Tag: 人体改造

これまでにレビューした作品のうち、手術や魔法等によって肉体を改造されてしまうことがあるエロゲーのリストです。

対魔聖甲アリス レビュー

「対魔聖甲アリス」の商品画像

攻略チャート

Summary 125/200(可)

本作のあらすじ
古代魔法文明の復活を目論む魔術師ロキソールの陰謀を阻止すべく、ヴァナヘルム機関の戦乙女アリスは奴隷娼婦に変装し、ムスベルヘイム城内へと潜入する。正体が暴かれてしまったアリスは虜囚の身となり、ロキソールの孕ませ実験の被験体となる。

レビューの要旨
異種姦孕ませモノだが、オークルート以外は孕ませの過程が貧しい。世界観が薄っぺらい。

エロシーンの属性
異種姦特化、孕ませ重視。人体改造がエロシーンとしてあり。輪姦、精飲、飲尿、排泄あり。腹パンなどの暴力表現あり。

レビューの目次

  1. 異種姦+孕ませ
  2. 薄っぺらな世界観

»『対魔聖甲アリス レビュー』の続きを読む

監獄戦艦3 ~熱砂の洗脳航路~ レビュー

監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~

攻略チャート

Summary 175/200(優)

本作のあらすじ
ディ・エルデ初代議長ドニ・ボーガンは、火星における戦闘でクシャナ軍に大敗し、右腕と大勢の部下達を失った。復讐を誓ったボーガンは、永世中立のリブラ軍大佐に成りすましてクシャナ母娘を歓待し、二人を洗脳改造するための計画を実行する。

レビューの要旨
監獄戦艦シリーズの正統進化。絵だけでなく、緊張感のあるシナリオも優れている。洗脳改造シーンに力が入っており、かなり実用的な作品である。

備考
本作は続編物である。時系列は、1→2→3となる。2は本作のストーリーに直接関わらないが、1は多少関わる。本作は1と2を知らなくても楽しめる作りになっているが、知っていればストーリーの理解がより深まるだろう。

エロシーンの属性
洗脳改造(改造内容はレビュー参照)。様々な属性を網羅しているが、精飲、排泄器官(尿道・アナル)責めが濃厚。輪姦・乱交あり。妊娠プレイ、露出・野外プレイもあり(After Story)。刺青、落書きもあり(ただし、恒久的ではない)。

レビューの目次

  1. 緊張感のある復讐劇
  2. 監獄戦艦史上、最もハードな洗脳改造
  3. やはり親子
  4. コメント

»『監獄戦艦3 ~熱砂の洗脳航路~ レビュー』の続きを読む

魔法少女みおん ~魔生受胎の刻~ レビュー

魔法少女みおん~魔生受胎の刻~

攻略チャート

Summary 145/200(良)

本作のあらすじ
みおんは、とある事件で両親と親友(穂乃香)を失い、その町で過ごした記憶さえも失った。その後叔父夫婦に育てられた彼女は、近頃夢に現れる穂乃香との思い出に導かれ、再び町へやって来た。
みおんはその町で、謎の宇宙生命体・ゾルドに襲われる。彼女は謎の小動物オーヴィの力を借りて魔法少女に変身し、襲いかかる敵を倒していく。

レビューの要旨
魔法少女2人と小動物1匹が、それぞれの正義のために戦うストーリーは、なかなか感動的だった。下品でシュールなエロシーンは、如何にもわるきゅ~れらしい。

エロシーンの属性
異種姦特化。乳房肥大化、フタナリ化等の人体改造あり。産卵、出産シーンあり。

レビューの目次

1. テーマは正義
2. エロシーンについて
3. コメント

»『魔法少女みおん ~魔生受胎の刻~ レビュー』の続きを読む

魔法少女カナタTS レビュー

魔法少女カナタTS

攻略チャート

Summary 100/200(可)

