではあるが、ブラックリリスにしてはソフトなエロシーン。イラマチオ、アナルセックス、鼻フック、妊娠ぼて腹セックスあり。男子学生たちの前での公開プレイあり。

目次

  1. 心身ともに調教されていく黒エルフ
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む 僕のエルフお姉さん レビュー

クレオパトラがやってきた!? レビュー

クレオパトラがやってきた!? ~現代に降臨した古代女王と濡れ透け性生活~

攻略はこちら

レビューの概要と評価 120/200(可)

作品のあらすじ

ある日突然、主人公(文月史矢)の家にクレオパトラがやってきた。本人の説明によると、彼女は転生の秘薬を使ってこの時代に転生したとのこと。百人の男の精を搾り取った実績のあるパトラは、勝手に史矢を自分の召使いに認定した上、彼とともにエッチ三昧な日々を過ごすことになる。

レビューの要旨

ソフトな男性被虐や甘々なセックスライフを匂わせておいて、実際は真逆の要素が仕込まれている罠的作品。立場逆転や陵辱、調教が苦手な方は回避するのが無難。

エロシーンの属性

香油などの液体に塗れてのプレイに特化。妊娠ぼて腹セックス、イラマチオ、スパンキング、露出プレイ、アナルセックス、乱交あり。

目次

  1. ずっと和姦だとでも思った?
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む クレオパトラがやってきた!? レビュー

ハメ得★おりこうJKペット葉月&綾音 ~学校で性春!~ レビュー

ハメ得★おりこうJKペット葉月&綾音~学校で性春!~

本作は一本道なので、攻略チャートは作成していません。

レビュー 65/100(可)

エロゲー版『学校で性春!』シリーズの2作目。前作のメインヒロインだった神崎綾音は、今作ではすでに調教済みの状態。前作のエンディングでも示唆されたように、綾音は、今作のターゲットである桑原葉月を堕とすために利用される。

続きを読む ハメ得★おりこうJKペット葉月&綾音 ~学校で性春!~ レビュー