Tag: 温泉浣腸

これまでにレビューした作品のうち、腸内に小便を注ぎ込むシーンが1本以上あるエロゲーのリストです。

アヤツラレル!? 私の肢体は誰かのオモチャ レビュー

スレイブニール『アヤツラレル!?私の肢体は誰かのオモチャ』のタイトル画面

攻略はこちら

レビューの概要と評価 65/100(可)

作品のあらすじ

超能力で6人のヒロインを操り、社会的に破滅へ追い込んでいく。

レビューの要旨

オムニバス形式の作品で、選んだヒロインごとにストーリーが用意されている。露出や輪姦のエロシーンはそこそこ実用的だと思うが、作品の総合的な完成度はあまり高くない。

エロシーンの属性

実質的には催眠陵辱もの。露出羞恥プレイや輪姦が多い。

続きを読む アヤツラレル!? 私の肢体は誰かのオモチャ レビュー

黒夜神 RE:FinE ~堕ちた肉奴隷達の徒花~ レビュー

黒夜神 RE:FINE ~堕ちた肉奴隷達の徒花~

短評

神薙千夜子は、蒸発した父親の借金のせいで、性奴に堕とされた。九柱明人は、千夜子に自分の”愛奴”となる素質を見出し、彼女に肉体改造と調教を施していく。

『黒夜神 RE:FinE』は、性奴隷の少女(千夜子)の肉体を改造することに特化した作品だ。千夜子は明人に敵愾心を抱いているが、自分が性奴になったこと自体は一応受け入れているらしい。それ故、怖がったり嫌がったりしつつも、肉体改造や調教を受ける際には意外と従順な態度を見せている。

続きを読む 黒夜神 RE:FinE ~堕ちた肉奴隷達の徒花~ レビュー

強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった恥辱と背信の日々~ レビュー

強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった恥辱と背信の日々~

本作には選択箇所が一つしかないので、攻略チャートは作成していません。

レビューの概要と評価 85/100(優)

作品のあらすじ

映像研究部部長の原田吉竹は、自作のアダルトビデオを撮影することが長年の夢だった。原田はある日偶然、学園で男子人気の高い上木愛莉が、教室でオナニーしている現場に遭遇した。原田はその一部始終を盗撮し、それを脅迫材料として愛莉にAV出演を強要する。

レビューの要旨

主にヒロイン視点で描かれるストーリーやエロシーンにはある種のリアリティを感じさせられる一方で、鬱になりすぎない程度に非現実的なシチュエーションがバランス良く組み合わせられている。コストパフォーマンスも良好で、陵辱ファンにはオススメの作品だ。

エロシーンの属性

程々にハードなプレイが多い。寝取られ要素あり。露出、輪姦・乱交、アナル責め、イラマチオ、日焼け褐色化、ビデオレター、妊娠中のセックスあり。

目次

  1. 現実と非現実のバランス
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む 強制AVデビュー 上木愛莉1X歳 ~自慰盗撮から始まった恥辱と背信の日々~ レビュー

淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~ レビュー

淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

白鳥武は、最近の事件でひどく陵辱されたことが原因で、生涯人の子を身籠もれず、現役で戦うこともできない身となった。一人で霊障の仕事に出向いたきり戻ってこない香山水依を助けに行くには、人手が足らない。そこで夜は、黒猫支店の新たな戦力として、元メンバーの九重京子の娘である鈴子を招き入れた。

レビューの要旨

『淫妖蟲 外伝』の続編にあたる作品。徹底陵辱、メインストーリーの軽視という点では触以前に回帰しているが、肝心の陵辱内容は悦以前と趣向が異なる。それ故、古参の淫妖蟲ファンが本作を気に入るかどうかは微妙なところだが、とにかく鬼畜な陵辱劇が観たいなら購入する価値のある作品だ。

エロシーンの属性

異種孕ませ、出産重視。とにかくハードでグロいエロシーンに特化している。執筆時、32個のタグがつけられるほどエロシーンの属性には網羅性がある。詳しくは、「各ヒロインの抜きどころ」を読んでほしい。

