催眠家族 ~ヤドカリ~ 感想

攻略はこちら

概要と評価 145/200(良)

作品のあらすじ

長い付き合いの末結婚した六郷達陽と清香は、幸せな新婚生活を営んでいた。しかしその幸せは、稲城是政という催眠術師と出会ったことで失われてしまう。是政は、酔っ払った達陽を介抱したことをきっかけに、図々しくも六郷家に居座った。是政は自慢の催眠術を駆使して清香を籠絡し、自分に歯向かう生意気な達陽を絶望させてやろうとする。

感想の要旨

グラフィックは貧弱だが、催眠・寝取られものとしてのシナリオが秀逸。

エロシーンの属性

催眠・寝取られに特化。貞操帯プレイ、妊娠ぼて腹セックスあり。夫とのセックスあり。

催眠家族を楽しむ3つのポイント

「催眠家族 ~ヤドカリ~」は、新婚の人妻(清香)を催眠術によって手篭めにする作品だ。夫(達陽)と間男(是政)のダブル主人公で、初回は達陽視点でゲームが進行する。

是政の催眠は、何でもありな魔法ではなく、思い通りの結果を得るには手間がかかるタイプである。いきなり理不尽な要求をしても上手くいかないので、少しずつ常識や記憶を改変していくことになる。また、相手と信頼関係を築ければそれだけ催眠にもかかりやすくなるので、是政は助言する体で夫婦の心の隙間に入り込もうとする。


「遠い親戚」を自称することで、家に居座ることへの抵抗感を薄める。

催眠家族のシナリオは、催眠ものとしても、寝取られものとしても、非常に完成度が高い。特に注目すべきポイントとしては、以下3つがある。

  • 寝取られ視点と寝取り視点
  • なかなか堕ちない妻の心
  • 妻の理不尽な変貌

寝取られ視点と寝取り視点

平凡な低価格寝取られ作品においては、寝取られる側の夫は、話の途中で空気になりがちだ。妻のことを顧みずに日々を過ごし、気がついたら寝取られている。そして最後にビデオレターが届けられ、妻が間男の子を孕んだとか、AVに出演したことを知るのである。

催眠家族がそうした凡作と大きく違うのは、達陽が是政を敵と認識しており、夫婦のために彼を排除する意思と行動力を持っていることである。本作の夫は、途中で空気と化すことなく、存在感を示し続けるのだ。

これに対し、是政は、寝取る相手が達陽の妻でなければならない理由など持っていない。しかし是政は、生意気な若造に絶望を味わわせるために、催眠によって普段よりもえげつない寝取りを行おうとする。

催眠家族では、この二人の視点を別々のルートに分けて描いている。最初の達陽視点ルートだけをみても、図々しく居座る間男のせいで最愛の妻がおかしくなっていく様子には胸を締めつけられる思いがする。しかし次に是政視点ではじめると、そんな胸の苦しみは実は前菜にすぎなかった、と思い知らされることになるのだ。

なかなか堕ちない妻の心

妻の清香のからだは、是政により徐々に開発されていく。是政のもともとある手練に加え、彼の催眠術まであるのだ。敏感な部分を弄られながら言葉責めにあい、催眠術のキーであるライターの蓋が鳴るたびに、清香のからだは快楽の味を覚え込まされていく。

しかしどれだけ肉体が快楽を求めようとも、清香はなかなか心までは明け渡さない。是政に対して抱くのは嫌悪であり、達陽に対して抱くのは愛情である。それらは多少の快楽ごときでは上書きされるものではないのだ。


どれだけ乱暴されても、夫への愛は変わらないと信じるがゆえに。

しかし鬼畜な催眠術師は、そんな清香の純真な気持ちさえも己の欲望のために利用してしまう。言葉巧みに清香を誘導し、自分を信用するように仕向け、逆に夫に対する不信の種を植えつけながらも愛情までは刈り取らない。そうすることで、単純に寝取るよりもずっとひどい状況に追い込んでいくのだ。

妻の理不尽な変貌

物語がある程度進むと、是政に唆された清香がイメチェンすることがある。清香が思い切ってイメチェンしたのは、彼女に言わせれば、全部達陽のためである。しかし、清香のイメチェンの方向性は、清純派を好む達陽の嗜好とは相容れないものだったのだ。

最も愛する妻が、嫌いな種類の人間に変えられていく――これだけでもひどい話だが、是政の狙いを知るとその悍ましさに震えがくる。本作ではこの点についても、寝取られ視点と寝取り視点を分けていることが活かされている。


染髪くらいは序の口。夫の呼び名や普段の口調、性格さえも段々と変化していく。

エロシーンについて

催眠家族のエロシーンは、抜きゲーとしてはさほど変態的ではない。せいぜい貞操帯プレイと妊娠ぼて腹ファックくらいだろうか。一枚絵もこれは同人ゲームだと言われても納得できる水準の出来なので、ビジュアル的に派手なエロシーンは期待しないほうがいい。

しかし、テキストのほうはなかなかに優秀である。ライターの蓋が鳴る音をいちいち記述せずに、効果音で済ませる演出も良い。催眠によって快楽をからだに覚えさせていく過程が上手く表現できている。


ただ愛しているだけでは、そのからだは満たされなくなっていく。

本作のエロシーンは、一回性のイベントとして抜けるものではなく、話の流れを踏まえた状況に興奮するタイプのものだ。回想だけつまみ食いするようなスタイルとは相性が悪いだろう。

清香(清純)

  • [達陽と]ラブホテルで正常位
  • [是政と]無理やりキスされる
  • [是政と]キス。半裸撮影、愛撫。
  • [是政と]フェラチオ
  • [是政と]キス、ローター責め
  • [是政と]浴室で四つん這いになり、ローター責め。おもらし。
  • [是政と]貞操帯(ローター&アナルプラグ)を履かされたまま、ウィンドウショッピング
  • [是政と]ベランダで立ちバック(乳首に洗濯バサミ)
  • [是政と]正常位(達陽とのセックスを再現)
  • [是政と]セーラー服:駅弁ファック

清香(やや派手)

  • [一人で]オナニー
  • [達陽と]騎乗位
  • [是政と]玄関で背面座位
  • [是政と]ラブホテルで側臥位
  • [是政と]トイレの便座に座り、背面座位
  • [是政と]裸エプロン:台所でクンニ。セックス(体位不明)。

清香(キャバ嬢風)

  • [是政と]ファミレスの机下で、互いの性器を足でしごく
  • [是政と]騎乗位
  • [是政と]寝ている達陽の前で、後背位
  • [是政と]まんぐり返しでハメ撮りセックス(達陽が撮影)
  • [是政と]妊娠ぼて腹:側臥位(母乳あり)

総評

催眠家族は、グラフィックが全体的にチープだ。基本CGもたったの20枚しかない。しかし、立ち絵表現だけは比較的充実しているので、日常パートが単調になることはなかった。

この作品は、催眠・寝取られものとして、シナリオがとても良く出来ている。視覚的な派手さよりもストーリー展開や心理描写の巧みさを重視する方にオススメだ。

  • 総合評価 145/200点
  • シナリオ 50/60点
  • グラフィック 50/80点
  • 音声 30/40点
  • システム 15/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 催眠家族 ~ヤドカリ~
ブランド include
発売日 2018/03/30
ダウンロード販売 DMM
パッケージ通販 Getchu 駿河屋