Tag: 褐色

これまでにレビューした作品のうち、褐色ヒロインがいるエロゲーのリストです。

姫騎士シャロンと異世界の勇者 レビュー

姫騎士シャロンと異世界の勇者

攻略チャート

Summary 110/200(可)

作品のあらすじ

変人揃いの天文部に所属する月島蛍一は、ある日、アースガルドのガレリア王国に召喚された。蛍一は、姫騎士シャロンの要請を受け、勇者としてともにアースガルドを救う旅に出る。その道中、魔法王ヴァンダイクの呪いを受けた蛍一は、王女との”粘膜接触”及び”体液交換”なしには生き長らえない体になってしまう。そのことに責任を感じたシャロンは、蛍一を救うためにやむを得ず、彼との性的接触を試みる。

レビューの要旨

序盤から中盤にかけては、異世界召喚物のテンプレート的な展開をみせるが、終盤で道を踏み外す。エロシーンは、男の体が上手く描けておらず、テキスト表現が貧しい。

エロシーンの属性

ヒロインは巨乳の女騎士一人のみ。和姦抜きゲーにしては、様々な性癖を網羅している。アナルセックス、イラマチオ、精飲、コンドーム、ローションプレイ、露出プレイ、妊婦プレイなど。

レビューの目次

  1. 一貫性に欠ける設定
  2. すりこぎの悲劇
  3. 表現の貧しいエロテキスト

»『姫騎士シャロンと異世界の勇者 レビュー』の続きを読む

お隣の黒人夫に抱かれて啼き悶える最愛の妻。その引き換えに味わう黒人妻の肌。 レビュー

攻略チャート

Summary 165/200(優)

本作のあらすじ
生粋の日本人の篠崎夫妻と、人種的には黒人だが国籍は日本のオハラ夫妻はお隣同士。篠崎良夫は、他の男に抱かれる美和子のことを想像しては興奮する寝取られ性癖を持っていた。自らの性的欲望を抑えきれなくなった良夫は、良き友人でもあるボビー・オハラと相談し、スワッピングを行うことにした。

レビューの要旨
寝取られ、寝取らせ、寝取りのNTR三性癖を同時に満足させる作品。スワッピングからはじまり、徐々にエスカレートしていく爛れた不倫関係が面白い。ビジュアル面は最高に良い出来であり、細かな表現にも手抜かりがない。

エロシーンの属性
寝取られ+寝取らせ+寝取り。プレイ自体はノーマルなものが多め(抜きゲー基準)。アナルセックスあり。緊縛、目隠し、ローションプレイ、露出プレイ、乱交あり。口淫シーンが豊富。

レビューの目次

  1. スワッピングから浮気、そして……
  2. 完璧なエロさを表現するビジュアル
  3. 特典について

»『お隣の黒人夫に抱かれて啼き悶える最愛の妻。その引き換えに味わう黒人妻の肌。 レビュー』の続きを読む

対魔聖甲アリス レビュー

「対魔聖甲アリス」の商品画像

攻略チャート

Summary 125/200(可)

本作のあらすじ
古代魔法文明の復活を目論む魔術師ロキソールの陰謀を阻止すべく、ヴァナヘルム機関の戦乙女アリスは奴隷娼婦に変装し、ムスベルヘイム城内へと潜入する。正体が暴かれてしまったアリスは虜囚の身となり、ロキソールの孕ませ実験の被験体となる。

レビューの要旨
異種姦孕ませモノだが、オークルート以外は孕ませの過程が貧しい。世界観が薄っぺらい。

エロシーンの属性
異種姦特化、孕ませ重視。人体改造がエロシーンとしてあり。輪姦、精飲、飲尿、排泄あり。腹パンなどの暴力表現あり。

レビューの目次

  1. 異種姦+孕ませ
  2. 薄っぺらな世界観

»『対魔聖甲アリス レビュー』の続きを読む

監獄戦艦3 ~熱砂の洗脳航路~ レビュー

監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~

攻略チャート

Summary 175/200(優)

本作のあらすじ
ディ・エルデ初代議長ドニ・ボーガンは、火星における戦闘でクシャナ軍に大敗し、右腕と大勢の部下達を失った。復讐を誓ったボーガンは、永世中立のリブラ軍大佐に成りすましてクシャナ母娘を歓待し、二人を洗脳改造するための計画を実行する。

レビューの要旨
監獄戦艦シリーズの正統進化。絵だけでなく、緊張感のあるシナリオも優れている。洗脳改造シーンに力が入っており、かなり実用的な作品である。

備考
本作は続編物である。時系列は、1→2→3となる。2は本作のストーリーに直接関わらないが、1は多少関わる。本作は1と2を知らなくても楽しめる作りになっているが、知っていればストーリーの理解がより深まるだろう。