目次

  1. 他の淫妖蟲シリーズとの関係
  2. シリーズの転換点としての『淫妖蟲 凶』
  3. 各ヒロインの抜きどころ
  4. コメント

続きを読む 淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~ レビュー

ヤバい!復讐・闇サイト レビュー

ヤバい!復讐・闇サイト

攻略はこちら

Summary

本作のあらすじ
最愛の妹が自殺した。どうやら妹はいじめにあっていたらしい。主人公は、いじめに関わっていた疑いのある3人の少女を監禁した。犯して自白させ、その様子を動画サイトで生中継することで、彼女達の悪行を世に知らしめるのだ。

レビューの要旨
ニコニコ動画(生放送)風の視聴者コメントを疎ましく感じるかどうかが、評価の分かれ目。妹の自殺にまつわる真相が次々と暴かれていくストーリーには、興味が尽きない。シナリオにもグラフィックにも欠点はあるけれども、魅力も感じられる作品だった。

エロシーンの属性
リョナ、拘束重視。アナルには中出しするが、膣内には中出ししない(訳あり、一部例外あり)。アナル責めが豊富。イラマチオ、スパンキング、一穴多挿入、牽引、便器拘束、浣腸、子宮への尿浣腸などによる拷問が観られる。輪姦もある。

目次

  1. 尋問と拷問の繰り返し
  2. 暴かれていく真相
  3. 視聴者コメントの是非
  4. 本作の欠点について
  5. コメント

続きを読む ヤバい!復讐・闇サイト レビュー

家畜姉妹 レビュー

家畜姉妹

攻略はこちら

短評

高級旅館を経営している従姉妹が、従業員達に調教される。

浣腸排泄調教に特化した作品。ほぼすべてのエロシーンが浣腸または脱糞シーン。膣への男根挿入シーンはなく、肛門への挿入ですらおまけ程度の扱いだ。

使用される浣腸器は、主にガラス浣腸器イルリガートル浣腸器。姉妹の腸内へは、通常の浣腸液のほか、小便や酢が注入されることもある。

続きを読む 家畜姉妹 レビュー

LEWDNESS ~Vita sexualis~ レビュー

LEWDNESS ~Vita sexualis~

攻略はこちら

レビューの概要と評価 145/200(良)

本作のあらすじ
Sexual Misconduct(淫行)禁止法により、生殖目的以外の全ての性行為が禁じられた世界。主人公(百合亜)は、お姉様(美咲)にヌード写真を撮られた咎によって逮捕されたが、誠憐学園への編入を条件に釈放された。誠憐学園は、SM禁止法に違反した娘たちを”令嬢”―権力者に仕え性の奉仕を担う存在―として教育するための学園である。百合亜は”令嬢”とは何かをよく知らないままに入学し、”令嬢”として日々調教されていく。

レビューの要旨
シナリオが中途半端で不完全燃焼。『STARLESS』のような濃厚さを期待していると、肩透かしを食らう。だが、『STARLESS』と比べなければ、それほど悪い出来でもない。

エロシーンの属性
スカトロ、レズ、女装少年などを重視。排泄管理や貞操帯プレイもあり。BDSM要素はひと通り揃っている。

目次

  1. 排泄管理される令嬢調教
  2. 調教の裏側で
  3. 中途半端なテーマ性
  4. 総評

続きを読む LEWDNESS ~Vita sexualis~ レビュー

姫騎士オリヴィア レビュー

姫騎士オリヴィア

攻略はこちら

レビューと評価 110/200(可)

敗戦国や同盟国の姫君だけでなく、自国の姫君をも調教する。

本作を購入する前に、取り敢えず注意すべきことが3点ある。1つは、本作は調教ものだが、ほとんどのエンディングは純愛エンドだということ。2つ目は、着衣エロが徹底されており、挿入シーンですらパンツ越しだということ。最後に、自力攻略すると非常にストレスを感じるだろうということ。

