仏蘭西少女 攻略

注意! この攻略記事は、Ver1.10版に基づいて書かれています。

以下の表にしたがって攻略すると、すべてのエンディングを見ることができます。なるべく無駄なく攻略できるように作成しましたので、自分でやるよりは楽に攻略できるでしょう。

ただし、全てのCGと回想を埋めることは出来ません。CGと回想もコンプリートするとなると、攻略記事の作成に膨大な時間がかかるため、これは放棄します。CGと回想については、SAGAO.Zのホームページにあるセーブデータを利用することをお勧めします。

「仏蘭西少女」のレビュー記事はこちら

攻略チャート

全END一覧
紅蓮 幻聴 夏日1 夏日2 楽園1
楽園2 接吻1 接吻2 接吻3 花散る
残像1 残像2 夏旅 転機 変化
二人 義兄妹 祝婚1 祝婚2 名前
予感 罪罰 哀笑 虜囚 夢の苑
血縁 鏡像 夢死 残香
果実 純白 愛蓮 空中文明 失格1
失格2 失格3 罠1 罠2 罠3
永遠 青空 炎舞    

上記のEND名をクリックすると、それに対応するチャートに移動します。

楽園1、祝婚1、純白、変化、二人は、この攻略チャートにおける基本ルートです。楽園1は少女ルート、祝婚1は香純ルート、純白は舞子ルート、二人は香純奴隷化ルートです。ルート分岐が多すぎるためにチャートを理解しづらい場合には、基本ルートを基準にしてチャートを読んでいくと良いでしょう。

各セーブポイントはそれに対応する各ロードポイントに、各ロードポイントはそれに対応する各セーブポイントに、それぞれページ内リンクが張られています。それらのリンクをクリックすると、それに対応するリンク先を閲覧することができます。


