射精管理少女

射精管理少女

※本作には選択箇所が一つしかないので、攻略記事は作成していません。

レビュー 115/200(可)

谷山悠一は、オナニー頻度が高いだけの普通の男子学生。医者の娘で高嶺の花の藤枝かなえからバレンタインチョコを貰い、ホワイトデーの日に告白した。彼女はそれをあっさりと了承。しかし、かなえは異常性癖の持ち主で、悠一は彼女の射精管理を受け入れることになる。

藤枝かなえは、ヤンデレヒロインとして大変魅力的だと思う。なにせ彼女は、ヤンデレという言葉を嫌っている。病んでいるから愛しているとか、同情で愛されることが嫌いらしい。その上で自身の異常性を自覚しており、自分の破壊衝動をパートナーにぶつけることに多少の躊躇いもあるようだ。そのためプレイを受け入れるか否かの選択権は、一応、主人公の側にある。無理やりにはしない。しかし、彼がいったん了承したなら、容赦なくサディスティックな射精管理を行うところが実に魅力的なお嬢様だ。

出典:くろにゃん『射精管理少女』
ヤンデレについてのかなえの見解
「施しで愛されたくない」というのは、Sヒロインらしく気高くて好きだ。

主人公は常時貞操帯の着用を義務付けられ、何日も射精を禁止されることになる。射精禁止期間は、主人公が管理されることに慣れるにつれて延びていく。さらに媚薬を盛られるくらいはまだ楽なほうで、終盤は精力増強剤や、明らかにヤバい自家製調合薬なども注入されてしまう。また、かなえ曰く「射精管理って、出させないことも管理だけど出させるのも管理よね」とのことで、強引に何度も射精させられることもある。

射精管理という本作のテーマは、このようにして終始徹底的に行われる。この点については、満足できる内容だった。ヤンデレヒロインに愛されていくうちに、主人公のほうも段々と病んでいく展開も面白かった。もし本作が同人作品として発売されていたなら、良か優くらいの評価にはなっただろうと思う。

しかし残念ながら、本作は商業作品なのだ。商業水準でみた場合、本作の出来は全般的に微妙である。萌えゲーにしか合わなそうなダサくて見づらいフォントが標準でしかも変更できないとか、ノーウェイトでテキストを表示できないとか、基本CGが15枚しかないことはもちろん減点要因だ。せっかく貞操帯をつけて管理しているのに、その貞操帯が出てくるCGは一枚しかなく、しかもそれは亀頭部分が露出していてテキストと矛盾していることもNGだ。ただし最も気に入らないのは、エロシーンとストーリーの短さである。

本作のエロシーンの大半は、一つ一つの場面がだいぶ短い。ただでさえ基本CG枚数が少ないというのに、そのCGを使い捨てるように浪費しているところがまず気に入らない。射精管理されて悶々としている描写はあるが、わりとあっさり一週間くらい経過して次の場面に移行するので、我慢させられている感じが弱い。ストーリーはなかなか面白いのだが、2つあるエンディングのどれもが尻切れだ。

名作になれる素材はあるが上手く調理できていない残念な作品――というのが、この作品に対する私の評価である。射精管理というテーマが徹底されていること自体は高く評価できるし、低価格であることを考慮して「同人みたいなもの」と思えば、不満も薄まるかもしれない。しかし商業作品としてみると、本作のように雑すぎる作品は高く評価できない。

  • 総合評価 115/200点
  • シナリオ 30/60点
  • グラフィック 50/80点
  • 音声 25/40点
  • システム 10/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 射精管理少女
ブランド くろにゃん
発売日 2015年11月27日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