姫騎士シャロンと異世界の勇者 レビュー

姫騎士シャロンと異世界の勇者

攻略チャート

Summary 110/200(可)

作品のあらすじ

変人揃いの天文部に所属する月島蛍一は、ある日、アースガルドのガレリア王国に召喚された。蛍一は、姫騎士シャロンの要請を受け、勇者としてともにアースガルドを救う旅に出る。その道中、魔法王ヴァンダイクの呪いを受けた蛍一は、王女との”粘膜接触”及び”体液交換”なしには生き長らえない体になってしまう。そのことに責任を感じたシャロンは、蛍一を救うためにやむを得ず、彼との性的接触を試みる。

レビューの要旨

序盤から中盤にかけては、異世界召喚物のテンプレート的な展開をみせるが、終盤で道を踏み外す。エロシーンは、男の体が上手く描けておらず、テキスト表現が貧しい。

エロシーンの属性

ヒロインは巨乳の女騎士一人のみ。和姦抜きゲーにしては、様々な性癖を網羅している。アナルセックス、イラマチオ、精飲、コンドーム、ローションプレイ、露出プレイ、妊婦プレイなど。

レビューの目次

  1. 一貫性に欠ける設定
  2. すりこぎの悲劇
  3. 表現の貧しいエロテキスト

»『姫騎士シャロンと異世界の勇者 レビュー』の続きを読む

姫騎士シャロンと異世界の勇者 攻略

正しい選択肢を選んだ回数によって、3つのエンディングに分岐します。正解2回以下でバッドエンド、3回でノーマルエンド、全部正解でグッドエンドに分岐します。エロシーンの選択は、ただのシーン選択ではなく、分岐に直接関係します。以下の攻略チャートのとおりに進めると、CG・回想ともにコンプリートできます。

»『姫騎士シャロンと異世界の勇者 攻略』の続きを読む

淫烙の巫女NTR ~淫烙の二日間~ レビュー

淫烙の巫女NTR ~淫烙の二日間~

レビュー

第1話第2話第3話と続いてようやく最終話……かと思いきや、実はこれがシリーズとしての終わりではないようだ。第4話のエピローグと公式の記事によると、「次回作鋭意製作中」(原文ママ)。「次回作」というのが直接の続編かといえば、説明が難しいそうだが、「この岩淵家のお話が今回で終わりではない」とのことだ。

»『淫烙の巫女NTR ~淫烙の二日間~ レビュー』の続きを読む

カノジョのお母さんは好きですか? ~クールな人妻社長を籠絡せよ!~ レビュー

カノジョのお母さんは好きですか?~クールな人妻社長を籠絡せよ!~

攻略チャート

レビューと評価 80/100(優)

奥伸二は、青柳都の恋人。青柳の母親である佳乃は娘をピアニストにすることを夢見ており、彼女の留学の妨げとなっている伸二を何とか排除したいと考えていた。年齢的な問題から精力が衰えつつある夫(巌)とのセックスに不満があった佳乃は、自らの肉体を囮にして、都から伸二を引き離そうとする。

娘から彼氏を遠ざけるために罠を仕掛けた母親が、いつの間にか自分のほうが娘の彼氏にどっぷりハマってしまう。本作のストーリーは、伸二と佳乃、両方の視点を行き来する形で進行する。本編のエロシーンは伸二視点だが、本編終了後の回想では佳乃視点が開放される。

本作は約二千円という価格のわりに内容が充実しており、コストパフォーマンスの良好な作品だ。エロシーンは、序盤こそ単なる誘い受けだが、中盤以降は余人の目に留まりかねないシチュエーションに重きが置かれている。伸二と佳乃は、夫や娘または他人の存在が感じられる状況で、濃厚な性交を重ねていくのだ。