楽園1
*Start*
香純の判断は正しかった、と言う
敲金を叩く
目を奪われた
そろそろ帰ろうか、と言う
綺麗だと、思った
遺言とは関係ない、気分だと言う
身振り手振りで伝える
ほめて後で直す
save3a0
不快に感じた
更に腕を下へおろす
何も言わない
故人の名誉に関わるから、言えない
食事の与え方が問題だ
save2a0
いちいち口出しするな、と叱責する
飲むかどうか聞く
其れでも、お見舞いに寄る
今、ぜひ会いたいんだ、と言う
少し寂しく感じた
天から御霊が降ってくる
舞子に詰め寄る
save1a0
もういい、と怒鳴り、黙る
無理矢理寝る
五月蝿い、と怒鳴りつける
少女へ口付けする
斯う言う物だ、と納得する
壊してしまいそうで抱けない、と答える
今日も接吻する
別に聞きたくないですと拒絶する
織田桐邸に寄る
今日も接吻する
解る筈がない、と答える
“純白の少女”の事を話したか訊く
織田桐邸に寄る
謝った
今日も接吻する
給料代わりにオイルと葉巻を買ってやる
織田桐邸に寄る
大丈夫か見てあげるよ、と言う
少女に縫って貰う
言いたい事があるなら言え、と声を荒げる
後々の面倒を避ける為、少女を紹介しない
今日も接吻する
描いていて楽しいか訊く
不承不承承知する
save0a5
自分の欲動の凶暴さに退避いだ
少女を壊しそうで怖いから
少女の為なんだ
なんでもない、と言ってあげる
織田桐邸に寄る
彼女は物ではない
「うるさい」と怒鳴りつける
泣くな、本当に追い出すぞ
やめておく
扉を閉めてしまう
織田桐邸に寄る
少女の股間を自らの指で触る
生き物を買いに行く
オルタンシアとしか接吻しない
女を叩いてから刃物を使う
少し毛を引き毟ってやる
少女を宥める
少女と過ごしていたい
少女を労って我慢する
僕は、少女と離れられない
save0a4
無邪気く戯れるのだろう
金魚は水中でも息が出来る
無邪気く戯れていた
save0a3
少女とは離れられない
今日は無邪気く戯れる
無邪気く戯れ続ける
save0a2
金魚をもう一匹買ってやる
花火を買う
伊佐治に会わない
無邪気く戯れる日々であろう
寝ているのじゃないよ、と応える
香純にねぎらいの言葉を掛ける
save0a1 save0b1
少女を舞子に預ける
永遠
Load save0a5
最早、自らの欲望を抑えきれなかった
少女と過ごしていたい
楽園2
Load save0a3
香純に裸になれと言う
更に脱がせる
政重は少女と過ごしている
少女と遊んでいた
金魚をもう一匹買ってやる
少女と戯れに行く
少女の姿だった
伊佐治に会わない
save0a3d
少女と戯れに行く
少女と遊びに耽る事だった
少女と戯れる
香純をねぎらってやる
少女との刹那に溺れる
save0a3c
寝ているのじゃないよ、と応える
save0a3b
少女と戯れていた
織田桐邸へ向かう
save0a3a save0b3a
苦痛を伴う決断に固まりつつあった
接吻1
Load save0b1
呆然としている
接吻2
Load save0a3a
定まら無かった
接吻3
Load save0a3b
香純を痛振っていた
矢旗澤邸へ向かう
此の子を手放したくないという想いで一杯だった
花散る
Load save0a1
少女を手放さない
失格3
Load save0b3a
此の子を手放したくない想いで一杯だった
罠1
Load save0a2
とりあえず慰める
伊佐治に地下室で会う
無邪気く戯れる日々であろう
香純にねぎらいの言葉を掛ける
銃を手に取って舞子に向ける
罠2
Load save0a4
性の戯れに溺れるのだろう
金魚は水中でも息が出来る
性の戯れに溺れていた
少女とは離れられない
今日は性の戯れに溺れる
性の戯れを仕掛ける
とりあえず慰める
少女を抱いて慰める
伊佐治に応接室で会う
性の戯れに溺れる日々であろう
暴行を見守る(c)
銃を手に取って舞子に向ける
夏日1
Load save0a3c
寝ているだけだよ、と応える
少女と戯れていた
織田桐邸へ向かう
save0a3ca
苦痛を伴う決断に固まりつつあった
夏日2
Load save0a3ca
此の子を手放したくないという想いで一杯だった
青空
Load save0a3d
香純に淫ら事をしに行く
無言の儘、襲いかかる
香純を淫らに痛振る事だった
香純を弄び戯れる
香純との刹那に溺れる
寝ているだけだよ、と応える
save0a3da
今日は一日中一緒に居てあげる
少女と戯れていた
織田桐邸へ向かう
苦痛を伴う決断に固まりつつあった
虜囚
Load save0a3da
途方にくれる
香純を痛振っていた
矢旗澤邸へ向かう

二人
Load save1a0
食卓を小さいのに変えるかと提案する
階下へ降りる
何故泣いていたか、訊く
五月蝿い、と怒鳴りつける
少女へ口付けする
何も言えないが、何処か哀しい
壊してしまいそうで抱けない、と答える
今日も接吻する
何が悲劇だったんですか? と尋ねる
帰宅する
今日も接吻する
解る筈がない、と答える
“純白の少女”の事を話したか訊く
帰宅する
起こさないで見ている
謝った
今日も接吻する
あきらめろ、と言う
織田桐邸に寄る
ほっておけば直ると言う
香純に縫って貰う
言いたい事があるなら言え、と声を荒げる
心配を掛けたくないから、少女を紹介する
いつもは、あんなじゃない、と言う
断る
自分の欲動の凶暴さに退避いだ
少女を壊しそうで怖いから
少女の為なんだ
なんでもない、と言ってあげる
帰宅する
香純にしか話せないと思ったんだが……
彼女は物ではない
「うるさい」と怒鳴りつける
お母様は、もういないんだぞ
やめておく
扉を閉めてしまう
帰宅する
受け止めるべく駆け寄る
少女の股間を自らの指で触る
生き物を買いに行く
では、次からは金魚と同じにしようか
女を叩いてから刃物を使う
淫らな毛だと呟く
香純か確かめる
いきなり入れる
香純に会わなければ
ここは我慢する
描いていて楽しいか訊く
save1a2
少女と香純を仲良くさせれば解決すると思う
早退はしない
何も思いつかぬ
躊躇する
もう少女に会いに行かなくていいと言う
早退はしない
身体を支えてやる
save1a1 save1b1
香純を抱かないで連れて帰る
此の儘連れ出す
部屋を出て考える
外出する
香純を看病する
信じられなかった
此処に留まる
香純の願いを聞く
残像1
Load save1a2
屋敷へは帰らない、と告げる
性の戯れに溺れるのだろう
金魚は水中でも息が出来る
性の戯れに溺れていた
家へ帰らない
今日は性の戯れに溺れる
性の戯れを仕掛ける
とりあえず慰める
少女を抱き締めて慰める
伊佐治に会わない
性の戯れに溺れる日々であろう
香純の気持ちを悟る
銃を手にとって自分の顳噛に当てる
幻聴
Load save1a1
此の女を抱かないで逃げる
save1a1a
少女を置いて逃げる
紅蓮
Load save1a1a
此処に留まる
哀笑
Load save1b1
此の女で遊ぶ
save1b1a
伸ばされた手に掴まる
炎舞
Load save1b1a
手を拒絶する

