女忍者アズサvsオーク ~絶頂! 異種姦バトル!~ レビュー

女忍者アズサvsオーク ~絶頂! 異種姦バトル!~ タイトル画面

攻略はこちら

レビューの概要と評価 140/200(良)

作品のあらすじ

御影梓は、人々の平和を陰から守る忍者集団『朧』所属の女忍者。梓は、長年敵対している巨大犯罪組織『メイガス』の地下研究施設に潜入したところ、敵の罠にはまり囚われてしまう。『メイガス』日本支部のトップである阿久津京真は、梓が通う学園の生徒たちを人質として彼女を脅迫し、オークとの交配実験に協力させる。

レビューの要旨

戦闘ヒロインとオークの異種交配に正しく特化した作品。戦闘ヒロイン、異種姦、孕ませの3つに反応する方には強くオススメできる。

エロシーンの属性

異種姦+孕ませに特化。妊娠ぼて腹、出産、母乳あり。イラマチオ、乳首への触手挿入もある。

オークとの異種交配の実験体にされる女忍者アズサ

出典:エロイット『女忍者アズサvsオーク ~絶頂! 異種姦バトル!~』
椅子に拘束された女忍者アズサ
アズサが通う学園の生徒たちを人質にされているため、協力を拒めない。

『女忍者アズサvsオーク』は、女忍者がオークとの異種交配の実験体にされてしまう作品だ。オークとの戦闘で敗れた女忍者アズサは、地下研究施設の一室に監禁されてしまう。監禁部屋は24時間監視されており、アズサがオークに犯される様子はすべて記録されるという。

出典:同上
大型のオーク
オークは阿久津によって人工的に生み出された存在。

オークの精液には催淫・排卵効果があるため、アズサはオークの巨根で犯されているにもかかわらず、強い快楽を感じる。また、アズサは、連日犯され続けているせいで極度の疲労を感じている。さらに1日2度の流動食を食べることも拒んでいるため、ひどく空腹でもある。

こうした状態であるがゆえに、アズサは犯されている最中、このままオークの牝として孕まされる自分を想像するようになる。しかしそれは到底受け入れられることではないので、持ち前の高い精神力で必死に正気を保とうとする。

出典:同上
衰弱しつつある女忍者
しかし、気丈に振る舞い続けるのにも限界が……。

マッドサイエンティストの阿久津は、そんな衰弱したアズサにも一切の手心を加えない。アズサが孕ませ実験に非協力的な態度を取り続けていると、今度はアズサとオークを相部屋にして、ほぼ一日中犯される環境にしてしまうほどの鬼畜ぶりである。

そんなわけで、アズサにとっては無念なことに、彼女がオークに孕まされるのは必定だ。『女忍者アズサvsオーク』には2つのルートがあるが、そのどちらを辿っても、アズサはオークの仔を孕まされることになる。

異種姦による孕ませに特化したエロシーン

『女忍者アズサvsオーク』のエロシーンは、異種姦による孕ませに特化している。アズサは基本的に衰弱した状態だが、快楽に完全には呑み込まれずに、辛うじて正気を保っている。そんなアズサに対し、知性の乏しいオークは、アズサの口や性器を容赦なく犯し続ける。

オークに乱暴に犯されたアズサは、アヘ顔を通り越して白目を剥くこともある。巨根はやがて子宮口を貫き通し、子宮内に直接大量の精液を流し込むようになる。大型オーク一匹だけでなく、小型のオーク数匹に輪姦される展開もある。

出典:同上
出産直前のアズサ
出産シーンも当然のように用意されている。

女忍者アズサは、孕まされて臨月を迎えても、やはり犯され続ける。その頃になると、アズサはお腹の子を慈しむようになる。オークに孕まされたという事実は受け入れがたいものだが、それでも自分の子を嫌うことはできないようだ。そんな母性溢れるアズサは、ルートによっては自分の仔に犯されることがある。

総評

『女忍者アズサvsオーク』は、オークとの異種交配に正しく特化した作品だった。

戦闘ヒロインというジャンルは、エロと無関係の設定が過剰に盛られてしまいがちだが、本作の設定は必要最小限に抑えられている。ストーリーラインが単純かつ明瞭であるため、プレイヤーは余計なことを考えずに、アズサがオークに孕まされていく様子を注視できる。

基本CG枚数はやや少なめだが、CGそのものの出来は悪くない。特に犯されているときのアズサの表情変化が上手く描けている。はじめは必死で快楽に抗おうとしていたアズサが、徐々に衰弱してゆき、だらしないアヘ顔や白目をさらしていくまでの過程が見て取れる。また、断面図で子宮に精液が注ぎ込まれれる様子を描いたり、出産の様子をノーカットで描くなど、孕ませものとしての演出にも抜かりがない。

システムは、コンフィグ画面がないかわりに、右クリックメニューで設定する仕様だ。UIの見た目は少し取っつきにくいけれども、実用面では何の問題もない。むしろセーブやロードに関しては、別画面に遷移するよりも、こちらのほうが扱いやすいかもしれない。

ロープライスの抜きゲーとして、これだけの内容があれば充分だろう。戦闘ヒロインと異種姦、孕ませが好きな方にはとてもオススメできる作品だ。

  • 総合評価 140/200点
  • シナリオ 40/60点
  • グラフィック 60/80点
  • 音声 30/40点
  • システム 10/20点

作品情報

エロシーンの詳細
CGと声優の詳細
タイトル 女忍者アズサvsオーク ~絶頂! 異種姦バトル!~
ブランド エロイット
発売日 2017年01月27日
ダウンロード販売 DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