ままはは レビュー

「ままはは」のタイトル画面

攻略はこちら

レビューの概要と評価 145/200(良)

作品のあらすじ

北上秋人は、亡き父の再婚相手である伊桜里を異性として意識してしまい、彼女の反対を押し切る形で、東京の専門学校に進学した。東京へ出てから初めての夏休み、秋人は悩んだ末に帰省を決める。東京に戻るまでの2週間、秋人は伊桜里だけでなく、隣近所に住む昔馴染みの名取母娘とも交流を深めていく。

レビューの要旨

ストーリーはかなり開き直った展開をみせるが、エロはものすごく濃厚でフェティッシュ。「おっぱい」「母乳」「孕ませ」といったキーワードに反応する方にオススメの作品だ。

エロシーンの属性

独占。おっぱい、母乳、孕ませを重視。野外プレイ、3Pあり。

目次

  1. マザーファッカーの楽園に常識は要らない
  2. 胸揺れ、乳塗れ、精液塗れ
  3. コメント

マザーファッカーの楽園に常識は要らない

『ままはは』は、未亡人の継母(伊桜里)だけでなく、隣近所に住む名取母娘(人妻の美雪、年上幼馴染の鈴香)も攻略できる作品だ。一方で、サブヒロインらしき二人の女の子たち(栞、由美子)は攻略対象ではない。また、3Pルートの対象は伊桜里と美雪だけなので、残念ながら名取の母娘丼は食べられないことに注意しよう。

出典:bootUP!『ままはは』Ver.1.01
ルート選択
目当てのヒロインを選んでいくだけなので、簡単。

この作品のストーリーは、抜きゲーとしてこれ以上なく開き直った展開をみせる。

まず、秋人に対するヒロインの好感度は最初からMAXなので、秋人は据え膳を平らげるようにセックスできる。そして、秋人が誰かと結ばれて個別ルートに入ると、他のヒロインはそれを妬むどころか、むしろ祝福してくれる。

出典:同上
義理の息子の恋を応援する伊桜里
仮に伊桜里を選んでも、他のヒロインも似たような反応を返す。

あとは、これと決めた相手を孕ませるべく、中出しセックスに勤しめばいいのだ。義理とはいえ近親相姦になるとか、人妻と浮気なんかして相手の家庭はどうなるとか、そんなことは一切気にしなくていい。

どうせ近親相姦を嫌悪する人なんて登場しないし、寝取った人妻の娘は、生まれる子供の隠蔽工作に積極的に手を貸してくれる。名取家の単身赴任中の夫については気の毒なことだが、みんな彼の存在をあまり気にしていないので、きっと大丈夫だろう。

出典:同上
自分の子供にすればいい、と宣う鈴香
語っている内容だけを聞くと、かなりひどい言い様だ。

本作の世界観においては、倫理や良識など投げ捨てるべきものなのだ。孕ませ紳士は、継母や人妻、そして幼馴染(姉)の子宮に子種を注ぎ込むことだけを考えていればいい。難しい問題はすべて、精神的には愛情が解決し、実際的にはヒロインたちが良いように処理してくれるだろう。

『ままはは』を心から楽しむためには、こうした開き直りを受け入れられる心の余裕が必要だ。私は、支離滅裂なストーリーは基本的に嫌いなのだが、本作の場合はあまりに振り切れているためか、逆に少しの嫌悪感もなく読み進めることができた。

胸揺れ、乳塗れ、精液塗れ

『ままはは』のエロシーンのテーマを問われれば、「おっぱい」「母乳」「孕ませ」と答えよう。それに加えて、「ピロートーク」や「中出し後の膣確認」などにも力が入っているところが特徴的だ。

エロシーンでは、キスやセックスをしている最中でも、同時におっぱいを弄んでいることが多い。また、胸に直接触れない場合でも、絵の構図はおっぱいの存在感をとても素直に伝えている。秋人の手に触れられていないおっぱいは、乳首を旗のように勃起させたまま前後にぷるんぷるん揺れたりするなど、まるでおっぱい自身が意思を持ったかのように自己主張を止めることがない。

出典:同上
伊桜里の裸エプロンで乳揺れセックス
抽送に合わせて揺れるおっぱい。

ヒロインが妊娠すると母乳も噴き出るようになるが、人妻の美雪は最初から母乳が出る。美雪は最初から妊娠していたわけではなく、感じすぎると母乳が出てしまう体質なのだという。それ故、美雪とのセックスでは何度となく母乳が噴出するし、プレイヤーは彼女の陥没乳首をめくり上げ、授乳してもらうことだって出来るのだ。

ヒロインとのセックスは中出しが基本であり、それはもう、たっぷりと子宮の奥まで子種を注ぎ込む。子宮へ大量のザーメンが注ぎ込まれる様子は、断面図によって表現されることもある。ペニスで子宮口をノックするだけでなく、直接挿入することもあるが、ヒロインは痛がらず、むしろ嬉しそうだ。

膣奥まで中出しをした後、実際どれだけの量が注ぎ込まれたのか、ヒロインの股間から滴り落ちる精液を確認できることは、本作においてそう珍しいシチュエーションではない。顔を赤らめながらも、自ら入り口を開き、溢れ出てくるザーメンをこちらに確認させてくれる彼女たちの献身的な姿には、かなりグッとくるものがある。

あるいはいったん射精した後、ピロートークのように甘い会話をすることもある。その際、会話だけでは終わらず、ちょっと乳首を吸わせてもらったりする細かい演出もなかなか良かった。

出典:同上
美雪とのピロートーク
甘い会話もいいが、この陥没乳首を掘り返したくなる。

このように、『ままはは』のエロシーンは大変フェティッシュでよろしいのだが、基本CGの使い回しの多さだけは気になるところだ。本作のCGは質的にも量的にも満足のいくものだが、エロシーンの数がやたらと多くて尺も長いので、そのぶんだけ使い回しを目にする機会も多くなっている。また、ストーリーの進行上、共通するシチュエーションも多いため、使い回しが余計に気になってしまうのだ。

とはいえ、『ままはは』は、伊桜里、美雪、鈴香のエロシーンの差別化にもそれなりに配慮している。美雪は母乳が出る体質で、年若い鈴香は腹筋が引き締まっている。3人が身につける衣装もそれぞれ見た目に差異があり、同じようなシチュエーションでも実際に行われる体位やプレイは違うものになっている。

出典:同上
全ヒロインの水着姿
一口に「水着」と言っても、いろいろと種類がある。

伊桜里のエロシーンは比較的ノーマルな内容だが、美雪にはアナル舐めや犬の交尾風セックスなど特殊なプレイもある。鈴香については、脇舐め、着衣パイズリ、昼の公園でセックスなど他の二人にはないプレイが多めに用意されている。

コメント

シナリオの開き直りっぷりが人によっては地雷ともなるだろうが、実用性だけならたいへん秀でた作品だと思う。「おっぱい」「母乳」「孕ませ」が好きな方にはイチ押しだ。

  • 総合評価 145/200点
  • シナリオ 30/60点
  • グラフィック 70/80点
  • 音声 30/40点
  • システム 15/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル ままはは
ブランド bootUP!
発売日 2016年09月23日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