無限煉姦 ~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~

無限煉姦 ~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~

攻略はこちら

レビューと評価 145/100(良)

ストーリーは、成長物語。世界観は、時空を超越したパラレルワールド。理不尽な環境に翻弄されるだけだった主人公が、別世界で様々な人々との出会いを通じて成長していく。

Liquidの他作品とは毛色の違う異色作。過激な陵辱(輪姦、触手姦、人体改造、拷問系)を盛り込みながらも、ストーリー性が非常に高い。実用本位でプレイするとやや微妙な作品だが、ダークファンタジーの読み物としてはとても面白い内容だと思う。

1. 本作におけるストーリー性

陵辱される主人公

身分なき者が蹂躙される世界で、奴隷が不老不死を得たらどうなるか?

始皇帝がそれを求めたように、不老不死とは元来強者が求めるものだ。強者は、死の恐怖から解き放たれ、己が権勢を永遠とするために、不老不死を求める。不老不死となることが自らの幸福と直結しているから、強者は不老不死になる意思を持つのである。

それに対し、弱者が不老不死となるのは不幸でしかない。弱者が不死身になったところで、弱い社会的立場はそう簡単に覆らない。身を守る力すらなければ、永遠に強者に蹂躙され続けるだけなのだ。

この物語の主人公は奴隷であるにもかかわらず、不老不死を得てしまった。世界の王は、彼女を自由の身とし、弱肉強食の町に放った。彼女に与えられた自由は、褒美であるとともに罰だった。はれて自由の身となった弱者は、誰からも束縛されないがゆえに、誰からも保護されない身となってしまったのだ。

それからというもの、主人公は町の住人達の玩具にされてしまう。不死身であるがゆえに、どんな残酷な仕打ちを受けても、時間が経てば蘇る。そして蘇ったなら、またひどく犯されたり、苦痛を与えられたり、身体を切り刻まれたりする。

どれだけ罰を受けても救済されない、煉獄の無限ループへの恐怖が、第一章では描かれる。そこに着目すると、『無限煉姦』という本作のタイトルは、よく名づけられたものだと思う。

さて、物語が進むと、主人公はこの『無限煉姦』から脱出できるたった一つの術を知る。しかし、この時点での主人公は臆病すぎて、それをうまく実行することができない。

紆余曲折あって別世界へと逃れた彼女は、そこで“以前の自分に欠けていたもの”を得ていく。それは孤独の中から生まれるものではなく、大勢の意思ある人々との触れ合いの中から得るものだ。

主人公は、様々な人々との触れ合いによって成長していく。実に王道――ここだけみると、少年少女の成長を描くストーリーの典型のようだ。

しかし本作は、間違っても、子供にみせられる『世界名作劇場』的なハートフルストーリーではない。エログロなダークファンタジーであり、全五章の各章は残酷な悲劇で構成されている。

私は、これらの悲劇を好ましく思う。何故ならば、登場人物を肉体的または精神的に痛めつけるエピソードには、サディスティックな興奮があるからだ。

本作はそもそも陵辱系ブランド発の作品だから、単に温かい涙を誘うだけの成長物語であってはいけない。本作のストーリーは、成長物語でありながらも、陵辱要素に親和性のある展開になっているところが良い。その上で相当面白い話に仕上がっているのだから、これはもう秀逸といっていい。

2. ストーリー性に対する不満点(重大なネタバレを含む

パイズリするマリー

私は、本作のストーリー性を総合的に高く評価しているけれども、どうしても納得のいかないことが一つある。それは、リトルに対する主人公の冷淡な態度だ。

主人公はかつての敵にさえ憐れみを抱く優しい心を持っているのに、一方で自分の娘とされるリトルを拒絶する。

確かに、リトルの誕生の歪さやマリーのことを考えれば、主人公がリトルを受け入れ難く思うのは理解できなくもない。しかし、主人公の優しい性格からすると、リトルを最終的に受け入れないにしても、そこには葛藤があるはずだ。

この点、本編における葛藤描写は十分ではない。主人公の自然な感情の動きよりも、プロットの進行が優先されている嫌いがある。そのため、三章の中盤以降、敵対者に対して彼女の優しさが現れるたびに、「なぜこの優しさを、一欠片でもリトルに与えられなかったのか」と疑問に思ってしまう。

3. エロシーンの傾向

輪姦されるロアナ

シナリオはほぼ一本道で、ストーリー性重視の本線から、エロ重視の幾つかの支線が分岐する形になっている。エロシーンの傾向は、本線はソフト(和姦多し)で、支線はハード陵辱。その程度差が激しいせいか、支線は取ってつけたような展開である。

陵辱は、輪姦、触手姦、人体改造、拷問系のグロテスクな責めで行われる。人体改造は、フタナリ化と奇乳化。拷問は、例えば、乳首や陰核に針を貫通させたり、暴力を振るったり、四肢の関節を脱臼させたりする。

4. グラフィックに対する不満点

触手陵辱される静香

私は、本作のキャラクターデザインについては気に入っている。各登場人物の立ち絵にも大きな不満はない。しかし、エロシーンにおけるグラフィックについては、かなり不満がある。

一枚絵に描かれたヒロインの表情からは、エロさを感じない。何故ならば、その表情がヒロインの感情を十分に反映したものだとは思えないからだ。それまでのストーリー展開やテキストの描写から想定される表情と、実際に描かれている表情が一致しないことが多かったので、その度に興醒めさせられた。

また、一枚絵の構図は、犯されるヒロインの最も淫らな部分に焦点を当てられていない。他の人物の身体が邪魔だったり、他と扱いが均等だったりで、迫力が感じられなかった。

ただ、「魔女ト扱ワレ死少女ノ末路」ルートの一枚絵だけは評価したい。ここでは、犯される初心なヒロインの悲痛がよく伝わってきた。全部を通してこのくらいのクオリティを維持できればいいのに、と残念に思う。

評価とコメント

シナリオは、前述の欠点があるにしても、とても面白かった。問題は、エロシーンにおけるグラフィックの拙さにある。差分変化も貧相に感じられるので、もう少し充実させてほしいところだ。

  • 総合評価 145/200点
  • シナリオ 50/60点
  • グラフィック 55/80点
  • 音声 30/40点
  • システム 10/20点

エッチ内容について

エロシーンの詳細

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 無限煉姦
ブランド Liquid
発売日 2011年11月25日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