»『カノジョのお母さんは好きですか? ~クールな人妻社長を籠絡せよ!~ レビュー』の続きを読む

カノジョのお母さんは好きですか? ~クールな人妻社長を籠絡せよ!~ 攻略

フルスクリーン時に画像やテキストの輪郭が荒れてみえる場合、「設定>画面>ハードウェアで拡大」にすると改善されるかもしれません。

エンディングは2つあります。選択肢の選び方によっては、途中のエロシーンが回収できないこともあります。以下の攻略チャートにしたがって進めていけば、CG・回想ともにコンプリートできます。回想には佳乃視点のエロシーンが追加されますので、お見逃しなく。

»『カノジョのお母さんは好きですか? ~クールな人妻社長を籠絡せよ!~ 攻略』の続きを読む

DLdouはスマホ・タブレットに対応しました

DLdouは、スマホやタブレットでもわりと快適に閲覧できるようになりました。レビューリストや攻略リストは、スマホとPC・タブレット、どちらからでも見られるように作り直しました。ただし、商業・同人のリストについてはPC・タブレットでの閲覧を前提に作っています。

Internet Explorerで閲覧する場合、ヴァージョンは9以上が推奨です。IE 8でも普通に閲覧できますが、IE 9以上と比べてややレイアウトが崩れます(トップメニューが固定されない、左カラムの上部が少し下がる等)。IE 7以下には対応していませんので、IE 8以上にアップグレードするか、ChromeやFirefox等の別のブラウザで閲覧してください。

LOVEMILF2 レビュー

「LOVE MILF 2」の商品画像

※本作には差分選択肢しかないので、攻略チャートは作成していません。

レビューと評価 80/100(優)

曲垣雪は昔一緒に暮らした従兄弟(菱井戸輝周)と思わぬ形で再会し、輝周の指図で叔母(菱井戸芙由子)の家を訪問した。雪は、日中は肉体労働、夜はネットカフェで暮らす日々を送っていたが、叔母の勧めで彼女の家に住まわせてもらうことになる。

ゲーム開始時のメランコリックな雰囲気とやけに細かい人間関係をみると、この作品は「叔母との背徳的な近親相姦を本格的に描いたものだ」と“勘違い”してしまうかもしれない。しかし実際のところ、本作はそういう趣旨の作品ではない。

»『LOVEMILF2 レビュー』の続きを読む

淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~ レビュー

「淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~」の商品画像

レビュー

遥は、第1話では肉体に刻まれた肛虐快楽の記憶を引き出され、第2話では貞操観念に揺さぶりをかけられた。第3話では、心身ともに快楽に抗うことができなくなった遥に対し、剛蔵は、これを頃合いとみたのか、これまでよりも強引な手口で彼女を堕としにかかる。

»『淫烙の巫女NTR ~蜘蛛の巣の蝶~ レビュー』の続きを読む

淫烙の巫女NTR ~泥濘の新婚生活~ レビュー

「淫烙の巫女NTR ~義父の魔の手~」の商品画像

レビュー

『淫楽の巫女NTR』の第1話は、遥の肉体が過去に調教された快楽の味を徐々に思い出していく展開であった。今回レビューする第2話は、肉欲に抗えなくなった遥が、精神的にも墜ちていく過程を描いている。

»『淫烙の巫女NTR ~泥濘の新婚生活~ レビュー』の続きを読む

雨恋 レビュー

「雨恋」のパッケージ画像

攻略チャート

Summary 155/200(良)

本作のあらすじ
官能小説家である主人公は、初恋相手(一志瑞穂)をモデルにした小説の続編を執筆するため、彼女との思い出が眠る勝見集落へ帰郷することにした。主人公は瑞穂の民宿に泊まるつもりだったが、彼女はすでに亡くなっていた。元民宿では瑞穂の娘(瑞希)が一人暮らしをしており、瑞希と性交し気に入られた主人公は、彼女の好意で泊めてもらうことになった。

レビューの要旨
ヒロインはまるですり込み済みの雛鳥のように主人公を慕ってくる。序盤の展開は雑だが、中盤以降は安定している。美麗なグラフィックで描かれた濡れ着衣100%のエロシーンは、やっていること自体はノーマルだが、テキストからねちっこいエロさが伝わってくる。

