Tag: 機械責め

これまでにレビューした作品のうち、機械によって責められるエロシーンが1本以上あるエロゲーのリストです。

RIZU-リズ- レビュー

RIZU-リズ-

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

奴隷戦士リズは、母の仇である剣姫ローゼリアを殺し、霧の浮遊大陸へと渡った。浮遊大陸にあるダンジョンには、手にした者の願いを叶える秘宝が眠っているという。冒険者となったリズは、ローゼリアに刻まれた忌まわしい刻印を消すため、秘宝を求めてダンジョンを探索していく。

レビューの要旨

はじめは面白いが、やればやるほどメッキが剥がれ落ちていく。効率プレイを追求する人とは相性が悪い。続編を意識しており、エンディングに不満がある。

エロシーンの属性

ふたなり、おねショタ、玩具使用、奉仕プレイ。アナルプレイ、ニプルファック、母乳、レズプレイあり。

目次

  1. ファーストインプレッション
  2. ゲームバランス
  3. ストーリーとエロシーン
  4. コメント

続きを読む RIZU-リズ- レビュー

フラテルニテ

フラテルニテ

攻略はこちら

Summary

本作のあらすじ
白坂家は、強姦されて以来ずっと引きこもっていた長女(美桜)の希望により、新しい町へと引っ越してきた。美桜は、級友(友佳)の勧めにより、学外の『友愛クラブ』と呼ばれる怪しい集会に出入りする。姉の行動を不審に思った大智は、彼女の後を追ってクラブに潜入し、そこで信じがたい光景を目にしてしまう。

レビューの要旨
決して面白い話ではなく、実用に完全に特化しているとも言いがたい。エロは極端なニッチ志向であり、これで実用できる者は限られている。しかし、その一部の人々にとっては希少価値の高い作品となり得る。エロシーンには感覚に訴えるリアリティがあり、ビジュアル、テキストの両面でクオリティが高い。システムは、業界最高レベルで使い勝手が良い。

エロシーンの属性
監禁、虐待、ドラッグ、スナッフなど背徳的なエロシーンばかり。特定のプレイに特化しているわけではなく、ハードなBDSM全般を網羅している。食糞を含むスカトロや人体の損傷をともなうプレイも、少なくはない。

目次

  1. ある意味では中途半端、だが駄作ではない
  2. 闇と麻薬と彼女の屍体
  3. エロゲ界最高のユーザビリティ
  4. 感覚に訴えるリアリティ

続きを読む フラテルニテ

装甲戦姫プリズムレイカー ~正義のヒロイン屈辱の洗脳催眠調教~

装甲戦姫プリズムレイカー~正義のヒロイン屈辱の洗脳催眠調教~

本作は選択肢がない一本道なので、攻略チャートは作成していません。

レビュー

ヒロインは、レイカー(初音)とシャイン(光)の2人姉妹。エロシーンはレイカー中心で、シャインのものはほとんどない。

続きを読む 装甲戦姫プリズムレイカー ~正義のヒロイン屈辱の洗脳催眠調教~

DominancE

DominancE

攻略はこちら

Summary 175/200(優)

本作のあらすじ
無人の辺境惑星での支援訓練中、マコトは谷底に落ちて遭難してしまった。味方に救助されないまま6日以上がすぎ、危うく死にかけた頃、超豪華プライベート船『パールバティー』に拾われる。船主のマイザール母娘は、衰弱しているマコトと奴隷契約を結び、彼を搾精用の船員として飼うことにしたのだった。

レビューの要旨
理不尽なストーリーと理不尽なエロシーンが秀逸。ビジュアル、音楽、声優さんの演技も素晴らしい。ただ、基本CGの枚数が少なすぎることが不満である。

エロシーンの属性
マゾ向けでもあり、サド向けでもある(両属性持ち推奨)。エロシーンは快楽系・苦痛系の両方があり、精神崩壊する場合もある。多くの変態属性を網羅しているが、特にスカトロが重視されている。食糞(女→男)、顔面糞(女→女)あり。尿道プレイあり(女→女)。チューブ連結もどきのプレイもある(対象は女,食糞あり)。獣姦を含む異種姦もある(人外→女)

目次

  1. 理不尽との戦い
  2. 苦痛と快楽のエロシーン
  3. ビジュアルの魅力と不満
  4. コメント

続きを読む DominancE

闇姫煉辱 ~終わらない正欺の鉄槌~

闇姫煉辱 ~終わらない正欺の鉄槌~

攻略はこちら

Summary 105/200(可)

本作のあらすじ
悪の秘密結社ダークブレインと正義戦隊セイギマンは、一年間にわたり激しく戦っていた。ダークブレイン首領の娘であるミヅチと、セイギマンの清姫は、それぞれ敵方に囚われた。ミヅチは過去に清姫に助けられたことがあり、彼女たちの間には友情が芽生えつつあったのだが……。

レビューの要旨
マニアックな責めばかりだが、エロシーンの出来にムラがある。全体的に作りが雑。

エロシーンの属性
拘束状態を基本とし、触手、電気、機械、SM器具によるマニアックかつハードな責めが行われる。

目次

  1. 良質な責めと、不完全燃焼な責め
  2. ストーリー性とシステムについて
  3. コメント

続きを読む 闇姫煉辱 ~終わらない正欺の鉄槌~

LEWDNESS ~Vita sexualis~

LEWDNESS ~Vita sexualis~

攻略はこちら

Summary 145/200(良)

