制作: わるきゅ~れ

プレイ!プレイ!プレイ!GO! 攻略

この攻略チャートは、必ず上から順番に進めてください。周回イベントや隠し選択肢がたくさんあるためです。とはいえ、一度立てた周回イベントのフラグは引き継がれるので、途中抜けがあっても、最初から全部やり直しということにはならない……はずです(たぶん)。

続きを読む プレイ!プレイ!プレイ!GO! 攻略

ネトラレンアイ ~愛する彼女が結んだ淫らな契約~ 感想

ネトラレンアイ ~愛する彼女が結んだ淫らな契約~

攻略はこちら

概要と評価 160/200(優)

作品のあらすじ

橘誠一郎と那須川雪姫は清い交際を続けていたが、デート中に突然の豪雨に見舞われ、雨宿り先として思わずラブホテルに入ってしまった。そこで二人は、初めてのキスを交す。しかし運悪く、ホテルの経営者の息子にして同級生の金園清志がその現場を盗撮していた。雪姫は、金園からその動画をネタに脅迫され、彼のセフレになるという約束をしてしまう。

感想の要旨

わるきゅ~れと蛹虎次郎さんの作風が好きな方にとっては、非常に良い作品。その一方で、寝取られものにシリアスな背徳感を求めている方には向いていない。

エロシーンの属性

寝取られの定番シチュは大体用意されており、恋人とのセックスもある。口淫各種、アナルプレイ、露出プレイがわりと充実。ややマニアックなプレイも多数あり。妊娠中のセックスは一応あるが、ぼて腹ではない。

目次

  1. 喜劇としての寝取られ
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む ネトラレンアイ ~愛する彼女が結んだ淫らな契約~ 感想

魔装の国のアリス Alice in Immoral-Land 感想

魔装の国のアリス Alice in Immoral-Land

攻略はこちら

概要と評価 160/200(優)

作品のあらすじ

『アリス』は、空の漆黒の穴を塞ぎ、ジャバウォックの侵攻を食い止める重責を担った存在だ。キャロルは、現『アリス』にして女王のルイスから、次期『アリス』として指名を受けた。城で修練を積んだキャロルは『アリス』襲名の儀を迎えるが、儀式の場にテロ組織『お茶会』が襲来し、彼女の親友のロリーナを連れ去ってしまう。『アリス』となったキャロルは、穴の封印の旅の途中、『お茶会』の塒を探し出してロリーナを救出しようとするが……。

感想の要旨

ストーリー性と演出面に関しては、私の知るわるきゅ~れ作品のなかでは歴代最高級の作品。エロシーンについては、一見ファンシーで可愛らしいヒロインが、えげつない責めを受けて醜く喘ぎながら乱れるというギャップが面白い。

エロシーンの属性

様々な嗜好を広く浅く取り扱っている。詳しくは「2. エロシーンについて」を参照。

目次

  1. Fancy and Spicy
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む 魔装の国のアリス Alice in Immoral-Land 感想

絶対暗示マラオネット ~催眠復讐ゲーム~ 感想

絶対暗示マラオネット~催眠復讐ゲーム~

攻略はこちら

レビュー 140/200(良)

文武ともにダメなオタク学生である早坂オサムは、クラスメイト達からいじめを受けていた。オサムがある日部屋の掃除をしていると、過去に海外から取り寄せた催眠機能つき指輪を発見。担任の小芝可憐に試してみたところ、その催眠効果は本物だと判明した。オサムは指輪の力を使って、最も憎らしい3人のヒロインたちに復讐を試みる。

学園を舞台にした催眠陵辱劇。プロローグでは、オサムに対するヒロインたちの横暴が、かなり憎たらしく描かれている。オサムは彼女たちのせいで、下着泥棒の咎を背負わされ、冤罪で停学になり、さらには唯一の心の拠り所であったアニメ研究部まで活動停止に追い込まれている。オサムが復讐する動機は充分なので、心置きなく彼女たちへの催眠陵辱を楽しむことができる。

続きを読む 絶対暗示マラオネット ~催眠復讐ゲーム~ 感想

絶対暗示マラオネット ~催眠復讐ゲーム~ 攻略

SPECIAL#1『インモラルマラオネットモード』は、ギャラリーと回想の達成率100%の状態でゲームをスタートすると利用可能です(ゲーム画面の右上にマウスカーソルを移動すると、服装切り替えボタンが現れます)。

SPECIAL#2『絶対暗示マラオネット~催眠復讐ゲーム~特典データ』は、DL版の場合、ダウンロードした圧縮フォルダのなかに同梱されています。

続きを読む 絶対暗示マラオネット ~催眠復讐ゲーム~ 攻略