ジャンル: 寝取られ

ヤリチン家庭教師ネトリ報告 ~ドスケベ巨乳母娘丼~ 感想

攻略はこちら

概要と評価 155/200(良)

作品のあらすじ

ヤリチンの栗栖希務は、初藤家の娘である静玖の家庭教師をしている。初藤の母娘はどちらも希務好みだが、旦那の達暢には就職で世話になりたいので、その妻子に手を出すのは控えていた。しかしある日、希務は、達暢自身から彼がEDを患っていることを打ち明けられ、「(自分のかわりに)妻を抱いてほしい」という依頼を受ける。

感想の要旨

寝取り、寝取られ、寝取らせの3要素をミックスした作品。だいぶニッチに寄った内容ではあるものの、作品自体の質は高い。

エロシーンの属性

母娘丼が多め。妊娠ぼて腹セックスあり。拘束プレイ、アナル調教、ディープスロート、イラマチオあり。寝取り寝取られの定番的なシーンも一通りある。

続きを読む ヤリチン家庭教師ネトリ報告 ~ドスケベ巨乳母娘丼~ 感想

催眠家族 ~ヤドカリ~ 感想

攻略はこちら

概要と評価 145/200(良)

作品のあらすじ

長い付き合いの末結婚した六郷達陽と清香は、幸せな新婚生活を営んでいた。しかしその幸せは、稲城是政という催眠術師と出会ったことで失われてしまう。是政は、酔っ払った達陽を介抱したことをきっかけに、図々しくも六郷家に居座った。是政は自慢の催眠術を駆使して清香を籠絡し、自分に歯向かう生意気な達陽を絶望させてやろうとする。

感想の要旨

グラフィックは貧弱だが、催眠・寝取られものとしてのシナリオが秀逸。

エロシーンの属性

催眠・寝取られに特化。貞操帯プレイ、妊娠ぼて腹セックスあり。夫とのセックスあり。

続きを読む 催眠家族 ~ヤドカリ~ 感想

ママ隷奴 vol.1 咲枝ママ編 ~恋をしたのは親友のママでした~ 感想

感想と評価 95/200(不可)

霧山家の後妻である咲枝には、オタク趣味があった。冷めた夫婦関係に不満のある咲枝は、義理息子の親友である香坂真祐をモデルにしたエロ小説を書いて、性欲のはけ口にしていた。そんなある日、咲枝のもとへ、エロ小説の内容をネタにした脅迫メールが届く。咲枝はメールの主に言われるがまま、現実で真祐とエッチしなければならなくなる。

『ママ隷奴 vol.1 咲枝ママ編』は、人妻(咲枝)が脅迫されて自分好みの相思相愛の美少年(真祐)とエッチする日々をおくることが、大部分を占める作品だ。ただし、陵辱要素も含まれているから注意しよう。

続きを読む ママ隷奴 vol.1 咲枝ママ編 ~恋をしたのは親友のママでした~ 感想

ネトラレたママは好きですか? ~教育ママと家庭教師~ 感想

攻略はこちら

評価 80/100(優)

松波香織は、元教師の専業主婦。義母や義姉との軋轢があり、息子の賢一を何としても進学校に合格させたいと願っている。そのため香織は家庭教師の大崎信也を雇ったが、信也は香織の元教え子だった。信也は学生時代から香織を好いており、今も変わらない気持ちを伝えてくるが……。

『ネトラレたママは好きですか?』は、家庭教師がクールな教育ママを寝取る作品だ。香織は家族を何よりも大事にしており、夫との関係も良好。しかし、夫の実家との軋轢があり、義姉を見返すために賢一の受験合格に向けて必死だ。家庭教師の信也は、香織のその気持ちにつけ込んで、彼女の身も心も寝取ってやろうと画策する。

続きを読む ネトラレたママは好きですか? ~教育ママと家庭教師~ 感想

ネトラレンアイ ~愛する彼女が結んだ淫らな契約~ 感想

ネトラレンアイ ~愛する彼女が結んだ淫らな契約~

攻略はこちら

概要と評価 160/200(優)

作品のあらすじ

橘誠一郎と那須川雪姫は清い交際を続けていたが、デート中に突然の豪雨に見舞われ、雨宿り先として思わずラブホテルに入ってしまった。そこで二人は、初めてのキスを交す。しかし運悪く、ホテルの経営者の息子にして同級生の金園清志がその現場を盗撮していた。雪姫は、金園からその動画をネタに脅迫され、彼のセフレになるという約束をしてしまう。

