氷姫アリーゼ 感想

攻略はこちら

ストーリー概要

ルメール王国の第8王女 アリーゼは、膨大な魔力を有しており、その氷のような冷徹さと傲慢な性格から「氷姫」と呼ばれ、人々から恐れ敬われていた。

しかしある日、アリーゼは魔女に呪いをかけられ、すべての魔力を失ってしまった。魔力のない彼女は、もはや人々の畏怖の対象ではなく、逆に疎まれるだけの存在となった。

そんなアリーゼを持て余した国王は、彼女を外交の道具として利用することにした。アリーゼは、オルティス王国の第2皇子 カレルと政略結婚をする破目になった。

しかし、アリーゼには自分が嫁いだという自覚がなく、夫のカレルに対しても高飛車な態度をとる始末だった。カレルは、そんなアリーゼの態度に立腹し、彼女を従順な女にしてやろうと調教をはじめるが……。

総評 40/100(不可)

高飛車なお姫様陵辱調教もの。シナリオにはまともに読む価値を見出せないが、グラフィックだけはそこそこの出来。声無しなので、CG集を買うような気持ちでお金を出せる方に。

続きを読む 氷姫アリーゼ 感想

少女玩具に忘却の褥を ~健忘陵辱~ 感想

少女玩具に忘却の褥を ~健忘陵辱~

攻略はこちら

ストーリー概要

主人公は権力者の息子であり、親の権力を傘にきて淫行を重ねるダメ人間。彼は女性を強姦した結果のほとぼりが冷めるまで、人里離れた施設で過ごすことになる。

その施設にいたのは、女医の葵と、記憶障害のある主人公の妹 ひかり。ひかりは父親に強姦されたショックで心を病んでしまい、短期記憶と長期記憶の両方に障害が残ってしまっていた。

記憶障害のあるひかりとって、白昼夢と現実の境界は曖昧としている。主人公はひかりのその弱みにつけ込んで、彼女にエッチな行為を要求していく。女医の葵はそれを止めようとするけれども、権力者の息子に強攻策を講ずることは出来ず――やむを得ず、ひかりの代わりに自分の肉体を差し出そうとするが……。

総評 65/100(可)

近親相姦系の準和姦もの。グラフィックの出来は高い水準に達していて、CG枚数も値段以上のものがある。しかし、シナリオの出来は中途半端。良作~名作級とするには、いま一歩が届かない作品だ。

続きを読む 少女玩具に忘却の褥を ~健忘陵辱~ 感想

絶対凌域! ~時を止めるレイプ魔~ 感想

絶対凌域! ~時を止めるレイプ魔~

攻略はこちら

総評 55/100(可)

特殊な能力を使って、20人もの女性たちをひたすらレイプする作品。シナリオにはもちろん期待しないほうがいい。あとはキャラクター設定を読んで、気に入るキャラが大勢いれば買うといい。そうでなければ、オススメできる要素など何もない。

続きを読む 絶対凌域! ~時を止めるレイプ魔~ 感想

Tentacle Master ~狂欲の支配者セブン~ 感想

Tentacle Master~狂欲の支配者セブン~

攻略はこちら

総評 65/100(可)

触手+監禁調教もの。世界観は良好、エロはそこそこ。ゲームシステムは、自分で調教メニューを選択していくタイプの作業だ。

良くも悪くも無難な内容なので、過激な触手調教のおかずが欲しい方はどうぞ。もちろん、作業ゲームでもいいという前提で。

続きを読む Tentacle Master ~狂欲の支配者セブン~ 感想

あね×おさ 感想

あね×おさ

攻略はこちら

総評 55/100(可)

姉(親戚)幼馴染(ヤンデレ)の和姦もの。

シナリオ以外はなかなか良いと思うが、シナリオだけは0点。

しかもこのシナリオは、DLdouでこれまでレビューしてきた作品のなかで、間違いなく最低最悪な内容だった。登場人物の心理の不自然さ、伏線の拙さ、エロテキストの使えなさ、オチのなさ、等等――すべてにおいて、これはダメだと思える、類まれなシナリオだ。

続きを読む あね×おさ 感想