本作のあらすじ
魔法が原子力のようにエネルギー源として扱われている世界。この世界では、魔法使いとしての資格を持たずに魔法を行使することは違法らしい。主人公(円)の幼馴染であるカナタは、魔法犯罪者たちを狩る魔法少女だ。

ある日、円は魔法犯罪に巻き込まれた。そして円の精神は、彼を助けようとしたカナタのなかに取り込まれてしまう。こうして円は、男の心を持ったまま、魔法少女として暮らすことになった。

レビューの要旨
本作は、魔法少女+異種姦とTSFを融合させようとした結果、破綻した作品だ。曲がりなりにもTSFとして成り立っているのは、序盤と一部のイベントだけである。それ以外は、TSFを抜きにしてみても不出来だ。

エロシーンの属性
異種姦TSF(性転換を題材にした創作物)。憑依。異種姦以外に、(正気を失った)男達との輪姦・乱交もある。妊娠→出産もあるが、孕んでいるのは卵であることに注意。人体改造っぽい要素(乳房肥大化、フタナリ)もあるが、それは魔法の効果による。

レビューの目次

1. TSFとして
2. 異種姦その他として
3. ビジュアルについて
4. ストーリーについて

»『魔法少女カナタTS レビュー』の続きを読む

籠女の繭 レビュー

籠女の繭

攻略チャート

Summary

本作のあらすじ
舞台は裏で忍者を養成している学園。死に瀕した学長は、女体回帰によって再誕を試みた。女体回帰とは、選ばれた母体を犠牲に、記憶を持った胎児として生まれ変わる秘術中の秘術だ。主人公とその仲間達は、母体に選ばれてしまった鷺ノ宮繭子を守るため、学長の部下達と戦う。

レビューの要旨
マニアックなエロシーンにのみ価値のある作品。それ以外の要素はすべて不可。『蠱惑の刻』や『喰ヒ人』が好きな方にはおすすめ。

エロシーンの属性
処女喪失、異種姦を重視。タグ(記事の下部を参照)を見て分かるとおり、様々なハードプレイが網羅されている。かなりのハード志向で、しかもグロテスクであることに注意。

レビューの目次

1. 低質なストーリー
2. 低いコストパフォーマンス
3. マニアックなエログロ
4. 自力攻略は非推奨
5. 総評

»『籠女の繭 レビュー』の続きを読む

対魔忍アサギ3 レビュー Part.1/2

対魔忍アサギ3

攻略チャート

Summary 140/200(良)

本作のあらすじ
アサギの被保護者である沢木浩介は、アサギに密かな恋心を抱いていた。浩介は室井の協力で得た異能の力によって、ついにアサギと結ばれた。一方、浩介とともにアサギに育てられた対魔忍アスカは、忍びの名門・甲河家の生き残りである。長い間行方不明であった彼女はアサギの前に現れ、アサギと対立する構えをみせるが……。

レビューの要旨
ストーリーは構成が酷すぎて、褒められた出来ではない。一方、エロに関しては非常に良い。対魔忍シリーズ史上、最もハードなプレイを楽しめる。

エロシーンの属性
あらゆるハードプレイの詰め合わせ。人体改造、精液フェチ系、異種姦、妊娠・出産、輪姦・乱交あたりが好きなら、特におすすめ。

レビューの目次

[Part.1/2]
1. イントロダクション
2. ストーリー構成の欠陥
2-1. アサギ編
2-2. アスカ編
2-3. 評価
3. 本作のボリュームは少なかったのか?
[Part.2/2]
4. 迫力のあるエロシーン
5. 対魔忍シリーズ史上、最もハードなエロス
5-1. 充実のハードプレイ
5-2. アスカのエロシーン
5-3. 快楽漬け
6. 総評

»『対魔忍アサギ3 レビュー Part.1/2』の続きを読む

生意気だった、茜ちゃん ~47才無職キモデブが飼育して特濃SEXに嵌らせちゃう日記~ レビュー

生意気だった、茜ちゃん~47才無職キモデブが飼育して特濃SEXに嵌らせちゃう日記~

攻略チャート

Summary 50/100(可)