変化
Load save3a0
喪服なのか、と聞く
更に腕を下ろす
舞子は綺麗になった、と言う
故人の名誉に関わるから、言えない
食事の与え方が問題だ
少し調べてみる
頭を撫でてあやす
少し寂しく感じた
大きくなったら解る
もう帰ってしまうんですか、と訊く
食卓を小さいのに変えるかと提案する
階下へ降りる
何故泣いていたか、訊く
黙って聞いていた
ぼんやりしている
何とも思わないのか、と訊いた
壊してしまいそうで抱けない、と答える
今日も接吻する
何が悲劇だったんですか? と尋ねる
帰宅する
今日も接吻する
質問に質問で答えるのは狡い、と言う
舞子は治道が来た事をどう思ったか訊く
帰宅する
何か掛けてやる
思わず目を反らした
あきらめろ、と言う
この食卓は話しにくい、と言う
心配を掛けたくないから、少女を紹介する
いつもは、あんなじゃない、と言う
刺激的な服装だ、と言う
舞子の頼みなら断れない
香純の顔を思い出したから
駄目なんだよ
無言の儘
帰宅する
香純にしか話せないと思ったんだが……
舞子さんほどの価値はない、と言う
其れは誤解だと弁解を試みる
やめておく
墓留血阿家の事を訊いてみる
帰宅する
受け止めるべく駆け寄る
少女自身で触る様に言う
屋敷へ帰る
恐ろしい物を感じてやめようとする
香純の裸身を思い出す
香純か確かめる
いきなり入れる
香純に会わなければ
ここは我慢する
香純の小さな頃を思い出す
お前が悪いのじゃない、と言う
帝国旅舎へ行く
香純の事を思い出す
早退はしない
香純の気持ちは解ると言う
何も言えない
香純を置いて立ち去る
香純を看病する
矢旗澤邸へ帰る
世間一般の事としか応えられない
知りたい
覚えていない
思わず部屋に踏み込む
ここで部屋から出る
少女の蜜をふりきる
舞子と蔡子才の後を尾ける
まだ見ている
香純の事を相談していたんだ
香純を何とか宥める
save3a0
少女の蜜をふりきる
save3a1
何故かは判っていた
微笑
Load save3a2
少女に溺れる
血闘
Load save3a1
何故かは判らなかった