エロシーンの属性
洗脳改造(改造内容はレビュー参照)。様々な属性を網羅しているが、精飲、排泄器官(尿道・アナル)責めが濃厚。輪姦・乱交あり。妊娠プレイ、露出・野外プレイもあり(After Story)。刺青、落書きもあり(ただし、恒久的ではない)。

レビューの目次

  1. 緊張感のある復讐劇
  2. 監獄戦艦史上、最もハードな洗脳改造
  3. やはり親子
  4. コメント

»『監獄戦艦3 ~熱砂の洗脳航路~ レビュー』の続きを読む

愛してるけど恋したい、あと援助交際も レビュー

愛してるけど恋したい、あと援●交際も

攻略チャート

Summary 75/100(良)

本作のあらすじ
性欲絶倫の主人公は、愛する妻(涼香)とのセックスだけでは満足できず、精液フェチの晴と肉体だけの関係を結んでいた。ある日、ホテルからの帰り道で、主人公は車に轢かれて入院してしまう。彼の入院先の担当看護師は、なんと晴だった。入院中、主人公は晴のザーメンサーバーとして扱われながら、毎日訪れる妻ともセックスしなければならなくなった。

レビューの要旨
入院中、妻と密かにセックスしながら、妻にばれないように浮気と援交にも精を出す作品。商品としての外観は控えめに言っても微妙だが、中身は良く出来た作品だった。

エロシーンの属性
精飲系のエロシーンが比較的充実している。一部エンディングには寝取られ要素がある。3P、ハーレムあり。

レビューの目次

1. 『トイレの神様、募集中』が好きだから
2. 『愛してるけど恋したい、あと援助交際も』の意味
3. 不満点
4. コメント

»『愛してるけど恋したい、あと援助交際も レビュー』の続きを読む

女剣闘士ミネルヴァ ~モンスターコロッセオ~ レビュー

女剣闘士ミネルヴァ ~モンスターコロッセオ~

攻略チャート

Summary 105/200(可)

本作のあらすじ
豊かな大地アジールで最も勢いのある国ダチア。ダチアは、呪われた地ドラゴヴィートと国境を接しており、蛮族のアジールへの侵攻を食い止めていた。

しかし、隣国ゴートがドラゴヴィートと連携し、ダチアへと侵攻。女騎士ミネルヴァの奇襲によりゴードの撃退に成功するも、才媛王ユノーはドラゴヴィート王の参謀オルクスの奸計に嵌められ、当面の国の安全と引き換えにその身を差し出た。

ミネルヴァは、姉妹でもあるユノーを救うため、単身でドラゴヴィートへ潜入。「剣闘士大会で優勝して王を暗殺し、ユノーを救出しよう」と試みる。

レビューの要旨
過激なビジュアルで描かれるシチュエーションありきの作品。エロテキストは質が悪い。絵にはだいぶ癖があるので、商品画像だけでなく、せめてサンプルをみてから購入したほうがいい。

エロシーンの属性
異種姦+衆人環視+輪姦・乱交。異種姦は、主にオーガと触手。ボテ腹表現もあるが、妊娠エロシーンは1本だけ。ビジュアル的にはリョナだが、テキスト的には快楽寄り。スカトロあり(失禁は複数、脱糞は1本、排泄物無修正)。触手搾乳、乳腺責め、大量精飲あり。

レビューの目次

1. 作画について
2. シナリオについて
3. エロシーンについて

»『女剣闘士ミネルヴァ ~モンスターコロッセオ~ レビュー』の続きを読む

魔法少女カナタTS レビュー

魔法少女カナタTS

攻略チャート

Summary 100/200(可)

本作のあらすじ
魔法が原子力のようにエネルギー源として扱われている世界。この世界では、魔法使いとしての資格を持たずに魔法を行使することは違法らしい。主人公(円)の幼馴染であるカナタは、魔法犯罪者たちを狩る魔法少女だ。

ある日、円は魔法犯罪に巻き込まれた。そして円の精神は、彼を助けようとしたカナタのなかに取り込まれてしまう。こうして円は、男の心を持ったまま、魔法少女として暮らすことになった。

レビューの要旨
本作は、魔法少女+異種姦とTSFを融合させようとした結果、破綻した作品だ。曲がりなりにもTSFとして成り立っているのは、序盤と一部のイベントだけである。それ以外は、TSFを抜きにしてみても不出来だ。

エロシーンの属性
異種姦TSF(性転換を題材にした創作物)。憑依。異種姦以外に、(正気を失った)男達との輪姦・乱交もある。妊娠→出産もあるが、孕んでいるのは卵であることに注意。人体改造っぽい要素(乳房肥大化、フタナリ)もあるが、それは魔法の効果による。