本作のあらすじ
主人公(琢朗)はある日、お気に入りのアニメキャラにそっくりな少女(茜)を拉致した。茜ちゃんは、強力な媚薬の効果で、嫌でも感じるようになってしまう。

レビューの要旨
主人公の気持ち悪さが際立っている。あまり出来の良い作品ではない。もしプレイするなら、自力攻略はしないほうがいい。

エロシーンの属性
キモデブx少女。攻略チャート参照。

レビューの目次

1. 主人公の気持ち悪さ
2. 調和しないテキストと声とグラフィック
3. 自力攻略は非推奨
4. コメント

»『生意気だった、茜ちゃん ~47才無職キモデブが飼育して特濃SEXに嵌らせちゃう日記~ レビュー』の続きを読む

闇姫煉辱 ~終わらない正欺の鉄槌~ レビュー

闇姫煉辱 ~終わらない正欺の鉄槌~

攻略チャート

Summary 105/200(可)

本作のあらすじ
悪の秘密結社ダークブレインと正義戦隊セイギマンは、一年間にわたり激しく戦っていた。ダークブレイン首領の娘であるミヅチと、セイギマンの清姫は、それぞれ敵方に囚われた。ミヅチは過去に清姫に助けられたことがあり、彼女たちの間には友情が芽生えつつあったのだが……。

レビューの要旨
マニアックな責めばかりだが、エロシーンの出来にムラがある。全体的に作りが雑。

エロシーンの属性
拘束状態を基本とし、触手、電気、機械、SM器具によるマニアックかつハードな責めが行われる。

レビューの目次

1. 良質な責めと、不完全燃焼な責め
2. ストーリー性とシステムについて
3. コメント

»『闇姫煉辱 ~終わらない正欺の鉄槌~ レビュー』の続きを読む

カーラ The Blood Lord レビュー Part.1/2

カーラ The Blood Lord

攻略チャート

Summary 120/200(可)

本作のあらすじ
人間と吸血鬼が協定を結び、吸血鬼が大っぴらには人間の生き血を啜れなくなった世界。この協定に反発する吸血鬼グラムは、吸血鬼の血液と人身の売買を行なっていた。吸血鬼の女王カーラが仲間とともにグラムを一度は討伐するも、彼はしぶとく生きていた。カーラとその仲間が、友人(北絵)の運営する術者育成学校『隼人学園』にやってくると、グラムはこの好機に、カーラを自分の傀儡にしてしまおうと試みる。

レビューの要旨
キャッチーな要素をあれもこれもと詰め込む一方で、要素間の調和がおざなりになっている。結果、個々の要素から魅力を引き出せず、プロットをきちんとまとめきれていない。一枚絵の突出した魅力のおかげで、辛うじて実用性が確保されているようだ。

エロシーンの属性
いつもどおりのハードプレイの詰め合わせ。アナル、口淫、輪姦、精液まみれの状態が目立つ。とてもソフトだが肉体改造の要素もある。エロシーンのハードさは、監獄や対魔忍シリーズと比べると、ややヌルめな印象だ。

レビューの目次
最初にプロットの破綻について述べ、次にエロシーンについて述べる。最後に、総評をまとめる。

[1/2頁]
1. 狙いすぎて破綻したプロット
1-1. 無駄に多い裏付けのない設定
1-2. ヒロインごとのエロシーンの欠乏
1-3. 何のための学園設定か?
[2/2頁]
2. エロシーン
2-1. アナル
2-2. 口淫
2-3. 輪姦
2-4. 肉体改造
2-5. 体液表現
3. 総評

»『カーラ The Blood Lord レビュー Part.1/2』の続きを読む

鋼殻のアイ ~潜在意識へのメス豚刻印~ レビュー

鋼殻のアイ~潜在意識へのメス豚刻印~

攻略チャート

本作には、完全版があります。

レビューと評価 140/200(良)