祝婚1
Load save2a0
香純が作った羹が好きだから、と答える
無言で飲ませる
此の儘、帰る
少し寂しく感じた
大きくなったら解る
舞子に詰め寄る
食卓を小さいのに変えるかと提案する
階下へ降りる
何故泣いていたか、訊く
黙って聞いていた
少女を抱き締める
何とも思わないのか、と訊いた
壊してしまいそうで抱けない、と答える
今日も接吻する
何が悲劇だったんですか? と尋ねる
帰宅する
今日も接吻する
解る筈がない、と答える
“純白の少女”の事を話したか訊く
帰宅する
何か掛けてやる
思わず目を反らした
あきらめろ、と言う
帰宅する
この食卓は話しにくい、と言う
心配を掛けたくないから、少女を紹介する
いつもは、あんなじゃない、と言う
不承不承承知する
香純の顔を思い出したから
駄目なんだよ
無言の儘
帰宅する
香純にしか話せないと思ったんだが……
興味はない
其れは誤解だと弁解を試みる
中に入れる
帰宅する
受け止めるべく駆け寄る
少女自身で触る様に言う
屋敷へ帰る
恐ろしい物を感じてやめようとする
香純の裸身を思い出す
香純か確かめる
いきなり入れる
香純に会わなければ
ここは我慢する
香純の小さな頃を思い出す
save2a5
お前が悪いのじゃない、と言う
早退はしない
香純の事を思い出す
save2a4
早退はしない
香純の気持ちは解ると言う
save2a3
何も言えない
save2a2
香純を置いて立ち去る
香純を看病する
矢旗澤邸へ帰る
覚えている
衝動の儘に振る舞う
save2a1
香純は特別な存在だからだと言う
予感
Load save2a5
屋敷へは帰らない、と告げる
性の戯れに溺れるのだろう
性の戯れに溺れていた
家へ帰らない
今日は無邪気く戯れる
無邪気く戯れ続ける
伊佐治に会わない
save2a5c
無邪気く戯れる日々であろう
もう直せないんだと答える
此処は慎重に行く
save2a5b
無理矢理諦めさせる
其れでも訊く
其れでも、香純を一人にはしておけない
save2a5a
記名する
人形1
Load save2a5c
今日は性の戯れに溺れる
性の戯れを仕掛ける
伊佐治に会わない
性の戯れに溺れる日々であろう
決断がつかず、何もしない
義兄妹
Load save2a5b
香純を抱く
銃を返す
罪罰
Load save2a5a
車を降りる
銃を手にとって自分の顳噛に当てる
祝婚2
Load save2a4
早退して香純の為に時間を使う
香純の気持ちは解ると言う
何も言えない
香純を置いて立ち去る
香純を看病する
矢旗澤邸へ帰る
覚えている
衝動の儘に振る舞う
香純は特別な存在だからだと言う
空中文明
Load save2a3
香純の言葉に従う
夏旅
Load save2a2
もう少女の所へは行かないと約束する
転機
Load save2a1
香純は大切な家族だからだと云う

