Tag: 輪姦・乱交

これまでにレビューした作品のうち、男女が単独:複数、または複数:複数で交わるエロシーンが1本以上あるエロゲーのリストです。このタグでは、強姦か和姦かは区別されません。

彼女は誰とでもセックスする。 レビュー

「彼女は誰とでもセックスする。」の商品画像

攻略チャート

レビュー 75/100(良)

和弘が告白した地味な少女(恵梨香)は、実は色情狂の尻軽女だった。恵梨香は和弘に、自分が和弘以外の男とセックスしている様子を撮影してほしいと頼んだ。ただし、和弘とはセックスしないという。和弘自身もどうやら寝取られ性癖の持ち主らしく、二人の歪んだ関係は夏の終わりまで続いていく。

要は、好きな娘が他の男とセックスしている様を間近で勃起しながら観察しているだけ、というシチュエーションに特化した作品だ。

»『彼女は誰とでもセックスする。 レビュー』の続きを読む

フラテルニテ レビュー

フラテルニテ

攻略チャート

Summary

本作のあらすじ
白坂家は、強姦されて以来ずっと引きこもっていた長女(美桜)の希望により、新しい町へと引っ越してきた。美桜は、級友(友佳)の勧めにより、学外の『友愛クラブ』と呼ばれる怪しい集会に出入りする。姉の行動を不審に思った大智は、彼女の後を追ってクラブに潜入し、そこで信じがたい光景を目にしてしまう。

レビューの要旨
決して面白い話ではなく、実用に完全に特化しているとも言いがたい。エロは極端なニッチ志向であり、これで実用できる者は限られている。しかし、その一部の人々にとっては希少価値の高い作品となり得る。エロシーンには感覚に訴えるリアリティがあり、ビジュアル、テキストの両面でクオリティが高い。システムは、業界最高レベルで使い勝手が良い。

エロシーンの属性
監禁、虐待、ドラッグ、スナッフなど背徳的なエロシーンばかり。特定のプレイに特化しているわけではなく、ハードなBDSM全般を網羅している(記事下部のタグ参照)。食糞を含むスカトロや人体の損傷をともなうプレイも、少なくはない。

レビューの目次

  1. ある意味では中途半端、だが駄作ではない
  2. 闇と麻薬と彼女の屍体
  3. エロゲ界最高のユーザビリティ
  4. 感覚に訴えるリアリティ

»『フラテルニテ レビュー』の続きを読む

お隣の黒人夫に抱かれて啼き悶える最愛の妻。その引き換えに味わう黒人妻の肌。 レビュー

攻略チャート

Summary 165/200(優)

本作のあらすじ
生粋の日本人の篠崎夫妻と、人種的には黒人だが国籍は日本のオハラ夫妻はお隣同士。篠崎良夫は、他の男に抱かれる美和子のことを想像しては興奮する寝取られ性癖を持っていた。自らの性的欲望を抑えきれなくなった良夫は、良き友人でもあるボビー・オハラと相談し、スワッピングを行うことにした。

レビューの要旨
寝取られ、寝取らせ、寝取りのNTR三性癖を同時に満足させる作品。スワッピングからはじまり、徐々にエスカレートしていく爛れた不倫関係が面白い。ビジュアル面は最高に良い出来であり、細かな表現にも手抜かりがない。

エロシーンの属性
寝取られ+寝取らせ+寝取り。プレイ自体はノーマルなものが多め(抜きゲー基準)。アナルセックスあり。緊縛、目隠し、ローションプレイ、露出プレイ、乱交あり。口淫シーンが豊富。

レビューの目次

  1. スワッピングから浮気、そして……
  2. 完璧なエロさを表現するビジュアル
  3. 特典について

»『お隣の黒人夫に抱かれて啼き悶える最愛の妻。その引き換えに味わう黒人妻の肌。 レビュー』の続きを読む

対魔聖甲アリス レビュー

「対魔聖甲アリス」の商品画像

攻略チャート

Summary 125/200(可)

本作のあらすじ
古代魔法文明の復活を目論む魔術師ロキソールの陰謀を阻止すべく、ヴァナヘルム機関の戦乙女アリスは奴隷娼婦に変装し、ムスベルヘイム城内へと潜入する。正体が暴かれてしまったアリスは虜囚の身となり、ロキソールの孕ませ実験の被験体となる。

レビューの要旨
異種姦孕ませモノだが、オークルート以外は孕ませの過程が貧しい。世界観が薄っぺらい。

エロシーンの属性
異種姦特化、孕ませ重視。人体改造がエロシーンとしてあり。輪姦、精飲、飲尿、排泄あり。腹パンなどの暴力表現あり。

レビューの目次

  1. 異種姦+孕ませ
  2. 薄っぺらな世界観

»『対魔聖甲アリス レビュー』の続きを読む

やりもくナンパビーチ ~見たくなかった母の姿~ レビュー

「やりくもナンパビーチ」の商品画像

本作には選択箇所がないため、攻略チャートは作成せず。

レビュー

ヤリマンな子持ち熟女二人が、子供を夫に預けて、夏のビーチでナンパ待ち。Fランクの大学生達にナンパされ、どこかの一室で乱交する。その様子は撮影されており(二人も撮影されていることは分かっている)、プレイヤーはそのビデオを観て、二人の痴態を知ることになる。

本作は、ADV形式の音声付CG集というべき作品だ。本編に選択肢は一つもない。15本のビデオを順番に観て進めるだけだ。クリア後の回想にも同じ15本のビデオが並べられているので、最初からフル化して回想だけ観ても、実質的には同じことだ。

»『やりもくナンパビーチ ~見たくなかった母の姿~ レビュー』の続きを読む