組織犯罪強襲部隊の上級捜査官である藤崎愛は、班長(宮村由香里)の指揮の下、国際的な人身売買組織サクリファイスを追っている。愛は、捜査のため上流階級が集うパーティに潜り込むが、そこでサクリファイスの罠にはめられてしまう。囚われの身となった愛は、組織の重要人物である調教師Xの手によって、潜在刻印によるメス豚調教を施される。

機械責めを重視した戦闘ヒロイン調教もの。いつもの黒リリス作品と比べて、マニアックかつグロテスクな内容だった。

ストーリー展開やエロシーンの作りに大雑把なところもあるが、全体的には良い出来だ。機械責めのほかに、口淫・精飲、快楽系の輪姦、アナル系のエロシーンが好きなら、十分満足できる作品だと思う。

»『鋼殻のアイ ~潜在意識へのメス豚刻印~ レビュー』の続きを読む

無限煉姦 ~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~ レビュー

無限煉姦 ~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~

攻略チャート

レビューと評価 145/100(良)

ストーリーは、成長物語。世界観は、時空を超越したパラレルワールド。理不尽な環境に翻弄されるだけだった主人公が、別世界で様々な人々との出会いを通じて成長していく。

Liquidの他作品とは毛色の違う異色作。過激な陵辱(輪姦、触手姦、人体改造、拷問系)を盛り込みながらも、ストーリー性が非常に高い。実用本位でプレイするとやや微妙な作品だが、ダークファンタジーの読み物としてはとても面白い内容だと思う。

»『無限煉姦 ~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~ レビュー』の続きを読む

喰ヒ人 レビュー

喰ヒ人

攻略チャート

レビューと評価 140/200(良)

ミステリークラブに所属する3人の少女達(琴音、まみ、悠里)が、山奥にある古い屋敷を訪れる。そこは廃屋との噂だったが、実は年若い兄(秋夜)と双子姉妹(小春、小冬)が住んでいた。外は大雨で、このまま山を下りるのは危険だ。少女達は、この屋敷の住人達の隠された本性を知らないまま、秋夜の勧めで屋敷に泊まることになる。

怪作『蠱惑の刻』の流れを汲んだ作品(続編ではない)。かの作品がそうであったように、本作もまた異常にハードな内容だ。

エロシーンは異種姦中心だが、それ以外の凌辱プレイも大体揃っている。ただ、内蔵姦(※外部に露出した臓器を犯すのではなく、膣や肛門等から侵入して体内を犯すのみ)や捕食表現(※主にテキスト)が頻出するので、苦手な方は要注意。逆に、一部の好事家にとっては、このご時世ではたいへん希少価値のある作品となるだろう。

»『喰ヒ人 レビュー』の続きを読む

妖蟲ノ檻 レビュー

妖蟲ノ檻

攻略チャート

レビューと評価 70/100(良)

第三生命体ωを押送中の宇宙船が、そのωによって乗っ取られる。ωは乗員の女達を次々と犯し、孕ませ、出産させて、世代交代を繰り返していく。

異生物による孕ませ・出産に特化したエロシーンは情け容赦なく、とても過激。しかし、大勢いるヒロインに対し、似たような展開が繰り返されるので、退屈に感じられる。ゲテモノ孕ませ→出産がかなり好きで、それ以外のことにはこだわらない方向け。

»『妖蟲ノ檻 レビュー』の続きを読む

蠱惑の刻 レビュー

蠱惑の刻

攻略チャート

レビュー

探偵である主人公(と助手)が山奥の館に迷い込み、館の住人達の凌辱劇に巻き込まれる。

本作は、見方によって駄作とも傑作ともなり得る作品だ。ADVとしての完成度を重視するならば、間違いなく駄作である。しかし、グロテスクと称せるほど過激なエロを貴重と考えるなら、お宝級の価値が認められる。

»『蠱惑の刻 レビュー』の続きを読む