湯けむり人妻慕情旅 ~ゆきずりの関係を結ぶ女たち~ レビュー

※この作品は一本道シナリオなので、攻略チャートは作成していません。

評価 80/100(優)

南山慎吾は、趣味の温泉旅行中、道に迷った人妻に遭遇する。人妻は夫を同伴しておらず、取った宿は偶然にも慎吾と同じだった。慎吾は、仲良くなった彼女を温泉宿へと導き、そこで一夜のアバンチュールを楽しむことになる。

『湯けむり人妻慕情旅』は、行きずりの人妻たちとセックスし、托卵までしてしまう作品だ。慎吾が出会う人妻たちはみんな欲求不満を抱えており、押しと酒に弱い。最初はペッティングどまりでも、すぐに挿入まで許してしまう股のゆるさが魅力的だ。

温泉街で出会った人妻たちとはいったん別れるが、そのうち再会することになる。二人旅で来ていた東尾友子と北咲佑香とは連絡先を交換しあい、同じ地元の静岡で再び会うことに。西野静香とはそのまま別れたが、本編終了後の後日譚という形で、静岡で再び遭遇することになる。

人妻たちと慎吾の距離の詰め方やエロシーンは、それぞれ以下のように異なる(ネタバレを避けたい方は、アコーディオンを閉じてほしい)。

3人の人妻について

3人の人妻はいずれも孕むが、静香との妊娠ぼて腹セックスはない(友子&佑香にはある)。また、友子、佑香との3Pはあるが、静香も含めてのハーレムセックスはない。静香とのエロシーン数は18と最も多く、友子と佑香のエロシーン(合計14)を合わせたよりも多い。

『湯けむり人妻慕情旅』のシナリオは、人妻と仲良くなるまでの会話や不倫中のトークも丁寧に描いており、細かな演出も多い。これは不倫の臨場感を高めている一方で、さっさと濡れ場を見たい方にとっては、AVの自己紹介トークと同じくらい冗長に感じられるかもしれない。

本作はシステムが貧弱で演出が遅く、後日譚ではなぜか会話ログを参照できないなどの不満がある。しかし、基本CG枚数は30枚以上、回想は32本とボリュームがあり、かなりコストパフォーマンスの良い仕上がりになっている。熟女感のあるアラサー以上の人妻たちとの孕ませセックスを気軽に楽しみたい方には、とてもオススメできる。

  • 総合評価 80/100点
  • シナリオ 20/30点
  • グラフィック 30/30点
  • 音声 20/20点
  • システム 10/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 湯けむり人妻慕情旅 ~ゆきずりの関係を結ぶ女たち~
サークル スタジオポーク
発売日 2017年09月09日
ダウンロード販売 DLsite DMM