学園の生贄 慰み者と化した巨乳不良少女 ~白濁に侵される褐色&堕肉の狂宴~ 第一話:不良少女への性裁

学園の生贄――慰み者と化した巨乳不良少女 ~白濁に侵される褐色&堕肉の狂宴~ 第一話:不良少女への性裁

レビュー

華のお嬢様を育成する学園の裏の顔は、不出来な少女(ヒロイン)を矯正するための施設であった。学園の聖女に祭り上げられたマリは、褐色肌の転校生ショーコに「オトモダチになって下さい」と頼むが……。

私は、エレクトリップの『巨乳性奴会長』をプレイして以降、HAIN作品はほとんど購入してこなかった。『不良にハメられて受精する巨乳お母さん』はついつい絵買いしてしまったが、レビューはしなかった。何故ならば、シナリオがまったく理解できなかったからだ。

»続きを読む

同人CG集『催眠App ~スケベな女になってゆく~』

催眠App~スケベな女になってゆく~

批評・感想

彼女いない歴=年齢の主人公が偶然催眠アプリを手に入れ、それを使って多くの女達を次々と犯していく。

本作でいう「催眠」は魔法みたいなもので、女を言いなりにしたり、主人公の存在を認識できないようにしたりできる。主人公は「合意の上で向こうから求めてほしい」という願望を持っているので、正気を保たせたまま強姦するシチュエーションはない。

»続きを読む

女装学園(妊)

女装学園(妊)

攻略はこちら

Summary 155/200(良)

作品のあらすじ

ある日、谷嶋健人は、学園きってのお嬢様である高幡葵に告白されるも本能的な危機を察知し、その場から逃げ出してしまった。後日、校内放送で実は健人の通う学園は男子校であったことが暴露され、今の今まで共学だと信じていた男どもは阿鼻叫喚。健人が葵に問うと、葵は男の娘が男と結ばれることに少しの疑念も抱いていない様子で……。

レビューの要旨

脳内彼女の『男の娘』シリーズの3作目。『女装海峡』よりもチャレンジ精神に溢れているが、ややニッチな方面に進んでいるので、前2作よりも敷居が高いかもしれない。

エロシーンの属性

対"男の娘"特化。もちろん妊婦?セックスあり。ハーレムもあり。

目次

  1. 他の脳内彼女『男の娘』シリーズとの比較
  2. 各ヒロインのルートについて
  3. コメント

»続きを読む

女装学園(妊) 攻略

『女装学園(妊)』は、最初に選んだヒロインのルートに分岐する構成になっています。2番目の選択肢のどれを選ぶかによって、グッドエンドまたはバッドエンドに分岐します。

»続きを読む

同人誌『初めての相手はお父さんでした #1 反抗期な次女』

初めての相手はお父さんでした #1 反抗期な次女

批評・感想

本作は、50代巨漢の父親と○学生の次女(杏奈)との近親相姦を描いた同人誌だ。この家庭では近親相姦が日常的に行なわれており、母親もそれを認めている。父親は家に帰ってくるなり、風呂場へ向かう。杏奈が入浴中だったが、そんなことはお構いなしだ。

»続きを読む

同人CG集『僕の性処理係はイジメッ子ギャル』

僕の性処理係はイジメッ子ギャル

批評・感想

家が金持ちということだけが自慢の小野寺ユウタは、3人の同級生(井上レイカ、千草すもも、夢路彩音)にいじめられていた。ある日ユウタが帰宅すると、拘束されて黒服に取り囲まれた3人がいた。どうやら彼女達の親が借金の形に娘を売り払ったらしい。ユウタは、「3人をソープに沈める」という父の言葉を退け、代わりに彼女達を自分の性処理係に任命した。

『僕の性処理係はイジメッ子ギャル』は、同人CG集にしては話の流れとキャラ設定が良く出来た作品だ。

»続きを読む

淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~

淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

白鳥武は、最近の事件でひどく陵辱されたことが原因で、生涯人の子を身籠もれず、現役で戦うこともできない身となった。一人で霊障の仕事に出向いたきり戻ってこない香山水依を助けに行くには、人手が足らない。そこで夜は、黒猫支店の新たな戦力として、元メンバーの九重京子の娘である鈴子を招き入れた。

レビューの要旨

『淫妖蟲 外伝』の続編にあたる作品。徹底陵辱、メインストーリーの軽視という点では触以前に回帰しているが、肝心の陵辱内容は悦以前と趣向が異なる。それ故、古参の淫妖蟲ファンが本作を気に入るかどうかは微妙なところだが、とにかく鬼畜な陵辱劇が観たいなら購入する価値のある作品だ。

エロシーンの属性

異種孕ませ、出産重視。とにかくハードでグロいエロシーンに特化している。執筆時、32個のタグがつけられるほどエロシーンの属性には網羅性がある。詳しくは、「各ヒロインの抜きどころ」を読んでほしい。

目次

  1. 他の淫妖蟲シリーズとの関係
  2. シリーズの転換点としての『淫妖蟲 凶』
  3. 各ヒロインの抜きどころ
  4. コメント

»続きを読む

淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~ 攻略

『淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~』は、「本編 END」へ向かう正しい選択肢を選び続けると、ほとんどエロシーンが出てきません。多くのエロシーンは、「BAD END」または「桜花 END」に出てきます。「本編」「水依編」「武編」において、以下の攻略チャートに載っていない選択肢を選ぶと、最終的には「本編 END」に辿り着きます。

»続きを読む

淫妖蟲 外伝(1~3章)

この記事では、淫妖蟲外伝1~3章をまとめてレビューしている。個別のレビュー記事を作らないのは、各章ごとの内容が薄すぎて、1本ずつではとても記事にならないからである。

  1. 淫妖蟲 外伝 ~深琴と武編 兆しの章~
  2. 淫妖蟲 外伝 ~水依編 囚われの章~
  3. 淫妖蟲 外伝 ~月白姉妹編 始まりの章~

»続きを読む

淫妖蟲 悦 ~快楽変化退魔録~

淫妖蟲 悦 ~快楽変化退魔録~

攻略はこちら

Summary

作品のあらすじ

橘木ヤマトと白鳥姉妹は、正退魔師の試練を受けるため、綾神の郷を訪れた。そこでヤマトは何者かの陰謀によって内なる鬼(倭)を呼び起こされてしまう。倭を再び封印すべく、白鳥姉妹と四法院夕は、孕神子として自らの身を差し出す決意をする。

レビューの要旨

「孕神子」に志願するか、それとも強制されるかという展開の違いが生み出すギャップはなかなか面白く、エロさも感じられた。しかし、本作は前作までとは違った趣向のようだが、その変更点の悉くがファンの逆鱗に触れるものであったため、駄作という評価は免れない。

エロシーンの属性

異種姦孕ませ、出産重視。前作以上に人間(もしくは人型の妖魔)との絡みが目立っている。近親姦の要素あり。乳房肥大化の人体改造、フタナリ、乳腺責め、スカトロ、電気責め、大量精飲あり。和姦多し。

目次

  1. 自ら志願して犠牲となるか、それとも強制されるか
  2. 本作が駄作とみなされる理由

»続きを読む