純白
*Start*
それでも香純を叱責する
躊躇う
目を奪われた
皐之介に家まで送って貰え、と言う
綺麗だと、思った
香純を怒鳴りつけて黙らせる
目を指で瞑らせる
ほめて後で直す
喪服なのか、と聞く
更に腕を下へおろす
舞子は綺麗になった、と言う
食事の与え方が問題だ
いちいち口出しするな、と叱責する
飲むかどうか聞く
其れでも、お見舞いに寄る
今、ぜひ会いたいんだ、と言う
天から御霊が降ってくる
もう帰ってしまうんですか、と訊く
もういい、と怒鳴り、黙る
無理矢理寝る
五月蝿い、と怒鳴りつける
少女を抱き締める
何も言えないが、何処か哀しい
壊してしまいそうで抱けない、と答える
何が悲劇だったんですか? と尋ねる
織田桐邸に寄る
質問に質問で答えるのは狡い、と言う
舞子は治道が来た事をどう思ったか訊く
帰宅する
怒鳴りつける
綺麗だと思った
あきらめろ、と言う
織田桐邸に寄る
ほっておけば直ると言う
少女に縫って貰う
言いたい事があるなら言え、と声を荒げる
後々面倒を避ける為、少女を紹介する
舞子は怖くないの?
刺激的な服装だ、と言う
舞子の頼みなら断れない
自分の欲望の凶暴さに退避いだ
少女を壊しそうで怖いから
少女の為なんだ
なんでもない、と言ってあげる
織田桐邸に寄る
彼女は物ではない
「うるさい」と怒鳴りつける
泣くな、本当に追い出すぞ
やめておく
扉を閉めてしまう
織田桐邸に寄る
少女の股間を自らの指で触る
生き物を買いに行く
金魚はこういう物なんだ、と言う
女を叩いてから刃物を使う
少し毛を引き毟ってやる
いきなり入れる
屋敷へ帰るべきであろう
血を流す少女を見たいと思う
屋敷へは帰らない、と答える
無邪気く戯れるのだろう
何も言わない
無邪気く戯れていた
save4a8
香純に裸になれと言う
更に脱がせる
save4a7
政重は治道の死を調査している
道楽に耽っていた
save4a6
金魚をもう一匹買ってやる
舞子と蔡子才の後を尾ける
まだ見ている
暇つぶしをしに行く
少女の姿だった
独りでは満足出来ぬのが男だ
少女と戯れに行く
save4a5
香純を淫らに痛振る事だった
無言の儘、襲いかかる
少女と戯れる
香純との刹那に溺れる
寝ているだけだよ、と応える
市電に乗っていた
其の儘、帝国旅舎へ向かった
新しい玩具の手入れをする
帝国旅舎の夢を
馬鹿馬鹿しいと吐き捨てた
save4a4
何とかしなければ、と思う
save4a3
正午だと答える
もっと後で仄めかす事に決めた
彼等達は舞子を此の場で殺す心在りだと言う
save4a2
見続ける
save4a1 save4b1
舞子を手に入れるべく提案をする
失格1
Load save4a8
家へ帰らない
今日は無邪気く戯れる
無邪気く戯れ続ける
金魚をもう一匹買ってやる
花火を買わない
伊佐治に会わない
無邪気く戯れる日々であろう
寝ているのじゃないよ、と応える
香純に何かを贈る
呆然としている
名前
Load save4a7
政重は香純を弄ぼうとしている
香純を弄んでいた
無言の儘、襲いかかる
とりあえず慰める
屋敷へ帰る
香純に淫ら事をしに行く
もう直せないんだと答える
香純の姿だった
お前にとやかく言われる覚えはない
香純に淫ら事をしに行く
save4a7b
香純を淫らに痛振る事だった
香純を弄び戯れる
save4a7a
確かにまともな提案ではないと思う
香純との刹那に溺れる
香純を痛振っていた
矢旗澤邸へ向かう
伊佐治に香純を提供する
いいですよ……
虜囚
Load save4a7b
少女と遊びに耽る事だった
少女と戯れる
少女との刹那に溺れる
少女と戯れていた
織田桐邸へ向かう
少女と戯れる夢を
銃を返す
人形2
Load save4a7a
興を削がれてしまう
save4a7aa
香純との刹那に溺れる
香純を痛振っていた
矢旗澤邸へ向かう
銃を返す
幸福論
Load save4a7aa
少女との刹那に溺れる
少女と戯れていた
織田桐邸へ向かう
銃を返す
残像2
Load save4a6
とりあえず慰める
屋敷へ帰る
少女と戯れに行く
もう直せないんだと答える
少女の姿だった
お前にとやかく言われる覚えはない
少女と戯れに行く
少女と遊びに耽る事だった
少女と戯れる
香純をねぎらってやる
少女との刹那に溺れる
少女と戯れていた
織田桐邸へ向かう
save4a6a
銃を返す
罠3
Load save4a6a
銃を手にとって舞子に向ける
愛蓮
Load save4a5
少女と遊びに耽る事だった
少女と戯れる
香純をねぎらってやる
香純との刹那に溺れる
寝ているだけだよ、と応える
途方にくれる
save4a5a
香純を痛振っていた
矢旗澤邸へ向かう
帝国旅舎に向かう夢を
失格2
Load save4a5a
少女と戯れていた
織田桐邸へ向かう
定まら無かった
残香
Load save4a4
考え過ぎだ、と思う
save4a4a
平素の様に弄んで遣る事にした
鏡像
Load save4a4a
平素と趣向を変えて弄んで遣る事にした
Load save4a3
午前十時と答える
もっと後で仄めかす事に決めた
save4a3a
黙って彼らが立ち去るのを見送った
果実
Load save4a3a
自分も撮影会に参加すると申し出た
夢の苑
Load save4a2
部屋から抜け出す
夢死
Load save4a1
蔡子才の話題を持ち出す
血縁
Load save4b1
ただ見ている

作品情報

タイトル 仏蘭西少女 ~Une Fille Blance~
ブランド PIL
発売日 2009年7月10日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon