Tag: 男性被虐

これまでにレビューした作品のうち、男側が責められるエロシーンが1本以上あるエロゲーのリストです。

クレオパトラがやってきた!? レビュー

クレオパトラがやってきた!? ~現代に降臨した古代女王と濡れ透け性生活~

攻略はこちら

Summary 120/200(可)

作品のあらすじ

ある日突然、主人公(文月史矢)の家にクレオパトラがやってきた。本人の説明によると、彼女は転生の秘薬を使ってこの時代に転生したとのこと。百人の男の精を搾り取った実績のあるパトラは、勝手に史矢を自分の召使いに認定した上、彼とともにエッチ三昧な日々を過ごすことになる。

レビューの要旨

ソフトな男性被虐や甘々なセックスライフを匂わせておいて、実際は真逆の要素が仕込まれている罠的作品。立場逆転や陵辱、調教が苦手な方は回避するのが無難。

エロシーンの属性

香油などの液体に塗れてのプレイに特化。妊娠ぼて腹セックス、イラマチオ、スパンキング、露出プレイ、アナルセックス、乱交あり。

目次

  1. ずっと和姦だとでも思った?
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む クレオパトラがやってきた!? レビュー

貴方ハ私ノモノ -ドS彼女とドM彼氏-

貴方ハ私ノモノ ドS彼女とドM彼氏

攻略はこちら

レビュー 55/100(可)

千歳は、毎朝電車で見かけるイケメン大学生の「お兄さん」に告白するも、好きな人がすでにいることを理由に断られた。しかし、千歳は、「お兄さん」の本質が実はドMであることを知っていた。千歳は、お兄さんが”痴漢されている”盗撮動画をネタに脅迫し、彼を調教して自分の思い通りにしようとする。

『貴方ハ私ノモノ』は、年下の女の子に被虐調教される作品だ。地の文は常に千歳視点。お兄さんへの調教は大別して「おあずけ」と「求めに応じる」の2パターンがあり、ずっと「おあずけ」し続けることも可能。11月30日を終えた時点で、千歳の状態が調教と愛情のどちらに寄っているかによって、エンディングが3つに分岐する構成になっている。

続きを読む 貴方ハ私ノモノ -ドS彼女とドM彼氏-

WIZARD LINKS

WIZARD LINKS

攻略はこちら

Summary 170/200(優)

作品のあらすじ

アーヴィング母娘は、遥か昔に故郷を滅ぼした悪魔たちに復讐を誓った魔法使いの一族。エレナ・アーヴィングが日本のとある地域で悪魔を追っていたところ、忘却や非認識の魔法が効かない少女と出会った。少女の名は神代ひかると言い、エレナはひかると同じ学園の生徒になった。彼女たちは家族ぐるみで交友を深めていくが、そのために神代家は悪魔たちに目をつけられることになる。

レビューの要旨

広い意味での催眠を手段として用い、同性愛や近親相姦などのインモラルな人間関係を描くことに特化している。そうした関係性に魅力を感じるなら、非常に実用性が高い作品だ。

エロシーンの属性

何らかの催眠状態におけるプレイを重視。レズプレイが多め。3P以上の複数プレイ、精飲、スカトロ、輪姦、アナルプレイ、露出、妊娠ボテ腹あり。

目次

  1. 何が魅力なのかを語る前に
  2. インモラルな人間関係
  3. エロシーンについて
  4. コメント

続きを読む WIZARD LINKS

えろぐっず! Hなおもちゃで快感エンジョイ

えろぐっず! Hなおもちゃで快感エンジョイ

攻略はこちら

Summary 145/200(良)

作品のあらすじ

大人の玩具をこよなく愛する主人公は、アダルトグッズ業界の超有名メーカー『SiVA』の女社長にスカウトされ、同社の商品リサーチ室で働くことになった。主人公は、SiVAの新製品を自分や女性従業員に試し、さらなる品質向上のために貢献していく。

レビューの要旨

ひたすらヒロインとエッチし、アダルトグッズの試用報告や新製品の提案に勤しむ作品。シナリオは凡庸だが、総合的には良作と言っていい、割り切ったタイプの抜きゲーだ。

エロシーンの属性

アダルトグッズを使ったプレイに特化。ローター、バイブ、アナルグッズ、SM関連グッズ、ローションなど様々な玩具を利用する。男性被虐プレイあり。イラマチオ、クスコ、拘束・緊縛、男の娘、妊娠ぼて腹ファックあり。ハーレムはない。

目次

  1. 最高のアダルトグッズを追求する求道者たち
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む えろぐっず! Hなおもちゃで快感エンジョイ

お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

攻略はこちら

Summary 115/200(可)

作品のあらすじ

主人公は、妹たちを異性として意識し始めたことに危機感を覚え、家を出た。しかし今回、両親が旅行で家を空けている時、彼は一年ぶりに帰省した。兄に恋慕する妹たちはこの機会に彼を籠絡するため、性的なアプローチを大胆に仕掛けてくる。

レビューの要旨

「可愛い妹たちに玩具にされる」というコンセプトが充分に反映されていない。見かけ上はサディスティックに責められるものの、本格的におもちゃ扱いされたいハードMには不向き。可愛い妹たちに玩具にされるのではなく、基本受けで愛されたい方向け。