具体的なことは、2.以降のレビューを読んでほしい。

続きを読む 姫騎士オリヴィア レビュー

MISAO ~淫辱忍法伝~ レビュー

攻略はこちら

あらすじ

「焔の里」女頭領 操は、里の存続のため、「伊賀の里」頭領 半蔵に嫁入りすることになった。しかし、操は伊賀の里へ向かう途中、新興の忍勢力「羅刹」の罠にはまり捕らえられてしまう。

「羅刹」の頭領 骸は、背中に刻印を刻んだ女を自在に操れる「傀儡の術」の使い手である。骸は操に「傀儡の術」を施し、10日間の淫辱調教によって、彼女を完全なる傀儡に貶めようと試みる。

総評 120/200(可)

くノ一調教もの。Black LiLiTH作品としては、いつもの冗長でつまらない戦闘場面などが比較的少なく、エロに集中できる単純な内容に仕上がっているのは評価できる。しかし、ただでさえ面倒になりがちなパラメータ式のゲームデザインが、使いにくさと古臭さにかけては信頼できるLiLiTH伝統のシステムと共鳴し、さらにストレス要因を強化している事実などは看過できない。実用性という幹の部分はそう悪くないのだが、剪定されていない枝葉が全体の価値をやや損ねた作品である。

続きを読む MISAO ~淫辱忍法伝~ レビュー

えろげー!~Hもゲームも開発三昧~ レビュー

えろげー!~Hもゲームも開発三昧~

攻略はこちら

あらすじ

エロゲー制作会社フラワーに所属する女社長・女従業員は、全員処女。彼女たちは、才能と技術力には恵まれているものの、性経験の不足から”エロい”エロゲーを作ることが出来ていない。

そんな彼女たちに対し、新入社員である前に生粋のエロゲーマーである主人公は、入社早々、異を唱える。彼にとって、『エロ』とは、ただ男と女が絡み合っていればいいものではなく、下品かつ扇情的でなければならないものだ。

エロゲーについてのこだわりを、豊富な資料とともにぶつけて真心をみせる主人公。女従業員たちはそんな彼の情熱に気圧されて、以後は彼の助言を渋々ながらも受け入れるようになる。

しかし、助言とは単なる二次情報だ。どうしても自らする経験には及ばないし、実際にやってみなければよく理解できないこともある。では、どうすればよいのか?

その答えは実にシンプルで、実際にヤッてみればいいのだ。彼女たちは過程において多少の差こそあれ、結局はその結論に至る。こうして主人公と彼女たちのエッチな”資料”作りが日々行われることになった。

総評 180/200(秀)

エロゲー業界もの。本作の完成度は、全ての項目を『優』以上とみなせるほどに高い。

しかし、本作から漂ってくる強烈で下品なにおいは、和姦や純愛といった芳香剤をどれだけ振り撒いても、完全には誤魔化せない。そのにおいに惹かれて手に取るならば良し。しかし、鼻の利かない駄犬のように貪るならば、毒にもなり得るものがある。

それは、玉ねぎのようなものだ。業界ネタ、バカップルな関係、女だらけの職場、エロゲーにかける情熱……そんな見せかけの皮を剥いてやらないと、本作の刺激的な中身は味わえない。

皮を剥いた本作の正体は、まず下品だ。そして、におう。膣や肛門から立ち昇る女のにおいはもちろん、腋から漂う汗と垢のにおいも愛せなければ、『匂い』は『臭い』となるだろう。チュパチュパと優しい音をたてながらペニスを舐めるのが『おフェラチオ』だとしたら、「じゅぼぼぉ!」「むぐっむぐっ!」「ずずずずっ!」と包茎おちんちんを貪る『口まんこ』はあまりに下品だろうか?

犬も食わぬその極上の気品をすぐにでも味わいたいなら、迷わず買うといい。変態紳士のご同輩、あなたは高貴だ。しかし、もしあなたが玉ねぎを剥くのに涙する体質ならば、以下に述べるようなことにはよくよく注意せねばならない。

続きを読む えろげー!~Hもゲームも開発三昧~ レビュー