女剣闘士ミネルヴァ ~モンスターコロッセオ~

女剣闘士ミネルヴァ ~モンスターコロッセオ~

攻略はこちら

Summary 105/200(可)

本作のあらすじ
豊かな大地アジールで最も勢いのある国ダチア。ダチアは、呪われた地ドラゴヴィートと国境を接しており、蛮族のアジールへの侵攻を食い止めていた。

しかし、隣国ゴートがドラゴヴィートと連携し、ダチアへと侵攻。女騎士ミネルヴァの奇襲によりゴードの撃退に成功するも、才媛王ユノーはドラゴヴィート王の参謀オルクスの奸計に嵌められ、当面の国の安全と引き換えにその身を差し出た。

ミネルヴァは、姉妹でもあるユノーを救うため、単身でドラゴヴィートへ潜入。「剣闘士大会で優勝して王を暗殺し、ユノーを救出しよう」と試みる。

レビューの要旨
過激なビジュアルで描かれるシチュエーションありきの作品。エロテキストは質が悪い。絵にはだいぶ癖があるので、商品画像だけでなく、せめてサンプルをみてから購入したほうがいい。

エロシーンの属性
異種姦+衆人環視+輪姦・乱交。異種姦は、主にオーガと触手。ボテ腹表現もあるが、妊娠エロシーンは1本だけ。ビジュアル的にはリョナだが、テキスト的には快楽寄り。スカトロあり(失禁は複数、脱糞は1本、排泄物無修正)。触手搾乳、乳頭責め、大量精飲あり。

目次

  1. 作画について
  2. シナリオについて
  3. エロシーンについて

1. 作画について

サンプル

本作のプレイを開始してすぐに、とてもアンバランスなヒロインの立ち絵に面食らった。一枚絵では、ヒロインの胴回りが異様に細長い。胸をみると、中途半端に膨らませた水風船のように、だらしない様子である。膣や腸内に大量の精液や触手を入れられたヒロインの腹は、これまた中に風船でも仕込まれたかのように、歪な形状に膨れ上がっている。一枚絵の作画は、全部を通して安定していない。

非常に癖の強い絵だ。その奇妙なバランスに魅力を見出せなければ、ただの狂った作画にしか見えないだろう。

2. シナリオについて

シナリオは、3つのエンディングに向けて分岐する。グッドエンディングと思われるものは、申し訳程度の内容だ。残る2つのバッドエンディングのほうが、テキスト量もCGの枚数も充実している。グッドエンディングには、固有のCG一枚すら存在しない。

ストーリーの進行は、ミネルヴァ視点がメインで、ユノー視点がサブといったところ。ユノー救出のために全力を尽くすミネルヴァと、監禁されているユノーの視点とが要所で切り替わる。

一方、もう一人のヒロイン、赤髪の女騎士ベローナは、噛ませ犬的な存在だ。彼女は、

ネタバレ

エロCG枚数についても、ミネルヴァの2分の1未満しかないユノーの、さらに2分の1という冷遇ぶりである。

3. エロシーンについて

サンプルその2

エロシーンは、過激といえば過激である。例えば、肛門から侵入した触手が体内を暴れまわった末に、口から出てきたり。大量の精液を流し込まれたあげく、ぱんぱんに膨らんだ腹を踏み潰されたりする。

だが、ヒロインは基本的に媚薬漬けの状態にある。例えば、ミネルヴァが剣闘士として身に着けている防具は、あらゆるダメージを軽減するかわりに性的快感を強制されるという代物だ。また、他2人のヒロインはスライムやオークに犯されるが、それらの体液には媚薬効果があるという設定である。それ故、ヒロインがどれだけ酷い暴行を受けていたとしても、それほど”痛そう”には見えない。

エロシーンを描くテキストは、褒められた出来ではない。特に序盤~中盤のエロテキストは、無駄に長ったらしい修飾過剰で、まともに読んでいると疲れる。ヒロインの台詞には面白味のあるものが用意されていない。脊髄反射的に喘ぐ台詞が多くて、とてもつまらなかった。

  • 総合評価 105/200点
  • シナリオ 10/60点
  • グラフィック 55/80点
  • 音声 30/40点
  • システム 10/20点

作品情報

CGと声優の詳細
タイトル 女剣闘士ミネルヴァ ~モンスターコロッセオ~
ブランド Lilith
発売日 2013年06月21日
ダウンロード販売 DLsite DMM
パッケージ通販 Amazon 駿河屋