エロシーンの属性
濡れ着衣プレイに特化。半裸あり、全裸なし。セーラー服、ブルマ、浴衣などを着用。ノーマルなプレイばかりで、フェラシーンがやや多め。

レビューの目次

  1. 雛は親鳥の真の伴侶となるか
  2. 濡れ着衣オンリーなエロシーン

»『雨恋 レビュー』の続きを読む

淫烙の巫女NTR ~義父の魔の手~ レビュー

「淫烙の巫女NTR ~義父の魔の手~」の商品画像

※本作には選択肢がないので、攻略記事は書いていません。

レビュー

私が『淫烙の巫女』をレビューしたのは5年前で、当サイトのレビュー様式が今とはまるで異なる昔の話だ。正直、内容の細かいところは覚えていない。巫女の輪姦・乱交もので、とにかく実用性の高い作品だったということだけは覚えている。その頃のつたないレビューを読み返してみると、実際、当時もそんなふうに思っていたことが分かる。

『淫烙の巫女NTR』は、その『淫烙の巫女』のスピンオフだ。現在の夫(健)の父親(剛蔵)に肛虐調教されるも処女だけは守り通した遙が、昔の淫行写真をネタにした脅迫をきっかけとして、再び剛蔵に調教されてしまう。

『淫烙の巫女NTR』は全四話(追記:後の情報によると、次回(直接の続編かは不明)があるらしい)。テレビアニメのように毎週一話ずつ公開され、今月(2014年8月)の22日に第4話が公開されることになっている。今回レビューするのは、その第1話だ。

»『淫烙の巫女NTR ~義父の魔の手~ レビュー』の続きを読む

彼女は誰とでもセックスする。 レビュー

「彼女は誰とでもセックスする。」の商品画像

攻略チャート

レビュー 75/100(良)

和弘が告白した地味な少女(恵梨香)は、実は色情狂の尻軽女だった。恵梨香は和弘に、自分が和弘以外の男とセックスしている様子を撮影してほしいと頼んだ。ただし、和弘とはセックスしないという。和弘自身もどうやら寝取られ性癖の持ち主らしく、二人の歪んだ関係は夏の終わりまで続いていく。

要は、好きな娘が他の男とセックスしている様を間近で勃起しながら観察しているだけ、というシチュエーションに特化した作品だ。

»『彼女は誰とでもセックスする。 レビュー』の続きを読む

フラテルニテ レビュー

フラテルニテ

攻略チャート

Summary

本作のあらすじ
白坂家は、強姦されて以来ずっと引きこもっていた長女(美桜)の希望により、新しい町へと引っ越してきた。美桜は、級友(友佳)の勧めにより、学外の『友愛クラブ』と呼ばれる怪しい集会に出入りする。姉の行動を不審に思った大智は、彼女の後を追ってクラブに潜入し、そこで信じがたい光景を目にしてしまう。

レビューの要旨
決して面白い話ではなく、実用に完全に特化しているとも言いがたい。エロは極端なニッチ志向であり、これで実用できる者は限られている。しかし、その一部の人々にとっては希少価値の高い作品となり得る。エロシーンには感覚に訴えるリアリティがあり、ビジュアル、テキストの両面でクオリティが高い。システムは、業界最高レベルで使い勝手が良い。

エロシーンの属性
監禁、虐待、ドラッグ、スナッフなど背徳的なエロシーンばかり。特定のプレイに特化しているわけではなく、ハードなBDSM全般を網羅している(記事下部のタグ参照)。食糞を含むスカトロや人体の損傷をともなうプレイも、少なくはない。

レビューの目次

  1. ある意味では中途半端、だが駄作ではない
  2. 闇と麻薬と彼女の屍体
  3. エロゲ界最高のユーザビリティ
  4. 感覚に訴えるリアリティ

»『フラテルニテ レビュー』の続きを読む

抜きゲーのレビューと攻略