誰もが彼女を狙ってる。

誰もが彼女を狙ってる。

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

作品のあらすじ

間宮巧と白崎綾乃は幼馴染。なかなか煮え切らない仲だった二人は、ある日、ついに恋人同士となった。校則では一応交際が禁じられているので、生徒会役員としての体面を気にした彼らは、自分たちの交際を秘密にし、セックスは卒業するまでお預けとした。しかし綾乃は、日に日に昂ぶっていく性欲に抗えない様子で……。

レビューの要旨

綾乃という淫乱体質の少女を巡る、寝取られもの。各ルートの出来はピンキリで、城嶋編・田沼編・猪狩編は大変エロくて宜しいが、レオ編・雅人編・抗命編は粗雑な内容だった。とにかくエロければ、多少の欠点は許せるという方にはオススメの作品だ。

エロシーンの属性

純愛エンディングなしの寝取られ特化。キス、口淫多め。貞操帯、拘束プレイ、臨月ファック、刺青、乱交あり。衣装は、制服、モリガン風コスプレ、裸エプロン、直履きスパッツなど。

目次

  1. 淫乱少女を脅迫する間男たち
  2. 各ルートの解説と評価
  3. コメント

1. 淫乱少女を脅迫する間男たち

白崎綾乃は、JKとは思えないほど熟れた肉体を持つ少女だ。そのうえ淫乱の素質があるようで、巧と毎日キスするだけでは物足りず、つい生徒会室でオナニーしてしまう。その一部始終をスニーキーと名乗る輩に盗撮されてしまい、それをネタに、彼女を狙う男たちから関係を迫られてしまう。

本作は、このように、まさにタイトル通りのストーリー展開をみせる。スニーキーは、間男を教唆し、自分が持っている脅迫ネタを授ける黒幕的存在だ。脅迫ネタを授けられるのは、城嶋、田沼、猪狩の3人のうち1人だけで、誰に授けられるかはルートによって異なる。この他にもレオ、雅人といった間男がいるが、綾乃を手籠めにしようとするのは各ルートにつき1人だけ。複数の間男が一度に襲いかかるという展開はない。

綾乃は、かなりの淫乱体質であるため、心が堕とされるよりずっと先に、肉体が快楽に堕ちる。脅迫されたうえで犯されているというのに、多少の嫌悪感とともに、しっかり快楽も感じてしまうド淫乱娘だ。それは彼女自身も自覚していることで、わりとあっさり「私は変態なんだ」と認めてしまう。巧への愛情だけは終盤近くまで保たれるものの、肉体的にはすぐ堕ちるので、肉欲堕ちが好きでない方は注意しよう。

2. 各ルートの解説と評価

出典:ORCSOFT『誰もが彼女を狙っている。』Ver.1.0.0
回想マップ
エンディングを観るたびに、各ルートがアンロックされていく。

各ルートは、1周目の段階からすべて選択できるわけではない。城嶋編→田沼編→猪狩編と順次開放されてゆき、その後、美優(綾乃の妹)編、レオ編、雅人編、抗命編が選べるようになる。このうち城嶋編が一番作りこまれており、それ以降はストーリー展開が段々と粗雑になってゆき、レオ編以降はストーリ的にはかなりいい加減な内容になっている。

以下では、ネタバレをあまり考慮せず、各ルートを解説していく。

2-1. 城嶋編

城嶋は金持ちの三男坊で、家庭内では出来損ない扱いされている。そのためグレてしまい、学校では親の権力を笠に着て、やりたい放題している不良少年だ。彼は、自分に真っ向から突っかかってくる綾乃に密かに懸想していた。スニーキーから脅迫ネタを譲渡されると、嫌悪感を露わにする綾乃に、セックス以外の性行為を了承させることに成功した。

城嶋編は、寝取られものとしては最も出来が良かった。城嶋編のエロシーンは、巧という彼氏の存在をうまく活用している。例えば、綾乃にお昼のフェラチオをさせ、口臭を意識させることで、彼女が巧とのキスを躊躇うようになるエピソードは秀逸だった。また、アナルビーズを挿入したまま巧たちとカラオケに行かせ、別室に呼び出しアナルセックスする話も良かった。

出典:同上
城嶋と綾乃
お人好しすぎるのが災いし、城嶋にハマっていく綾乃。

城嶋は、綾乃と肉体関係を重ねる過程で、次第に真人間になっていく。綾乃より良い成績を取ったらエッチできるという条件を提示されてからは、努力を重ねて成績優秀者となり、家族との関係も修復される。その一方で、綾乃の彼氏は空回りを続け、綾乃自身はすっかり良い男になった城嶋に惹かれていくのだ。綾乃が肉体と心の両面から城嶋に惚れ込んでいく展開は、寝取られものとして素晴らしかった。