エロシーンの属性

基本的に妹が責めで、主人公が受け。飲尿表現多め。母乳、(主人公の)アナル責め、犬プレイ、妊娠ボテ腹プレイあり。ハーレムあり。

目次

  1. お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ、なんかじゃない
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む お兄ちゃんは、私たちのおもちゃ

HYPNOS FUCK(ヒュプノスファック)

HYPNOS FUCK(ヒュプノスファック)

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

主人公は泉尾憂希から酷いいじめを受けていたが、学校側はそれを隠蔽していた。ある日、主人公のもとにブ男が現れ、ブ男は彼に『スタンドゥ』と呼ばれる催眠能力を授けた。主人公はこの能力を使って、泉尾へ復讐することを決意。まずは試しに、同じいじめられっ子である久喜宮真央を手に掛けることにした。

レビューの要旨

催眠特化のエロシーンはなかなか良かったし、ストーリーにも意外性があった。しかし、ゲーム性があまりにも作業的なので、自力で攻略するのは辛い。

エロシーンの属性

催眠特化。陵辱ものとしてはヌルいプレイが多い。乱交、3P、妊娠ボテ腹あり。

目次

  1. 制限のある催眠能力でヒロインを堕とす
  2. 自力攻略は非推奨
  3. コメント

続きを読む HYPNOS FUCK(ヒュプノスファック)

射精管理少女

射精管理少女

※本作には選択箇所が一つしかないので、攻略記事は作成していません。

レビュー 115/200(可)

谷山悠一は、オナニー頻度が高いだけの普通の男子学生。医者の娘で高嶺の花の藤枝かなえからバレンタインチョコを貰い、ホワイトデーの日に告白した。彼女はそれをあっさりと了承。しかし、かなえは異常性癖の持ち主で、悠一は彼女の射精管理を受け入れることになる。

藤枝かなえは、ヤンデレヒロインとして大変魅力的だと思う。なにせ彼女は、ヤンデレという言葉を嫌っている。病んでいるから愛しているとか、同情で愛されることが嫌いらしい。その上で自身の異常性を自覚しており、自分の破壊衝動をパートナーにぶつけることに多少の躊躇いもあるようだ。そのためプレイを受け入れるか否かの選択権は、一応、主人公の側にある。無理やりにはしない。しかし、彼がいったん了承したなら、容赦なくサディスティックな射精管理を行うところが実に魅力的なお嬢様だ。

続きを読む 射精管理少女

女装学園(妊)

女装学園(妊)

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

作品のあらすじ

ある日、谷嶋健人は、学園きってのお嬢様である高幡葵に告白されるも本能的な危機を察知し、その場から逃げ出してしまった。後日、校内放送で実は健人の通う学園は男子校であったことが暴露され、今の今まで共学だと信じていた男どもは阿鼻叫喚。健人が葵に問うと、葵は男の娘が男と結ばれることに少しの疑念も抱いていない様子で……。

レビューの要旨

脳内彼女の『男の娘』シリーズの3作目。『女装海峡』よりもチャレンジ精神に溢れているが、ややニッチな方面に進んでいるので、前2作よりも敷居が高いかもしれない。

エロシーンの属性

対”男の娘”特化。もちろん妊婦?セックスあり。ハーレムもあり。

目次

  1. 他の脳内彼女『男の娘』シリーズとの比較
  2. 各ヒロインのルートについて
  3. コメント

続きを読む 女装学園(妊)

ガチンコ!ビッチクラブ

ガチンコ!ビッチクラブ

攻略はこちら

レビューと評価 140/200(良)

聖ニンフォ学院のビッチクラブは、元々品行方正な淑女を育成する部活動であったが、時代とともに『淑女』の定義が変遷。現在ビッチクラブで真の『淑女』と考えられているのは、「男性を満足させる存在、つまり床上手」であるという。新入生で童貞の城岡太一は、ビッチクラブ臨時部長の網野美晴にその良質なペニスを見込まれ、クラブに強制入部させられてしまう。

『ガチンコ!ビッチクラブ』は、「ビッチに童貞を奪われたあげく、毎日ビッチとのセックスに付き合わされる」という作品だ。

続きを読む ガチンコ!ビッチクラブ

フラテルニテ

フラテルニテ

攻略はこちら

Summary

本作のあらすじ
白坂家は、強姦されて以来ずっと引きこもっていた長女(美桜)の希望により、新しい町へと引っ越してきた。美桜は、級友(友佳)の勧めにより、学外の『友愛クラブ』と呼ばれる怪しい集会に出入りする。姉の行動を不審に思った大智は、彼女の後を追ってクラブに潜入し、そこで信じがたい光景を目にしてしまう。

レビューの要旨
決して面白い話ではなく、実用に完全に特化しているとも言いがたい。エロは極端なニッチ志向であり、これで実用できる者は限られている。しかし、その一部の人々にとっては希少価値の高い作品となり得る。エロシーンには感覚に訴えるリアリティがあり、ビジュアル、テキストの両面でクオリティが高い。システムは、業界最高レベルで使い勝手が良い。

エロシーンの属性
監禁、虐待、ドラッグ、スナッフなど背徳的なエロシーンばかり。特定のプレイに特化しているわけではなく、ハードなBDSM全般を網羅している。食糞を含むスカトロや人体の損傷をともなうプレイも、少なくはない。

目次

  1. ある意味では中途半端、だが駄作ではない
  2. 闇と麻薬と彼女の屍体
  3. エロゲ界最高のユーザビリティ
  4. 感覚に訴えるリアリティ

続きを読む フラテルニテ