レビューの目次

1. TSFとして
2. 異種姦その他として
3. ビジュアルについて
4. ストーリーについて

»『魔法少女カナタTS レビュー』の続きを読む

ナリスマシドリーム ~いきなり隣のパパになって、可愛い娘に性教育!!~ レビュー

ナリスマシドリーム~いきなり隣のパパになって、可愛い娘に性教育!!~

攻略チャートを作るほどの選択肢はないので、攻略記事は書いていません。

短評

未来人から渡された薬を使って、意中の少女のパパになりすまし、エッチな教育を施す。

ただエッチするだけの短い作品で、
価格を考慮してもボリュームが少なすぎるという印象がある。
ただし、○学生への性的悪戯(性教育)の臨場感は強く感じられる。

ルートの分岐は、最初の選択肢で決定する(途中のエロシーンが変わるだけ)。
エンディングに辿り着いた後は、もう一度最初からはじめると、
未来人ニカとのエロシーンを楽しめる。

»『ナリスマシドリーム ~いきなり隣のパパになって、可愛い娘に性教育!!~ レビュー』の続きを読む

対魔忍アサギ3 レビュー Part.1/2

対魔忍アサギ3

攻略チャート

Summary 140/200(良)

本作のあらすじ
アサギの被保護者である沢木浩介は、アサギに密かな恋心を抱いていた。浩介は室井の協力で得た異能の力によって、ついにアサギと結ばれた。一方、浩介とともにアサギに育てられた対魔忍アスカは、忍びの名門・甲河家の生き残りである。長い間行方不明であった彼女はアサギの前に現れ、アサギと対立する構えをみせるが……。

レビューの要旨
ストーリーは構成が酷すぎて、褒められた出来ではない。一方、エロに関しては非常に良い。対魔忍シリーズ史上、最もハードなプレイを楽しめる。

エロシーンの属性
あらゆるハードプレイの詰め合わせ。人体改造、精液フェチ系、異種姦、妊娠・出産、輪姦・乱交あたりが好きなら、特におすすめ。

レビューの目次

[Part.1/2]
1. イントロダクション
2. ストーリー構成の欠陥
2-1. アサギ編
2-2. アスカ編
2-3. 評価
3. 本作のボリュームは少なかったのか?
[Part.2/2]
4. 迫力のあるエロシーン
5. 対魔忍シリーズ史上、最もハードなエロス
5-1. 充実のハードプレイ
5-2. アスカのエロシーン
5-3. 快楽漬け
6. 総評

»『対魔忍アサギ3 レビュー Part.1/2』の続きを読む

奥様は元ヤリマン レビュー

奥様は元ヤリマン

攻略チャート

Summary 80/100(優)

本作のあらすじ
一人暮らしの学生である主人公が、同じアパートに住む3人の若妻とエッチ三昧の日々を送る。

レビューの要旨
「元ヤリマン」という設定が完全に反映された作品とは言いがたい。しかし、実用面はかなり良いので、細かいことを気にしなければ使える作品だ。

エロシーンの属性
淫乱な人妻との浮気セックス。特に何らかのプレイに特化しているわけではない。ややマニアックなプレイとしては、剃毛、体の落書き、野外プレイなど。複数プレイはない。

レビューの目次

1. ヤリマンに込められた2つの意味
2. 奥様たちと主人公の関係
3. エロシーン
4. 奥様たちは本当にヤリマンだったのか?
5. コメント

»『奥様は元ヤリマン レビュー』の続きを読む

ブレイク/プライド レビュー

ブレイク/プライド

(※)レビューの「本編の構成」で述べた理由により、攻略チャートは作成していません。

Summary 90/200(不可)

本作のあらすじ
敗戦の女騎士(セラ)と奴隷エルフ(ルテジア)が、闘技場の闘奴として日々闘わされる。闘技場の支配人は二人を罠にはめ、堕落させようと画策する。

レビューの要旨
タイトルから想像されるような、「ヒロインのプライドをへし折る」とか、「ヒロインを徹底的に辱める」という展開は期待しないほうがいい。エロのクオリティは高くない。

エロシーンの属性
特化せず。輪姦・乱交、ヒロインどうしの絡み、触手を含む異種姦などがある。

レビューの目次

1. 本編の構成
2. シナリオがダメな3つの理由
3. エロとCG
4. 総評

»『ブレイク/プライド レビュー』の続きを読む

カーラ The Blood Lord レビュー Part.1/2

カーラ The Blood Lord

攻略チャート

Summary 120/200(可)

本作のあらすじ
人間と吸血鬼が協定を結び、吸血鬼が大っぴらには人間の生き血を啜れなくなった世界。この協定に反発する吸血鬼グラムは、吸血鬼の血液と人身の売買を行なっていた。吸血鬼の女王カーラが仲間とともにグラムを一度は討伐するも、彼はしぶとく生きていた。カーラとその仲間が、友人(北絵)の運営する術者育成学校『隼人学園』にやってくると、グラムはこの好機に、カーラを自分の傀儡にしてしまおうと試みる。