感想の要旨

わるきゅ~れと蛹虎次郎さんの作風が好きな方にとっては、非常に良い作品。その一方で、寝取られものにシリアスな背徳感を求めている方には向いていない。

エロシーンの属性

寝取られの定番シチュは大体用意されており、恋人とのセックスもある。口淫各種、アナルプレイ、露出プレイがわりと充実。ややマニアックなプレイも多数あり。妊娠中のセックスは一応あるが、ぼて腹ではない。

目次

  1. 喜劇としての寝取られ
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む ネトラレンアイ ~愛する彼女が結んだ淫らな契約~ 感想

恋人じゃ…ない。瀬戸花恋編 感想

恋人じゃ…ない。瀬戸花恋編

批評・感想

木下は、瀬戸花恋に告白し振られてしまったが、彼女への想いは未だに冷めていなかった。そんな折、ヤリチンの野藻田が花恋と同じバイト先に入り、彼女へのアプローチを開始する。

『恋人じゃ…ない。瀬戸花恋編』は、同シリーズの『篠原楓編』の続編として、3年ぶりに発売された作品だ。前作と同じく全編フルカラーで、ページ数は103、配布形式はJPGとPDF、解像度は1000×1420と2000×2840の2種類が用意されている。

続きを読む 恋人じゃ…ない。瀬戸花恋編 感想

恋人じゃ…ない。篠原楓編 感想

恋人じゃ…ない。篠原楓編

批評・感想

『恋人じゃ…ない。篠原楓編』は、偶然出会った後輩の可愛い女の子が、自分の知らないところでヤリチンの虜になる作品だ。全編フルカラーでページ数は103、配布形式はJPG/PDF/HTML、解像度は1000×1420と2000×2840の2種類が用意されている。

続きを読む 恋人じゃ…ない。篠原楓編 感想

夏のオトシゴ 感想

夏のオトシゴ

批評・感想

三ヶ月前、山岡太郎は、同じクラスの地味な女の子、一ノ瀬香奈に告白した。両思いだった二人は付き合うことになり、それから約一ヶ月後にお互い初めてのセックスをした。

『夏のオトシゴ』は、付き合って三ヶ月の初々しい彼女が、不良に脅迫されて犯される作品だ。配布はJPG形式で32ページ、解像度は1150×1609、表紙以外はモノクロとなっている。見開きはないので、モバイル端末でも快適に読むことができる。

続きを読む 夏のオトシゴ 感想

合宿免許の実態 ~彼女を変えた14日間~ 感想

合宿免許の実態 ~彼女を変えた14日間~

批評・感想

優とあずさは両思いの幼馴染。優はあずさと同じ大学へ進学したかったが、受験に失敗してひとり地方大学に通うことに。優と出来るだけ距離を作りたくないあずさは、いつでも彼のもとへ行けるように、二週間の運転免許合宿に参加する。

『合宿免許の実態』は、清純な女子大生が合宿先で悪い男にレイプされてしまい、二週間ずっと犯され続ける、寝取られ作品だ。本編は全196ページで吹き出し台詞つき、基本CGは19枚、解像度は1920×1080、PDFとJPG形式で、”文字あり”と”イラストのみ”がそれぞれ収録されている。

続きを読む 合宿免許の実態 ~彼女を変えた14日間~ 感想

僕のエルフお姉さん 感想

僕のエルフお姉さん

攻略はこちら

概要と評価 175/200(優)

作品のあらすじ

ソフィアは、エルフと人間の文化交流を深めるため、エルフ学の代表的な研究者である霧原龍太郎の家に居候していた。龍太郎の息子の拓真は、幼い頃からソフィアに憧れていた。今や大学受験生となった拓真はソフィアに告白し、彼女と恋仲になる。しかし、龍太郎のゼミに所属する守野史弥が二人のセックスを盗撮しており、ソフィアはその盗撮映像をネタに肉体関係を迫られてしまう。

感想の要旨

オーソドックスな寝取られものであり、調教物としてみても完成度が高い。肉付きの良い黒エルフのからだが堪らなくエロい。ただし、エロシーンは、従来のブラックリリスの”いろんな変態プレイの詰め合わせ”とは趣向が違う。

エロシーンの属性

陵辱的ではあるが、ブラックリリスにしてはソフトなエロシーン。イラマチオ、アナルセックス、鼻フック、妊娠ぼて腹セックスあり。男子学生たちの前での公開プレイあり。

目次

  1. 心身ともに調教されていく黒エルフ
  2. エロシーンについて
  3. コメント

続きを読む 僕のエルフお姉さん 感想