制作: あかべぇそふと

「あかべぇそふとつぅ」と姉妹ブランド「あかべぇそふとすりぃ」「hibiki Works」制作作品の感想または攻略記事の一覧です。

母性カノジョ -子宮 帰還編- 感想

攻略はこちら

概要と評価 155/200(良)

作品のあらすじ

ブラック企業に務める新人社員の一也は、毎日のように課長からパワハラを受けていた。ある日、先輩社員の橘美織はそんな彼を気遣い、セックスまでしてくれた。それから一也と美織は恋人どうしとなり、同棲生活と一也の再教育が開始されるのだった。

感想の要旨

魔性の母性ヒロインに徹底的に甘やかされる作品。全体的にクオリティの高い作品ではあるが、内容は少し歪かもしれない。

エロシーンの属性

ヒロインに甘えられるプレイが多い。イラマチオ、アナルセックスあり。孕ませ的な言動はあるが、妊婦プレイはない。

続きを読む 母性カノジョ -子宮 帰還編- 感想

略奪者の淫宴 感想

『略奪者の淫宴』のタイトル画面

※この作品は一本道シナリオなので、攻略記事は作成していません。

概要と評価 110/200(可)

作品のあらすじ

ロイの村はイクス率いる盗賊団に蹂躙され、家族は辱められた末に殺された。ロイはイクスの妻であるハミロの性奴となり、青年に成長してからも面従腹背を貫いていた。ロイはハミロのお気に入りとして伽を担いながらも、盗賊団に復讐する機会を窺っていたが……。

感想の要旨

この作品が復讐物として駄目なのはシナリオのせいであり、リョナ系エロゲーとして駄目なのもシナリオのせいである。

エロシーンの属性

リョナ重視、ただし和姦もあり。輪姦・乱交が多め。

目次

  1. この作品が復讐物として駄作である理由(ネタバレ)
  2. この作品がリョナとして駄作である理由
  3. コメント

続きを読む 略奪者の淫宴 感想

手垢塗れの天使 感想

手垢塗れの天使

本作は一本道シナリオですので、攻略チャートは作成していません。

概要と評価 180/200(秀)

作品のあらすじ

如月嶺衣奈は容姿端麗で努力家だが、デビュー一年目にして未だ鳴かず飛ばずのアイドル。自分の現状に憤った嶺衣奈がプロデューサーに直談判したところ、彼は枕営業の機会をセッティングした。トップアイドルへの夢を諦められない嶺衣奈は、自らの意思で幾多の枕営業に手を染めていく。

感想の要旨

夢のためなら手段を選ばない、強かな一人のアイドルの物語。「裏の顔システム」はとても面白い試み。特殊性癖に偏っていないので、幅広い層の陵辱ファンにオススメできる。

エロシーンの属性

嶺衣奈に嫌悪感を与えるエロシーンが主。イラマチオあり。

目次

  1. 手垢に塗れることを望む天使
  2. 表の顔、裏の顔
  3. コメント

続きを読む 手垢塗れの天使 感想