本作のあらすじ
Sexual Misconduct(淫行)禁止法により、生殖目的以外の全ての性行為が禁じられた世界。主人公(百合亜)は、お姉様(美咲)にヌード写真を撮られた咎によって逮捕されたが、誠憐学園への編入を条件に釈放された。誠憐学園は、SM禁止法に違反した娘たちを”令嬢”―権力者に仕え性の奉仕を担う存在―として教育するための学園である。百合亜は”令嬢”とは何かをよく知らないままに入学し、”令嬢”として日々調教されていく。

レビューの要旨
シナリオが中途半端で不完全燃焼。『STARLESS』のような濃厚さを期待していると、肩透かしを食らう。だが、『STARLESS』と比べなければ、それほど悪い出来でもない。

エロシーンの属性
スカトロ、レズ、女装少年などを重視。排泄管理や貞操帯プレイもあり。BDSM要素はひと通り揃っている。

目次

  1. 排泄管理される令嬢調教
  2. 調教の裏側で
  3. 中途半端なテーマ性
  4. 総評

続きを読む LEWDNESS ~Vita sexualis~

鋼殻のアイ ~潜在意識へのメス豚刻印~

鋼殻のアイ~潜在意識へのメス豚刻印~

攻略はこちら

レビューと評価 140/200(良)

組織犯罪強襲部隊の上級捜査官である藤崎愛は、班長(宮村由香里)の指揮の下、国際的な人身売買組織サクリファイスを追っている。愛は、捜査のため上流階級が集うパーティに潜り込むが、そこでサクリファイスの罠にはめられてしまう。囚われの身となった愛は、組織の重要人物である調教師Xの手によって、潜在刻印によるメス豚調教を施される。

機械責めを重視した戦闘ヒロイン調教もの。いつもの黒リリス作品と比べて、マニアックかつグロテスクな内容だった。

ストーリー展開やエロシーンの作りに大雑把なところもあるが、全体的には良い出来だ。機械責めのほかに、口淫・精飲、快楽系の輪姦、アナル系のエロシーンが好きなら、十分満足できる作品だと思う。

続きを読む 鋼殻のアイ ~潜在意識へのメス豚刻印~

目覚めたら、ボクが可愛い女の子

目覚めたら、ボクが可愛い女の子

(※)本作には選択肢が1つしかないので、攻略チャートは作っていません。

レビューと評価 65/100(可)

男子校生の主人公は、マッドサイエンティストの姉により、知らないうちに性転換されてしまった。抗議するも直ちには男に戻れず、女の子になったまま男子校に通うはめになる。

輪姦・乱交および機械拘束に特化したTSF作品。シナリオはエロシーンの連続で構成されており、余計なストーリー性はない。性転換された主人公が女の子の快楽を積極的に貪る展開が好きなら、価格相応には楽しめるだろう。

続きを読む 目覚めたら、ボクが可愛い女の子

対魔忍ユキカゼ

対魔忍ユキカゼ

攻略はこちら

レビューと評価 115/200(可)

“対魔忍”ゆきかぜは凛子先輩とともに、ゆきかぜの母である不知火救出の任務に志願した。この任務遂行のためには娼婦に化ける必要があり、娼館で客を取ることも覚悟しなければならない。そこで前夜、二人は想い人の達郎(凛子の弟)に処女を捧げようとするものの、躊躇してしまう。こうして二人は処女のまま、奴隷商人に連れられて、闇の無法都市”ヨミハラ”に潜入することになった。

対魔忍シリーズのスピンオフ作品。前作までのヒロインも登場するが、それは顔見せ程度。ストーリー上の繋がりは薄いので、本作がシリーズ初プレイでも問題ない。

ストーリー展開はかなり強引で、セールスポイントの寝取られは不完全燃焼。娼館で行われる凌辱接待は、対魔忍シリーズにしてはソフトな印象がある。だが、嫌々ながらの娼婦プレイや女体改造が好きなら、なかなか興奮できる内容だと思う。

グラフィックについては、一枚絵や立ち絵それ自体の出来は素晴らしい。しかし、それらを用いた一見大胆な演出の一部は、逆に評価を下げる要因になってしまっている。

続きを読む 対魔忍ユキカゼ

虜囚市場 ~罠に嵌められたエルフの女将校~

虜囚市場~罠に嵌められたエルフの女将校~

攻略はこちら

総評 120/200(可)

エルフ凌辱ものだが、特にエルフという種族の特性が活かされているということはない。エルフという属性ありきで、そこにフェチズムも設定上の必然性も読み取れない。

キャラクターデザイン等のビジュアル面はとても良い仕事をしているのに、シナリオが足を引っ張っている。また今回、声優さんのエロ演技も良いとは言えない。本作には発売前から期待を寄せていたが、実際の内容は期待外れな出来であった。

続きを読む 虜囚市場 ~罠に嵌められたエルフの女将校~