レビューの要旨
キャッチーな要素をあれもこれもと詰め込む一方で、要素間の調和がおざなりになっている。結果、個々の要素から魅力を引き出せず、プロットをきちんとまとめきれていない。一枚絵の突出した魅力のおかげで、辛うじて実用性が確保されているようだ。

エロシーンの属性
いつもどおりのハードプレイの詰め合わせ。アナル、口淫、輪姦、精液まみれの状態が目立つ。とてもソフトだが肉体改造の要素もある。エロシーンのハードさは、監獄や対魔忍シリーズと比べると、ややヌルめな印象だ。

レビューの目次
最初にプロットの破綻について述べ、次にエロシーンについて述べる。最後に、総評をまとめる。

[1/2頁]
1. 狙いすぎて破綻したプロット
1-1. 無駄に多い裏付けのない設定
1-2. ヒロインごとのエロシーンの欠乏
1-3. 何のための学園設定か?
[2/2頁]
2. エロシーン
2-1. アナル
2-2. 口淫
2-3. 輪姦
2-4. 肉体改造
2-5. 体液表現
3. 総評

»『カーラ The Blood Lord レビュー Part.1/2』の続きを読む

英雄*戦姫 レビュー Part.1/5

英雄*戦姫

レビューと評価 125/200(可)

美少女英雄に囲まれて世界を従服する地域制圧形SLG(公称)。

本作にはもちろん美点と欠点があって、そのどちらも言葉にすると分かりやすいものだ。もし本作を面白いと感じるのだとしたら、美点の輝きの前に数多の欠点が霞んでしまっているのだろうし、逆に駄作だと思うのなら、それはあまりに沢山の欠点に美点が埋もれて見えないだけなのだ。

当サイトは、本作に125点をつけた。この評点は、当サイトでは凡作を意味する点数だ。つまり私は、本作を標準以下の出来だとみなしており、その根拠も各論で述べるとおりに多数用意している。

しかしながら、本作の美点は、多数の欠点を覆すには至らずとも、確かに存在している。では、本作の美点とは何か?

»『英雄*戦姫 レビュー Part.1/5』の続きを読む

褐色アナメイト ~桃尻っ娘を堕とせ♪~ レビュー

褐色アナメイト~桃尻っ娘を堕とせ♪~

攻略チャート

レビューと評価 115/200(可)

その日、褐色尻・アナル好きの主人公(雅臣)は、同じ学園に通うリディアのプリ尻とアルカナのデカ尻をいつものように追っかけていた。リディアは魔族の王の娘であり、アルカナは死神族の長でもある。アルカナは痴漢行為を止めない彼に呪いを仕掛けるが、事故によって逆に自分とリディアに呪いがかかってしまう。それは、雅臣に対し絶対服従となる恐怖の呪いだ。こうしてリディアとアルカナは不幸にも、呪いが解ける一週間もの間、雅臣にいいように弄ばれるのだった。

上述のあらすじからお察しのように、本作のエロシーンのほとんどは、厳密には凌辱であって和姦ではない。ただBGMがコミカルで、会話がドタバタ系だから、和姦っぽい雰囲気になっているだけだ。ヒロインは基本的に嫌がるし、ストーリー展開も典型的な凌辱ものに近い。少なくとも純粋な意味で和姦ではないから、そこは注意してほしい。

また、本作は「アナルで堕とす」と謳っておきながら、実際のエロシーンの半分程度はアナルと無関係である。アナル特化を望んで本作を買えば、きっと失望する。どうしても買うなら、せいぜいいつものリリス作品より、アナルの比率が増えたくらいに思ったほうが精神衛生上宜しいだろう。アナルに対するフェティッシュなプレイなど、望むべくもない。

»『褐色アナメイト ~桃尻っ娘を堕とせ♪~ レビュー』の続きを読む

ヤキモチやきな義妹は、いつでもどこでも発情中 レビュー

ヤキモチやきな義妹は、いつでもどこでも発情中

攻略チャート

レビューと評価 70/100(良)

未来は、冴えない兄の明に恋する義妹。ある日、学園で五指に入る美少女の愛海が、明にまさかの告白をした。それを知って焦った未来は、明との既成事実を作ることによって、彼と結ばれようと試みる。

本作のエロシーンは、エロゲー的にはとてもノーマルだ。しかし一方、義妹の肉食ぶりはアブノーマル主人公のキャラクター性は酷いが、義妹の魅力はそれを相殺して余りある。主人公の酷さと奇形なキャラクターデザインを受け入れられるなら、”買い”の作品だ。

»『ヤキモチやきな義妹は、いつでもどこでも発情中 レビュー』の続きを読む