2-2. 田沼編

田沼は、城嶋に虐められている太ったオタク学生だ。彼は自分に優しくしてくれる綾乃を天使のように思っていて、いつも彼女をオカズに抜いている。

田沼編のストーリーは、ストレートな肉欲堕ちの展開だ。綾乃は彼に毎日ひたすら犯されているだけで、いつの間にか心身ともに堕ちてしまう。城嶋編と比べるとかなり単純な展開だが、愛情面はともかく、肉欲に堕ちる過程自体は悪くなかった。

田沼に犯される綾乃

綾乃は、何らかの薬を混ぜたお茶を飲まされ、その薬効により自分は乱れていると思い込む。しかし、それは単なる栄養剤だったと知らされ、自分の淫乱さを自覚させられる。口淫させられた後、膣内快楽を教え込まれる調教を続けられた結果、精液の摂取と快楽がリンクしてしまったようで、綾乃はすっかり精液とチンポ好きになってしまう。貞操帯をつけさせられてオマンコ管理されるエピソードなどは、彼女の淫乱さが際立っていてとても良かったと思う。

しかし何といっても、田沼編は、エンディング手前の部室エピソードが最高だった。かつての恋人を陥れる行為を積極的に手伝う綾乃の姿には、かなりの敗北感を味わわされた。これは城嶋編とはまた違った方向性の寝取られで、精神的被虐という意味ではこっちのほうがキツかった。

2-3. 猪狩編

猪狩は、巧と綾乃が通う学校の校務補助員。彼は一見人当たりが良さそうに見えるが、実は何人もの女生徒たちを犯してきた強姦魔だ。

出典:同上
猪狩と綾乃
催眠状態では、状況のおかしさに気づけない。

猪狩編は、催眠寝取られものだ。猪狩は薬を使った催眠術で、綾乃に暗示をかける。その結果、綾乃は猪狩に犯されるたびに彼のことを意識するようになり、どんどん心惹かれていく。綾乃はすぐに巧への思いがなくなったりはしないが、猪狩のセフレになるなど段階を重ねてゆき、猪狩大好きな淫乱女になってしまう。

猪狩編では、脂ぎったおじさんとの濃いエロシーンを楽しめる。特に「貪られる若い牝」は、本作中で最もねちねちとした、しつこいくらいのエロシーンだった。猪狩に調教ついでに仕込まれた料理の腕で、彼氏を喜ばせるエピソードは皮肉がきいていて良かった。猪狩編は先の二編と比べると尺が短いし、展開も急だが、ちゃんと使える内容だった。

2-4. 美優編(重大なネタバレ含む)

出典:同上
美優
巧が好きすぎて、一緒にいられるなら物扱いでも構わないという危ない女。

低価格ゆえの悲しさか、スニーキーの正体が美優であることは、誰もが容易に察せることだ。美優は巧に恋するストーカーで、彼を自分から奪おうとする姉を排除するため、今回の騒動を起こした。

美優編は、城嶋編の裏側を描くストーリーだ。本編とは隔離されており、猪狩編の後にプレイすることができる。

美優は姉に負けず劣らずの淫乱体質で、割り切れば誰とでも寝てしまえるビッチだ。そんな彼女はもちろん処女ではない。しかし、巧への熟成されすぎて腐った思いだけは本物なので、ヤンデレが好きなら彼女のエロシーンはそれなりに使えるだろう。

2-5. レオ編、雅人編、抗命編

レオは、サッカー部の外国人留学生でヤリチン。雅人は、女学生喰いの家庭教師。抗命編に出てくる男たちはヤクザ。

レオは、巧のサッカー部再入部と二人の恋人関係をネタにして、綾乃を脅迫する。雅人は、アホな綾乃を騙して処女を奪う。ヤクザは、借金のかたに白崎姉妹を引き取る。

レオ編、雅人編、抗命編について、語れることは少ない。これらは城嶋編、田沼編、猪狩編と比べて尺がだいぶ短く、著しく完成度が低い。せいぜい、刺青を彫られたあげく乱交するシーンがあるとか、そんなものだ。はっきり言って、こんな雑な話を3本も抱き合わせるくらいなら、そのぶんで前四編を作りこんだほうが遥かに良いものになっただろう。

3. コメント

最後の三編には不満があったものの、城嶋編は寝取られものとして良く出来ており、田沼編と猪狩編は実用性という点では素晴らしかった。美優編は尺が短く尻切れではあるものの、その必要性は理解できるし、何より美優本人がエロかったので良しとしよう。

ヒロインのキャラクターデザインは、肉体的にはどう見ても熟女だった。しかし、十代にしてでっぷりと弛んだ腹や太ももの肉付きがエロかったので、これもまた良しとしよう。

本作は、良い点と悪い点が両方とも目立つ作品だった。しかし、そのエロさはすべての瑕疵を補うのではないか、というほど良い点が上回っているように思える。多少ダメなところがあっても、とにかくエロければいいという方には、かなりオススメできる作品だ。

  • 総合評価 155/200点
  • シナリオ 40/60点
  • グラフィック 75/80点
  • 音声 30/40点
  • システム 10/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 誰もが彼女を狙ってる。
ブランド ORCSOFT
発売日 2015年05月01日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